東京工芸大学 学部・学科・コース

大学の情報検索なら[さんぽう進学ネット]

東京工芸大学

トウキョウコウゲイダイガク

大学東京都

  • パンフレットをもらおう

学部・学科・コース

工学部

2019年4月工学部は大きく進化します。5つのコースには、ロボット・情報通信・AI・映像メディア・光工学・先端材料・建築設計…など、多彩な「15の学びの分野」があります。学生の「伸びしろ」を最大化し、進歩が実感できる教育をしています。卒業時には能力アップして成長した自分を期待してください。

[総合工学系]

機械コース
機械コース

「ロボット工学」と「機械制御工学」、「計測制御・メカトロニクス」の3分野で構成される。ICT(情報通信技術)を基盤におき、機械力学、材料力学など機械工学の基本的な科目とともに、実験と演習を豊富に取り入れ、具体的にロボットを作ること、機械を動かすことを体験しながら機械工学を体系的に学ぶ。

電気電子コース
電気電子コース

電気主任技術者1種に準拠した「電気工学」と、情報・通信・ディスプレイなどを学ぶ「電子工学」および写真教育にルーツを持つ本学の得意分野である「光工学」で構成される。ICT(情報通信技術)を基盤におき、豊富な実験と演習で技術を身に付けることができ、回路・パワーエレクトロニクス・情報・通信・ディスプレイの科目を配置している。

情報コース
情報コース

コンピュータの進歩、開発に携わる「コンピュータ工学」と自在に活用する仕組み、技術を扱う「コンピュータ応用」および、写真教育にルーツを持つ本学の強みである、「画像工学・映像メディア」の3分野で構成される。豊富な実習と演習で技術を身につけることがき、基礎から最新のビッグデータ、IoT、人工知能(AI)、イメージング技術を学べる科目を配置している。

化学・材料コース
化学・材料コース

エネルギー化学、分析化学、物性化学、環境化学など、汎用性の高い「応用化学」と有機、高分子、無機、半導体などの「先端材料」で構成される。次世代の技術者に必要な情報技術科目、薬品や装置を使った実験と演習を豊富に配置したカリキュラムで実力をつけることができる。また、強みとなる環境系の資格取得をサポートする科目も多く準備されている。

[建築学系]

建築コース
建築コース

意匠・計画、構造・構法、環境・設備、材料・施工、歴史、法規など建築に関わる幅広い知識、技術を学び、卒業生は全員建築士の受験資格が得られる。3年次から建築のデザインと創造性を探求する「建築設計」、建築の強さと安全性を探求する「建築構造」、建築の快適性を探求する「建築環境」の3つの分野で、さらに専門性を高める。

芸術学部

本学は、1923年に当時最先端の技術でありアートだった「写真」における高等教育機関として創設されました。芸術学部では、コンテンツを根本とする「メディア芸術」の分野で制作や研究を行い、創造的な社会の実現に役立てることをめざしています。IT技術をベースに、社会の動きを敏感に捉え、わが国の先端的な文化を形成している、写真、映像、デザイン、インタラクティブメディア、アニメーション、ゲーム、マンガの各専門領域で自ら創造し発信できる力を持ったクリエイター、メディアアーティストを育成します。

写真学科
写真学科

本学の90年以上に及ぶ写真教育の歴史をベースに、写真表現を基礎から学べるカリキュラムを整備。指導陣には絶えずいまを乗り越えようという、現場の第一線で活躍する制作者が多数在籍しています。

映像学科
映像学科

個人制作からグループ制作まで、様々なスタイルの制作方法を実践することで、映画、ドラマ、報道、CG、シナリオなど映像表現に関わる幅広い分野の技術や知識を基礎から身につけ、専門領域へステップアップするカリキュラムが特徴です。また、2014年度に開設した「身体表現領域」では「撮る側」に加え、俳優、声優など「撮られる側」の人材も育成します。

デザイン学科
デザイン学科

多様化する現代のデザイン事情に対応し、総合的にデザインを学びます。1・2年次は基礎的なデザイン知識と技術を修得します。3年次からは興味や適性に応じて「グラフィックデザイン」「イラストレーション」「映像情報デザイン」「空間プロダクトデザイン」の4領域に分かれ専門性を高めます。

インタラクティブメディア学科
インタラクティブメディア学科

CG、Web、広告、テーマパーク、ライブパフォーマンス、空間演出、電子楽器、デジタル玩具、福祉など多方面で「インタラクティブメディア」のニーズが急速に高まる中、本学科ではこうした新しい表現を創造する力を4年間で身につけていきます。

アニメーション学科
アニメーション学科

1年次のはじめに研究と制作の2つのプログラムから選択し、自分の興味に沿った学びを4年間しっかりと続けることができます。講義は研究・制作両面に必要な科目を用意しており、制作は作画・シナリオ・演出から3DCGに至る広範な領域をカバー。アートをめざす人にも、商業アニメーションを志す人にも、満足できるカリキュラムを提供しています。

ゲーム学科
ゲーム学科

ゲーム学科では、基礎技術を広く学びながら「企画」「デザイン」「プログラム」の3分野に分かれて技術を磨いていきます。大学教育として芸術系・理数系を同時に擁したユニークな環境が、未来のクリエイターたちの大きな一歩を後押します。また、ゲーム開発の応用的な領域である、教育や医療・福祉の分野に貢献するシリアスゲームの研究や実験にも、積極的に取り組んでいます。

マンガ学科
マンガ学科

国際的にも高く評価されている、日本を代表するビジュアル表現「マンガ」に関する豊かな教養や高度な知識、技術、志を育む教育を行い、マンガ家、原作者、編集者を始め、イラストレーター、評論家、研究者等、新しい文化や価値を発信できる人材を育成することを目標としています。

東京工芸大学をもっと知るなら!

東京工芸大学のパンフをもらおう

さんぽう専門学校をもっと詳しく知るなら!パンフレットをもらう

オープンキャンパス

東京工芸大学のオープンキャンパス

【工学部】オープンキャンパス
学科紹介、入試相談、研究室紹介、模擬授業等を通し、本学を知ってください。保護者の…

東京工芸大学のオープンキャンパス

【工学部】進学相談会
入試に関する疑問を解消したい方も大学の雰囲気を知りたいという方もお気軽にご参加く…

東京工芸大学をもっと知るなら!
  • パンフレットをもらおう

ページトップへ