大阪大谷大学 学部・学科・コース

大学の情報検索なら[さんぽう進学ネット]

大阪大谷大学

オオサカオオタニダイガク

大学大阪府

  • パンフレットをもらおう

学部・学科・コース

薬学部

薬学部は、生命科学・医療科学的専門知識と技能および実践力を備え、高い倫理観を有する人間性豊かな薬剤師を養成し、国民の健康・福祉の向上に寄与する。

薬学科〈6年制〉
薬学科〈6年制〉

高い専門知識と確かな人間力を備える人材を育てる。

薬学の基礎を固め、応用を学んでから実務実習に取り組むという段階的に知識・技術を身につける学習システムを採用しています。また、1年次より少人数グループでの指導を実践し、一人ひとりのレベルに応じた効率的な学習を可能にしています。さらに、平成27年には「薬学教育支援・開発センター」を設置。低学年からの学習習慣の確立をめざし、薬学教育や国家試験対策を補完すべく基礎学力を養うことを目標にしています。

文学部

文学部は、文学・言語・歴史など多様な人間文化に関する基礎的知識を修得し、専門分野を探求することによって普遍的かつ創造的な思考力と表現力を身につけ、人間と社会に対する洞察力を備えた人材を育成する。

日本語日本文学科
日本語日本文学科

確かな日本語の知識に基づき、「言葉」を通して
現代社会の多様なニーズに応える力を身につける。

日本語日本文学科では、日本語そのものや文学作品を学ぶ「日本語日本文学」を基幹コースとして、すべての学生が「ことば」の力を鍛えられるように4年間にわたりきめ細かい指導を行っています。基幹コースに加え、さらに、「図書館・情報」「日本語教育」「国語教育」「書道教育」「企画・編集」の5つのコースを用意。各自の関心にあわせて希望のコースをいくつでも履修することが可能です。また、卒業研究に向けて2つのゼミを選び、それぞれの領域で専門性を高めた後にテーマを1つに絞ることもできます。このように幅広い知識を身につけると同時に高い専門性を獲得できるシステムをとることで、教育やあらゆるビジネスの現場で活躍できる人材を育成します。

歴史文化学科
歴史文化学科

学内外での幅広い学びを通して歴史文化を探求し、
文化の現在と未来を見通す力を養う。

歴史文化学科は、考古資料(遺跡・遺構・遺物)から原始・古代の歴史を学ぶ考古学領域、文献資料から過去を読み解く歴史学領域、美術作品の歴史や見方を学ぶ美術史学領域、という3つの領域で構成されます。本学の立地する南大阪地域は、古くから"河内飛鳥"とも呼ばれ、古墳・遺跡・神社仏閣など数多くの文化財に恵まれた地域です。このような立地を生かして、実物資料に即した実践的な教育を行います。また、学内に設置されている大阪大谷大学博物館には多くの美術・工芸・考古資料が所蔵されています。領域を超えた幅広く自由なカリキュラムで、歴史的な視野と教養を身につけ、現代の社会に貢献できる人材を育成します。

教育学部

人間の成長に対する深い洞察力と他者への共感的態度を基盤に持つ豊かな人間性を養い、変化していく社会の新たなニーズに応える高い専門性と優れた実践力を備えた人材を育成する。

幼児教育専攻
幼児教育専攻

保育現場の多様なニーズに応えるとともに、
子どもの健やかな成長を支援できる人材を育成する。

現代の保育は今までになかった様々な課題を抱えており、保育者には保育技術だけではなく複雑な課題に柔軟に対応する力が求められるようになってきました。また、就学前教育への関心の高まりは世界の潮流となっており、保育者に高い専門性を求める国が増えています。単に子どもを「見守る」だけではなく「教育」の観点を持った質の高い保育が求められているのです。幼児教育専攻ではこれらの実態に応えるため、保育士資格と幼稚園教諭免許のダブル取得を前提とし、「得意分野」と「高い専門性」の獲得をめざした教育を行います。

学校教育専攻
学校教育専攻

実践重視の教科指導を行える教育者として、
わかる喜びを与え、生きる力を育む人を養成する。

小学校・中学校・高等学校においては、「わかる授業」を実施できる教員が求められています。さらには多様化する児童・生徒、そして保護者のニーズへの対応など、子ども一人ひとりを真に理解する力も要求されています。学校教育専攻では、小学校・中学校・高等学校の教員としての基礎的・基本的な学びに加え、これらの教育課題に応じた専門性の獲得をめざします。

特別支援教育専攻
特別支援教育専攻

子どもたちと共感できる豊かな感性を備え、
専門性の高い支援教育の必要性に応える力を養う。

障害のある子どもを自立や社会参加へと導くため、一人ひとりが主人公となる取り組みを支援すること、誰もがお互いに人格や個性を尊重しあえる共生社会を築くこと、それが特別支援教育の理念です。この理念を実践するために求められるのは、障害を科学的に理解する医学的専門性、検査や行動観察を通して丁寧に実態把握する心理学的専門性、一人ひとりの教育的ニーズに応じた指導・支援を実践する教育学的専門性です。医学、心理学、教育学の3領域に専任スタッフを揃えた本専攻では、特別支援学校教諭免許の取得を基本とし、特別支援学校や小学校、幼稚園などで体験的に学びを深めることにより教育現場に即した得意分野を身につけ、特別支援教育をリードできる教員を養成します。

人間社会学部

人間社会学部は、「人と社会」の関係について科学的視点をもって探究し、人及び社会の課題に対して解決策を企画・実践する能力を身につけた、社会の発展に有為な人材を輩出する。
各学科の教育目的は次のとおりとする。人間社会学科は、心理学・社会福祉学・経営情報学・現代社会学の一つを軸にしつつ関連する学問領域の知識を学際的に身につけ、地域的な視点を備えた人材を養成する。スポーツ健康学科は、スポーツを通して、人が生涯にわたり健康で豊かな生活を送るための支援に必要な知識及び技能を修得し、加えて「人と社会」の関係を科学の視点から探究することにより多角的にスポーツにかかわる人材を育成する。

人間社会学科
人間社会学科

幅広い教養と知識で現代社会の多様な問題に応え、
望む分野で即戦力となれる人材を育成する。

企業間・国家間の競争。地域社会における人と人との絆(きずな)の弱体化・多様化。人間社会学科は、現代社会における様々な課題を、心理学、社会福祉学、経営情報学、現代社会学の視点を盛り込み、各コースにおいてより充実した形で探求します。また、平成29年4月開設の現代社会コースでは、地域に視点を当て、地域レベルで問題解決を導ける人材を育成します。

スポーツ健康学科
スポーツ健康学科

スポーツと健康に関わる幅広い知識と実践力で、
超高齢社会の健康づくりに応える人材を養成する。

スポーツを通じて人が生涯にわたり健康で豊かな生活を送るためのサポートに必要な知識および技能の修得をめざします。具体的には、「人と社会」の関係を科学の視点から探求することにより多角的にスポーツにかかわり、総合型地域スポーツ活動やアスリートの支援を意識したコーチや、健康の維持・増進を指導するインストラクター、保健体育教員など、食や栄養に関する知識も兼ね備えた人材を養成します。

大阪大谷大学をもっと知るなら!

大阪大谷大学のパンフをもらおう

さんぽう専門学校をもっと詳しく知るなら!パンフレットをもらう

オープンキャンパス

大阪大谷大学のオープンキャンパス

オープンキャンパス2017
本学のオープンキャンパスは、各学科(専攻)の詳しい内容や入試制度など、大阪大谷大…

大阪大谷大学のオープンキャンパス

プレ入試実施!
10月オープンキャンパスメイン企画 ・本学試験会場で、本番さながらの受験体験が…

大阪大谷大学をもっと知るなら!
  • パンフレットをもらおう

ページトップへ