航空機操縦士|資格を調べる

大学専門学校の情報検索なら[さんぽう進学ネット]

キーワード検索

航空機操縦士 国家資格

自動車・航空・設備

大空を駆け巡る

使用事業、観光飛行サービス業、航空測量、官庁などのパイロットとして活躍

こんな資格

  • 操縦士の資格には自家用、事業用、定期運送用がある。
  • 航空機の操縦を職業とするには、少なくとも事業用操縦士の資格が必要。
  • 航空会社の国内線・国際線のパイロットになるには、操縦士の中で最上位の定期運送用操縦士の資格が必要。

受験資格

  • 自家用操縦士
    17歳以上で総飛行時間40時間以上の者。
  • 事業用操縦士
    18歳以上で総飛行時間200時間以上の者。飛行経歴を積むには、2つの方法がある。
    ①大学を卒業後、航空会社のパイロット養成採用試験に合格し、社内で訓練を受ける。
    ②航空大学校や操縦士養成課程のある大学、専門学校に入学し訓練を受ける。

※航空系学校においては、資格取得に必要な飛行経歴の修得に有利である。また指定学校の場合、必要な飛行時間が短縮される。

主な資格の取り方

国家試験は、学科試験と実地試験とからなり、学科試験に合格しなければ実地試験を受けることはできない。

お問い合わせ先

東京航空局

  • TEL : 03(5275)9292 (内線7516)

大阪航空局

  • TEL : 06(6949)6211 (内線5217)
  • =国家資格
  • =公的資格
  • =民間資格

ページトップへ