埼玉工業大学 在校生・先輩メッセージ

大学の情報検索なら[さんぽう進学ネット]

埼玉工業大学

サイタマコウギョウダイガク

大学埼玉県

  • パンフレットをもらおう

在校生・先輩メッセージ

情報社会学科4年
石川 大純
[埼玉県・正智深谷高等学校出身出身]

情報社会学科4年 石川 大純[埼玉県・正智深谷高等学校出身出身]

スポーツを通して経営が身近な存在に
実務経験豊富な先生方のサポートが心強い

中学・高校時代と熱中してきたバスケを続けながら、経営を学びたくて埼工大に入学しました。今まではプレーヤーとして楽しんでいたバスケでしたが、経営を学んでいくうちにチームの経営やマネジメントにも注目するようになりました。スポーツを通して、経営がとても身近な存在であることに気づきました。経営システム専攻は、経営やマネジメントの現場での実務経験が豊富な先生方が多く、勉強以外でも履修の仕方や就職活動についてなど丁寧にアドバイスしてもらえるので心強いです。将来は、大学で得た知識を活かして起業するか、企業に就職して実務経験を積み、マネジメントに関わる仕事をしたいです。

情報社会学科4年
石川 夏子
[群馬県・桐生第一高等学校出身]

情報社会学科4年 石川 夏子[群馬県・桐生第一高等学校出身]

知識と技術を学べる実践的なカリキュラムで
出版・広告業界を目指す

おしゃれに興味を持った高校時代。雑誌やインターネットなどで流行をチェックするうちに、華やかな出版・広告業界に惹かれるようになりました。今は、雑誌編集の仕事に就くのが夢。メディア文化専攻は、社会や文化など幅広い知識を学びながら表現技術を身に付けることもできる、とても実践的なカリキュラムが豊富です。メディアの仕事をするうえで、コミュニケーション能力と感性はとても重要だと思っています。様々なテーマについて学生同士で意見を交わすグループディスカッションでは、異なった考え方や意見を持った人たちと議論するので会話力も上がり、視野も広がります。これからも埼工大で様々な考え方や知識を学び、感性を磨き、将来は多くの方々の興味・関心をひく雑誌制作に携われるよう挑戦していきます。

心理学科3年
田巻 綾乃
[新潟県・長岡農業高等学校出身]

心理学科3年 田巻 綾乃[新潟県・長岡農業高等学校出身]

心理学は文系と理系の境界を超えた科学
心理の本質を学び社会に貢献したい

高校の先生の勧めで埼工大の心理学科を知りました。オープンキャンパスで感じた学科の雰囲気の良さと、施設が充実していたので進学を決めました。授業は1年次に基礎教養科目、2年次に専門科目を学んでいきます。私は理解を深めるために一般教養科目と専門科目が関連付くよう授業を選択しました。心理学を学んでみて意外だったのは、実験をしてデータを収集したり、比較したりと理系的な要素もあることでした。心理学は科学に基づく学問で、文系・理系という枠組みを超えた領域の研究分野なのだと感じました。心理学とは、将来社会人としてどんな職業に就いたとしても必ず活かすことができるとても応用範囲の広い学問だと思っています。埼工大には、心理学を学ぶ上でとても恵まれた環境があり、より深く学ぶことで心理学の奥深さを知り、その面白さに魅力を感じています。

心理学科2年
中村 真依
[埼玉県・本庄第一高等学校出身]

心理学科2年 中村 真依[埼玉県・本庄第一高等学校出身]

将来の夢はカウンセラー
専門分野をとことん学びたい

中学時代に読んだ心理学の本がきっかけで、もっと深く学んでみたいという思いから心理学科を選択しました。授業の特徴はグループディスカッションが多いことです。多くの人とコミュニケーションできるので、新鮮な刺激をたくさんもらえますし、新しい考え方を知ることがとても楽しいです。2年次からは犯罪心理学・教育心理学・発達心理学など、より専門的な分野を学べるようになったことで心理学の奥深さを知り、ますます楽しく感じています。子どもたちと触れ合うことが好きな私の夢は、小中学生を対象としたカウンセラーになることです。そのために、専門分野をしっかり学び、カウンセラーに必要な理解力、聴く力を身に付け、目標を目指します。

機械工学科3年
小口 模那
[新潟県・十日町高等学校出身]

機械工学科3年 小口 模那[新潟県・十日町高等学校出身]

充実した設備で技術を高め
乗り物をつくるのが将来の夢

小さい頃から飛行機や自動車といった乗り物が大好きで、エンジニアになるため機械工学科に入学しました。夢は、乗り物を作ること。好きな飛行機や自動車の製造に一から携わってみたいです。年次が進むにつれて力学など専門分野の授業が多くなり、2年次には溶接や硬さを測定する実験もはじまります。埼工大のよいところは、実習工場など設備が充実しているので技術を高められることです。3年次になると、配属先の研究室を決めるのですが、魅力的な研究室ばかりで、材料・機械設計・伝熱・制御など複数の研究室を掛け持ちしたくなるほど迷います。今は、海外ボランティアも挑戦したい目標のひとつ。埼工大で学んだものづくりの技術や知識を途上国でも活かしたいです。

機械工学科3年
棚林 良
[茨城県・土浦湖北高等学校出身]

機械工学科3年 棚林 良[茨城県・土浦湖北高等学校出身]

デザイン性も機能性も兼ね備えた
人に役立つロボットを作りたい

将来は、人の役に立つロボットを作るのが目標です。そのために、1年次で物理や数学など基礎科目をしっかり学びました。2年次になるとプログラムを組んで二足歩行のロボットを動かすという実践的な授業もあります。埼工大にはこうした実習が多く、座学の講義だけでは学べない実際のものづくりを体験できるのが特徴です。一見単純そうに見えるロボットも、中を開けてみるとネジ一本で変わってしまうほど複雑で繊細なつくりをしていることに驚きました。勉強以外では、『秋桜祭(学園祭)』の実行委員会編集局やマンガ研究会に所属し、充実した大学生活を送っています。イラストを描く上でデザインはとても大切ですが、ロボットも同じで、機能だけでなくフォルムの美しさにこだわったロボットを作れるエンジニアになりたいです。

生命環境化学科4年
齋藤 大志
[埼玉県・坂戸西高等学校出身]

生命環境化学科4年 齋藤 大志[埼玉県・坂戸西高等学校出身]

遺伝子に興味を持って進んだバイオ科学分野
味覚の研究で食品開発の仕事を目指す

中学・高校時代から生物が好きで、生き物を形作る遺伝子に興味があり、バイオ・環境科学専攻を選択しました。1年次は基礎科目、2年次からは専門科目や実験・実習も増えてきます。私は、4年次から始まる卒業研究に集中するため、2年生までにできるだけ多くの単位を取得しました。大学は、自分の意思で授業を選べるので、自分なりの勉強方法を考えるのも楽しみのひとつです。今は、味覚の分野の研究室に所属し、研究を続けながらやりたいことを絞っていこうと思っています。将来は、食品開発に携わる仕事に就きたいです。埼工大は、先生も先輩も面倒見がよくフランクで、雰囲気の良い大学です。人と関わるのが好きな私は、フットサル部に入ったり、接客業のアルバイトをしたりと大学生活でさらに人間関係が広がっています。

生命環境化学科3年
三橋 真由
[群馬県・高崎商科大学付属高等学校出身]

生命環境化学科3年 三橋 真由[群馬県・高崎商科大学付属高等学校出身]

自分の興味ある分野をより深く学べる授業
将来は化学のおもしろさを子どもたちに伝えたい

高校時代から化学が好きで、将来は化学の先生になりたいと思い、実験・実習が多く幅広い分野が学べる応用化学専攻に進学しました。大学は、自分の興味のある分野を詳しく学べるのが魅力です。未知のものを知ることができ、さらに深く学べる授業のおかげで、化学の知識がどんどん増えていきます。今は、食品と化学の関係に興味があり、食品添加物の人体への影響を学んでいます。教職課程では、模擬授業や憲法、生徒の心をどう理解するかなどを学ぶので、化学の授業とは違った難しさを感じていますが、1年次から教職のためのセミナーを開いてくれる大学のサポートがあるので心強いです。最近は、化学に苦手意識を持つ子どもが多いようですが、将来は生徒に化学のおもしろさを伝えられる先生になりたいです。

情報システム学科3年
須藤 凌
[埼玉県・深谷商業高等学校出身]

情報システム学科3年 須藤 凌[埼玉県・深谷商業高等学校出身]

豊富なカリキュラムから興味のある分野を選択
将来はプログラミングのエキスパートに

高校が情報処理科だったので、大学入学前からエクセル、ワード、情報処理検定などの資格を取得していました。その知識を更に深めたくてIT専攻に入学しました。大学ではC言語を学びたいと思っていましたが、入学してみると想像以上にカリキュラムが豊富なことに驚きました。コンピュータ関連だけでも基礎から応用まで幅広い科目の中から興味のあるものを選択できます。講義はPCの細かい操作など実験・実習も多く、実践的なスキルが身に付きます。先生方は手取り足取りというより、学生の発想力を高めるように導いてくれるので、自然に考える力が身に付いてきます。在学中にITパスポート、基本・応用情報技術者の資格取得を目指しています。将来は、パソコンや電子機器の分野でプログラミングに関わる仕事をしていきたいです。

情報システム学科4年
松本 拓也
[埼玉県・松山高等学校出身]

情報システム学科4年 松本 拓也[埼玉県・松山高等学校出身]

レポートや小テストなどの演習で
実践的なノウハウを学べる

埼工大を選んだのは、高校時代に参加したオープンキャンパスで感じた大学の雰囲気の良さと、情報システム学科で体験した模擬授業がきっかけでした。この大学なら情報システムの分野を幅広く学べると思い入学しました。1年次に微分積分など電子情報の基礎を、2年次からは電気・電子回路など専門分野を学んでいきます。専攻の特徴は、座学の講義を聞くだけではなく、レポートや小テストなど実習が多いことです。自分で文章を組み立てなければならず、難しく感じることもありますが、知識をアウトプットする力が身に付きます。現在は、アナログ回路・ディジタル回路・半導体を中心に学んでいます。専攻の先生方は丁寧に質問に答えてくれるので勉強にも不安がありません。勉強以外では、県人会の代表を務めていました。学部を超えた横のつながりができるのもサークルに入る魅力のひとつです。将来は太陽電池などを扱うメーカーへの就職を希望しています。

埼玉工業大学をもっと知るなら!

埼玉工業大学のパンフをもらおう

さんぽう専門学校をもっと詳しく知るなら!パンフレットをもらう

学部・学科・コース

埼玉工業大学の学部学科コース

情報社会学科(経営システム専攻)
コミュニケーション能力を活かして課題を発見し、解決に結び付けられるビジネスパーソ…

埼玉工業大学の学部学科コース

情報社会学科(メディア文化専攻)
音楽、CG、人文学など高度な「創造的表現能力」を有する人材を育成します 最…

自慢の先生・研究・学生作品

埼玉工業大学の自慢の先生

中川善裕(なかがわ よしひろ)北海道生まれ
ロック少年だった中川教授は,ラジオで聞いた「現代音楽」に惹かれ,高校卒業後に音楽…

埼玉工業大学の自慢の先生

河原 哲雄(かわはら てつお)東京都生まれ 修士(教育学)
大学時代、興味のあった臨床心理学が自分に向かないと気が付いたという河原教授。それ…

オープンキャンパス

埼玉工業大学のオープンキャンパス

オープンキャンパス2017
大学紹介や入試相談会、模擬授業をはじめ、キャンパスツアーやランチ無料体験など、大…

埼玉工業大学のオープンキャンパス

サマースクール
大学の施設・機材を利用して、実際に実験や実習の模擬授業を1日かけて体験してもらい…

学校写真集

埼玉工業大学の学校写真集

先端科学研究所
世界的水準の研究を目指す中核的研究拠点として活躍
先端を行く高度な設備…

埼玉工業大学の学校写真集

臨床心理センター
大学・大学院での心理学分野における教育研究を推進 成果を地域社会に還元していま…

埼玉工業大学をもっと知るなら!
  • パンフレットをもらおう

ページトップへ