名古屋芸術大学 在校生・先輩メッセージ

大学の情報検索なら[さんぽう進学ネット]

名古屋芸術大学

ナゴヤゲイジュツダイガク

大学愛知県

  • パンフレットをもらおう

在校生・先輩メッセージ

音楽学部 音楽ビジネスコース
(現:アートマネジメントコース[2017年度よリエンターテインメントディレクション&アートマネジメントコースに移行])
古川 博

音楽学部 音楽ビジネスコース(現:アートマネジメントコース[2017年度よリエンターテインメントディレクション&アートマネジメントコースに移行])古川 博

コンサートサポート会社 ホタルギグ 代表
反骨精神を、行動力に変換する。そうしてこそ目の前の世界を変えられる。

体験していないことを、体験したと思いがち-
スマートフォンから何でも情報を集めることができるようになった今、疑似体験が簡単にできるようになりました。だから今の学生たちはそれを武器にいろんなことに挑戦していると思う。でも、人と人との出会いからしか生まれないものはかならずあると信じて、僕は舞台の演出やイベントを手掛けています。学生時代はライヴの企画に熱中していました。「もっとこうしたら面白いのに」という僕の不満から生まれた意見がもとになり、さまざまなジャンルのライヴを同時多発的に行う企画を考案して、芸大祭で挑戦しました。そこで出会った仲間や、音楽業界の人たちと関わる中で、チャレンジ精神をもって自分が実現したいものに邁進するのは、人しかできないことであり、また、それが人にとって一番の喜びだと実感しました。2016年に名古屋にある円頓寺商店街にオープンさせた「カブキカフェ ナゴヤ座」も、学生時代に感じた「挑戦」の大切さを胸にスタートさせた企画。日本の伝統芸能である歌舞伎を気軽に飲み食いしながら楽しめるんです。実際に始めてみて、演者とお客様の距離感や座布団の高さを工夫するなど、細かい配慮の必要性を感じています。頭の中でシュミレーションしてマニュアル通りに動いていたら、感動も、配慮も生まれない。人がつながりの中で化学反応を起こす魅力をこれからプロデューサーとして伝え、また、自分自身の成長のためにも大切にしていきます。

大学院 美術研究科
磯部 絢子

大学院 美術研究科磯部 絢子

日本画家
納得がいくまで突き詰めた先に本当に自分がやりたいと思える世界が広がる。

大学院まで6年間、日本画コースで学んだ私。かつては、自分の絵を見た方から「意外な子が描いてるんだね」と言われることが多かったのですが、いまは「絶対あなたが描いたと思った」と言われるようになりました。本当に描きたいものが分かるまで時間がかかりましたが、先生が「絵は自分の分身」だと仰っていたことをいつも頭の片隅において、自分のスタンダードを意識して創作活動をしています。学芸スタッフとして学内ギャラリーの運営と卒業制作展などのイベントの運営を担当しながら、自分の制作活動を続ける中で思うのは、自分の内面に向き合う時間と同じくらい、人と会ってコミュニケ―ションをとる時間を大切にしたいということ。学生時代は扱いが難しい岩絵の具を使い、あらゆる表現をすることに没頭していました。振り返ってみると当時は誰よりも先に絵を完成させたいと思って、ほとんどの時間を制作に使っていたけれど、他の価値観を受け入れる余裕がなかった気がしています。日本画家としてベースをつくり、自分の「型」を見つけた学生時代。だからこそこれからは「型」を破って他のジャンルの作家さんたちとも交流を深め、新しい表現を追求したいと思っています。「芸大って将来不安じやない?」と思って入学を躊躇している方には、その時その時で自分のやりたいことに挑戦し、納得いくまでトライできる芸大という選択は、必ず将来、道を切り拓いていくうえで役立つと伝えたいです。

デザイン学部 デザイン学科 メディアコミュニケーションデザインコース
岩田 真実

デザイン学部 デザイン学科 メディアコミュニケーションデザインコース岩田 真実

株式会社中日アド企画(クリエイティブディレクター) 就職
幅広い表現を武器に、多様化する時代の広告をつくる。

クライアントが伝えたいことを、自分が介在することで、ターゲットに向けて分かりやすく、心に残るように伝える-
広告会社のクリエイティブディレクターには、さまざまな立場の人の考えを理解し、意見を調整しながら制作物に反映することが求められます。そのために私は、クライアントや営業、協力会社の方が考えを共有しやすいように情報を整理し、コミュニケーションを取りながら仕事に臨んでいます。いろんなジャンルの情報を取り入れ、自分でかみ砕いてから伝えることを意識するようになったのは、学生時代にデザインとアートの境界で試行錯誤しながら創作活動を行ってきたからだと思います。写真、版画、映像などさまざまな技法を組み合わせたインスタレーション作品に取り組んできました。引き出しをたくさん持つことで、自然と、ひとつの方向だけに偏った表現をしないようになったり、必要な情報を取捨選択するスキルが身についたりと、広告の仕事に役立つ力が身につきました。最近担当した愛知県の人権啓発ポスターの仕事では、人権問題をより身近に感じてもらえるように、日常の中に潜む人権問題を、わかりやすいストーリーとマンガで表現しました。交通広告で掲出したポスターがSNSで話題となり、大きな反響となりました。情報が混とんとしていて価値観が多様化する時代、これからもクリエイティブを仕事にしながら大学時代に学んだ引き出しをどんどん活用し、あらゆる人の「視点」を見つめながら歩んでいきたいと思います。

人間発達学部 子ども発達学科
奥村 友紀

人間発達学部 子ども発達学科奥村 友紀

名古屋市立香流小学校教員
児童の素直な疑間を受け止めて好奇心に変えてあげたい。

教育学を学ばうと、他大学から編入した僕。きっかけは就職活動の時、企業で働くよりも学校で子どもたちと向き合う方が自分に向いているとイメージしたからでした。思春期になる前の発達段階から子どもを支えることができる小学校教諭の仕事は、僕の心をとらえました。入学後はとにかく現場で学ぶことを意識。小学校に出向いて先生方の指導法を間近で見学できる「学校体験」の他に、小学校の放課後に英語や体育の授業をサポートするボランティアに参加したことで、随時子どもたちの反応を見ながら指導していく瞬発力が身につきました。まっさらな心で生きる子どもたち。生活や学習の中で「なんで?」と思ったことを、僕が介入することで興味に変えていけるように、僕自身の引き出しを増やすことが目標です。

名古屋芸術大学をもっと知るなら!

名古屋芸術大学のパンフをもらおう

さんぽう専門学校をもっと詳しく知るなら!パンフレットをもらう

学部・学科・コース

名古屋芸術大学の学部学科コース

芸術学部 音楽領域
音楽が好きだ。 子どものころからずっと夢中だった。初めてライブに行ったとき…

名古屋芸術大学の学部学科コース

芸術学部 美術領域
アートと生きる。 自分の絵を認められなかったこともある。でも、ただ夢中で描…

オープンキャンパス

名古屋芸術大学のオープンキャンパス

芸術学部 音楽領域 オープンキャンパス
【場所】 名古屋芸術大学 東キャンパス(芸術学部 音楽領域) 東キャンパ…

名古屋芸術大学のオープンキャンパス

芸術学部 音楽領域 音楽講習会
音楽学部では、本学の教授陣による「音楽講習会」を開催します。入学選抜や入学後に必…

名古屋芸術大学をもっと知るなら!
  • パンフレットをもらおう

ページトップへ