中央学院大学 学部・学科・コース

大学の情報検索なら[さんぽう進学ネット]

中央学院大学

チュウオウガクインダイガク

大学千葉県

  • パンフレットをもらおう

学部・学科・コース

商学部 商学科

商学とは、生産から消費まで幅広い領域を対象に、ビジネスの基本的な要素である「ヒト・モノ・カネ・情報」の動きを分析して、社会や組織の発展に役立てていく学問。

一人ひとりの能力や適性に応じた少人数制授業を実施。1年次に「商学部入門講座」で商学の基礎をしっかりと理解した上で、2年次から7つのコースに分かれて学んでいきます。コースは将来の進路に応じて必要な科目を体系的に学べるように設計されおり、自分の興味や目的に応じてコースを選ぶことができます。また、経営学検定試験、ファイナンシャル・プランナー、ITパスポートなどの資格取得も視野に入れた実践的な科目も用意されています。さらに、商学部で開設されている科目以外にも、法学部の開設科目を学ぶことができます。

商学総合コース
※2年次より選択可能

商学のすべてを広い視野で学び新しい価値を生み出すビジネスマンを育てる

経営・ビジネス・会計などを中心に、トータルに商学の基本を学ぶコースです。商学の分野を全体的に見渡す知識と技術を身につけることで、さまざまな分野のビジネスの現場に適応できる、広い視野と豊富な知識を身につけることのできるコースです。商品開発のプロセスやマーケティング戦略の実際など、経済の具体的な事例を検証しながら、ダイナミックなビジネスの世界をじっくり学んでいきます。

経営コース
※2年次より選択可能

企業や組織の活動や仕組みを実践的に学び次代を担う経営者やチームリーダーを育てる

経営側の視点から企業や社会について学ぶコースです。コーポレートガバナンスやM&Aなど、ニュースでみかけるような言葉について、具体的な事例に基づき学んでいきます。また、大小に関わらず、企業を経営していくうえで必要な数値の管理や組織の運営、経営戦略の立て方など、実践的な知識やノウハウを身につけられるのが、このコースのポイントです。商学の基礎についても勉強しますが、より実社会に出てから役立つ内容が豊富と言えます。

国際ビジネスコース
※2年次より選択可能

世界で戦えるグローバルな視野とスキルを持つ「ビジネスリーダー」を育てる

資源が少なく、海外との取引が欠かせない日本にとって、国際ビジネスは重要な要素です。本コースでは、世界をフィールドとしたビジネスに必要な知識を中心に学んでいき、国境を越えたマーケティングや貿易の仕組み、日本と諸外国の関係をはじめとする、海外事情などの基礎知識を身につけていきます。語学が必要になってくる分野ですが、もちろん最初から上手くなくても大丈夫です。留学生が多いコースなので、国際的な交流が身近にある環境です。

会計コース
※2年次より選択可能

数字を感覚で捉えることができる「会計のプロフェッショナル」を育てる

企業活動に欠かせない、専門的な数字の見方が身につくコースです。企業の状況を数字化することで表面から見えてこなかった問題を浮き彫りにし、解決する手段を考える知識と技術を学んでいきます。授業は基礎的な内容から用意されているので、税理士や公認会計士を目指して勉強中の人はもちろん、簿記に触れたことのない人でも安心です。また、さまざまな授業を受ける中で、各種簿記試験の内容を学ぶことができるのも本コースの特徴です。

経済コース
※2年次より選択可能

多様化する経済の動きを見極め社会の中枢を担う即戦力の人材を育てる

経済社会を見渡して、世の中の人やお金、物の流れを体系的に学ぶコースです。「需要と供給のバランスが一致するとは」などといった経済の基礎や「経済学がどのように成立し、経済現象をどのように分析してきたのか」といった経済の歴史など、さまざまな角度で経済について考えていきます。社会の中で実践的に役立つ知識を中心に学ぶので、エコノミストなどの経済の専門家をはじめ、さまざまな分野で活躍できるスキルを積むことができます。

情報コース
※2年次より選択可能

「商学」の知識を備えた即戦力の「情報分野のスペシャリスト」を育てる

企業の経営資源としてよく「ヒト・モノ・カネ」が挙げられます。近年は、電子商取引やコンピュータによる流通管理などの活性化により、「情報」が3つの資源と同様に欠かせないものとして扱われるようになりました。このコースでは、ITの知識や入門的なプログラミング、データベースの構築などを習得してきます。情報化社会の幅広い可能性を学んでいく一方、情報化する社会が、内包するさまざまな危険性についても学んでいきます。

スポーツキャリアコース
※2年次より選択可能

「スポーツ」と「商学」の知識を武器に社会に貢献できる人材を育てる

オリンピックやプロスポーツを見て楽しむ、あるいは身体を動かすことによって健康を増進するなど、スポーツは私たちの生活に欠かせない存在です。本コースでは、商学の知識を通してスポーツをビジネスサイドから捉え、イベント企画などのマーケティングやマネジメントのスキルを学びます。また、スポーツを科学的に捉える目を養うと同時に、スポーツの普及や指導に必要な知識を身につけることもできるので、指導者として活躍するために役立ちます。

法学部 法学科

法学とは、法律の仕組みやはたらきを学ぶことで、物事を合理的に順序立てて考える「法的思考(リーガルマインド)」を養う学問。

卒業後の進路を見据えて5コースを設けています。他コースの科目も選択できる自由度の高いカリキュラムを編成していますが、一方で、将来の目標に最短距離で近づきたいという学生のために、資格取得も視野に入れた「公務員モデル」などの履修モデルを用意しています。ゼミナールを軸に様々な科目を学び、レポートや論文の書き方の指導からスタートし、最終的には専門的な法学研究を行うレベルを目指します。資格試験や就職試験のバックアップにも力を注いでいます。専門科目には国際関連科目を開設し、国際感覚を身に付ける法学教育を実施しています。

司法コース

法律を全般的に学び、生きるために必要な普遍的な力を育てる

憲法、民法、刑法などの六法を中心に、社会生活を送る上でのルールである法律についての知識を身につけます。難しいイメージのある法律ですが、具体的な事例を挙げながら学習することで、法律が私たちを守ってくれる存在ということを知り、身近に感じられるようになります。社会のあらゆる出来事を法律的な思考で理解し、的確に判断できる法的思考力(リーガル・マインド)を鍛えるので、弁護士や司法書士など法律の専門職や公務員の道に進むことも可能です。

行政コース

より良い地域にするための知識を「理論」と「実践」の両面から学ぶ

法学の中でも都道府県や市区町村など、比較的身近な地域の決まり事などを中心に勉強するコースです。地方分権の大きな流れがある今、広く社会に注目されている分野です。法学の基礎を身につけたうえで、行政・政治関連科目や環境問題関連科目などについても幅広く学べるので、行政の現場で役立つ生きた知識が得られます。自治体や警察官などの公務員になる人のほか、民間企業に就職する人もいます。

ビジネスキャリアコース

「法」と「商」の知識を備えた「バランス感覚のあるビジネスパーソン」を育てる

企業間で行われる取引や契約に関する「企業法務」を主に学びます。企業法務の世界において欠かせない、変化する社会を見渡す力と、最新の法規制を常に把握する方法を習得します。消費者契約法、特定商取引法、製造物責任法、金融商品取引法、独占禁止法など、業種によって関わるさまざまな法律についても学んでいくため、法学部の中ではもっとも商学の要素が強いコースです。法学と商学、広い視野でアプローチできるスキルを習得することで、幅広い分野に対応できる企業法務の専門家として、社会の中でも多様なニーズが期待できるコースです。

フィールドスタディーズコース

現代社会が抱えている諸問題を「フィールド(現場)」の視点に立ちながら解決方法を探る

戦争や環境問題など、世界が抱えているさまざまな社会問題の存在を知り、法学の視点を中心に政治学や社会学などを加味したアプローチを行います。その中で、公正な視点を持って社会問題を考察することや、問題を解決することに欠かせない要素である、人々と論理的に対話するコミュニケーション能力について学びます。環境問題も大きなテーマの一つです。このコースでさまざまな環境への取り組みについて知ることは、いま自分の目で見ている世界だけで物事を判断せずに、大きな視野を持ち、地球を一つのものとして考えるキッカケになります。教育関係の仕事に進みたい場合、教職課程を履修することもできます。

スポーツシステムコース

「法」の観点から「スポーツ」を学び、地域の安全や健康づくり、活性化に貢献できる人材を育てる

スポーツが社会の中で果たしている役割をはじめ、イベントの管理や指導論、そこに付随する法的責任など、スポーツの周辺の実践的なマネジメントについて、法分野の視点を中心に幅広く学んでいきます。もちろん競技者としてスポーツをやっていなくても、スポーツに興味があり、将来スポーツに関わりたい人にはピッタリのコースです。地域のスポーツイベントの運営に参加することもあり、スポーツを通して、地域のみなさんとつながることができるのも特徴の一つです。

現代教養学部 現代教養学科

現代教養学とは、現代を生き抜くための幅広い基礎知識と「生きる力」を身につける学問です。

現代教養学部は社会全体をキャンパスとして位置づけ、多様な知識と多彩な体験を通じて「教養力」と「実行力」を習得。将来のあらゆる進路に活かすことができます。
本学現代教養学部では、現代社会で生き抜くための「市民力」を養成しながら世の中で必要とされる「ジェネラリスト」を育てます。

教養としての「地球環境問題」「世界経済」「ヨーロッパの社会と芸術」「地域社会と公共政策」「地球環境問題と水資源」「異文化と思想」「メディアと社会」「法と社会」などのテーマを学び理解を深めます。現代教養学部はゼミナール・体験実習型授業が充実。大学内だけじゃなく、社会全体がキャンパスです。

現代教養学部の学生にはタブレットが配付されるので、いつでもどこでも学ぶ事ができます。気になったらすぐ調べる、意見を聞いたらすぐ記録するなど、情報収集や分析方法を調べたり、ディスカッションやフィールドワーク中でも積極的に使用して、まとめる力や、伝える力を養うために活用します。

中央学院大学をもっと知るなら!

中央学院大学のパンフをもらおう

さんぽう専門学校をもっと詳しく知るなら!パンフレットをもらう

中央学院大学をもっと知るなら!
  • パンフレットをもらおう

ページトップへ