山形県立産業技術短期大学校 学部・学科・コース

短期大学(短大)の情報検索なら[さんぽう進学ネット]

山形県立産業技術短期大学校

ヤマガタケンリツサンギョウギジュツタンキダイガッコウ

短期大学山形県

  • パンフレットをもらおう

学部・学科・コース

機械システム系

ものづくり産業を支える技術者を育成します

機械システム系2学科では、"ものづくり"の礎となる機械工学をベースに、「精密機械の設計・加工」と「機械システムの設計・開発」の分野において、それぞれ活躍できるエンジニアを目指します。
1年次では、機械・電子・制御など生産技術の基礎を共通に学びます。2年次には、コンピュータ支援技術(CAD/CAM/CAE)によりものづくりをする「デジタルエンジニアリング」と、機械工学・電子回路・制御技術を応用し、賢い機械システムを開発する「メカトロニクス」について、それぞれの専門を深めていくための一貫したカリキュラムが用意されています。
また、企業から求められる技能検定などの資格取得にも積極的に取り組むことにより、専門的な知識を持ち、さらに、より高度な技能を持った実践技術者を育成します。

デジタルエンジニアリング科
デジタルエンジニアリング科

私達の身の回りにある携帯電話やゲーム機は金型を使って大量生産されています。新製品のデザインはより複雑になり、モデルチェンジの期間はさらに短くなってきています。これらに対応するため、高い専門知識と三次元CADを活用した設計、優れた精密加工ができる技術者が必要となります。デジタルエンジニアリング科は機械工学の基礎を学んだ後、金型の設計から加工・組立・成形機による製品の試作を行い、三次元測定器を使用した評価までの一連のものづくり技術を教育します。
主なカリキュラムは三次元CADによる設計、機械加工に必要なNC工作機械のプログラムを作成する技術(CAD/CAM)です。また、少人数教育の金型加工実習を通して、各種工作機械の精密加工技術ならびに精密測定技術を習得します。全員の資格取得を目指します。

メカトロニクス科
メカトロニクス科

私達の身の回りにある製品は、製品企画、CADによる設計、コンピュータ制御による加工・自動組立など機械と電気・電子技術を統合したメカトロニクス技術によって作られています。
メカトロニクス科では、機械工学と電気・電子の技術を学び、電子回路の設計・製作および自動化機器の制御など多様化するものづくりのニーズに対応する機械技術者を育成します。

知能電子システム科

スマートシステムが拓く未来への扉

現代社会において、家電製品のみならず自動車に至るまで、様々な機械が高度な電子技術を用いて制御されています。最近は、携帯電話やデジタル家電のように超小型のコンピュータ(マイコン)が電子回路と共に組み込まれ、内蔵されたソフトウェアで動作する「組込みシステム」が急激に増えています。さらに、これらがネットワークを介して結びついてより大きなシステムを構成し、そのシステム自体が周囲の状況を認識してシステムを最適な状態にしていく「スマートシステム」化の波が進行しています。このスマートシステムによって私たちの生活が大きく変わろうとしています。
知能電子システム科では、電子技術と情報通信技術を中心に学び、電子/組込みシステム(小規模システム)とFA装着システム(中規模システム)に加え、このような「スマートシステム(大規模システム)」を設計・開発できる電子技術者の育成を目指します。

情報システム科

スマホ、クラウド、ユビキタス、未来社会を先取りする

みなさんは携帯電話のない毎日が想像できますか?
現代社会は情報システムがなければ一日たりとも機能しません。スマートフォンには自分の好きなアプリケーションも掲載できます。情報システムはクラウドコンピューティングの時代に入り、ユビキタス社会の実現に向けてこれからますます面白くなります。
情報システム科では、情報システムの構築や開発で必要な、ソフトウェア・ネットワーク・データベースなどの知識とスキルを学びます。ネットワークやシステムを安全に利用するための「情報セキュリティ技術」や世界中のIT技術者が協力して開発している「オープンソフトウェア(OSS)」を、体系的にしかも豊富な実習体験を通じて、学んでいきます。

建築環境システム科

これから省エネルギー建築と環境共生技術を支える

"地球環境"に多くの影響を与えているのが、毎日生活する中で多くの時間を過ごす「建物」です。建築環境システム科では、建物に求められる快適で安全な居住環境を創造するために、基本となる空気・水・熱などの環境要素の調整技術を学び、現在地球規模で求められる省エネルギーや環境負荷低減技術を利用した、建築や設備の設計・施工管理・メンテナンスができる実践技術者の育成を目指しています。
これを実現するために、実際に"感性"を養うために、プロの建築家による設計指導や建築技術者による講義も取り入れています。
また、建築系・設計系それぞれの進路を目指す学生について、より興味深く、実践力を身につけるようにするために、「進路別コース選択制」を導入しています。

土木エンジニアリング科

君が山形を創るんだ!

「土木」は、英語で"Civil Engineering"と言い、市民生活を支え、発展させるための技術を意味します。具体的には、道路や橋、ダムや港、公園など、私たちのくらしや経済活動を支える社会資本(インフラ)をつくり、守っていく仕事です。
土木エンジニアリング科では、施工管理、測量、CADを実践的に学び、土木に関する専門知識を技術を習得し、山形県の経済と県民生活の基盤である県土を支え続ける建築業の中核的な担い手となる人材の育成を目指します。

産業技術専攻科

高い問題解決力を持つ、リーダーとなる人材の育成

産業界では以前にも増して、より高いレベルの生産管理などの管理技術、機械・電気などの固有技術、コミュニケーション能力などのノンテクニカルスキルが求められています。産業技術専攻科では、これらのニーズに対応するため短大卒などの学生の能力向上と社会人を対象としたリカレント教育として、高い問題解決力を持った組織のリーダーとなる実践技術者の育成を目指しています。産業界からの要望に応える二つのコース、「ものづくり改善コース」と「課題対応コース」からなり、各自の目的や課題に応じてカリキュラムの編成を行うユニークな教育を行います。

山形県立産業技術短期大学校をもっと知るなら!

山形県立産業技術短期大学校のパンフをもらおう

さんぽう専門学校をもっと詳しく知るなら!パンフレットをもらう

オープンキャンパス

山形県立産業技術短期大学校のオープンキャンパス

オープンキャンパス2016
●プログラム内容 学校概要説明、入学方法説明、学科説明、実験実習施設見学、学生…

山形県立産業技術短期大学校をもっと知るなら!
  • パンフレットをもらおう

ページトップへ