東京工学院専門学校 在校生・先輩メッセージ

専門学校の情報検索なら[さんぽう進学ネット]

東京工学院専門学校

トウキョウコウガクインセンモンガッコウ

専門学校東京都

  • オープンキャンパスに申し込もう
  • パンフレットをもらおう

在校生・先輩メッセージ

中澤 みなみさん
コンサート・イベント科
ステージ制作コース

中澤 みなみさんコンサート・イベント科ステージ制作コース

中学、高校と生徒会役員をやっていて、誰かのために何かをするということにやりがいを感じていました。誰かを笑顔にするために何かを企画することも好きなので、それを仕事にしたいと思い、裏方の仕事を学べる学校を探しました。その中でも東京工学院を選んだのは、少人数制で先生方と距離が近いことです。

技術的な実習では、少人数制なので機材に長く触れて学べるところが良いところです。また、企画などクラスメイトとの話し合いの授業なども、みんなの意見をまとめたりするのは難しいですが、いい勉強になっています。

先生はもちろん、先輩方やクラスメイトとも距離が近いので何でも気軽に話せて、いろいろな情報収集ができます。おかげで人との関わり方が上手くなったと感じています。社会に出れば好きな人とだけではなく、苦手な人とも関わっていかないといけないと思うので、すごくいい部分が成長できていると思います。

須永 麻友香さん
声優・演劇科
俳優コース

須永 麻友香さん声優・演劇科俳優コース

幼少期から始めたクラシックバレエの影響で、舞台に立って表現することの楽しさを知り、舞台俳優を目指すようになりました。東京工学院に入学したのは、少人数制で一人ひとりじっくり見てもらえるところに魅力を感じたからです。

好きな授業は「演技基礎」と「ヴォーカルトレーニング」の授業です。「演技基礎」は、舞台上での感情や身体表現を学び、「ヴォーカルトレーニング」では、呼吸法や発声法を学びます。どちらも役者になるために必要になる土台となるものなので、しっかり身につけていきたいと思っています。講師の方々は経験豊富なその道のプロの方で、授業時間も授業内容も充実していて、満足した楽しい生活を送れています。

入学前は将来が迷走していて苦しい時期もありましたが、今自分の学びたかったことを学べる東京工学院に入学したことで、明るく笑顔が増える毎日になりました。皆さんも少しでも気になる進路や学校があれば早めに体験入学やオープンキャンパスに参加することをおススメします。先生や在校生とたくさん話をしてみてください。きっと参考になる話が聞けると思います。

圓谷 青依さん
ゲームクリエーター科
ゲームクリエーターコース

圓谷 青依さんゲームクリエーター科ゲームクリエーターコース

東京工学院を選んだ理由は、ゲームについて幅広く学べるところです。ゲームを学べる他の学校は、プログラム系のみなど、学ぶものが限られるところが多く、東京工学院だと、プログラム以外にもデザインやCG、サウンドなど幅広い授業があるので、そこに魅力を感じました。

将来役に立つ授業は「プログラム基礎講座」です。ゲームの中身を動かすプログラムの他に、ホームページを制作するためのプログラムも学べます。ホームページを自分で制作できるようになれば、自分の作品を広めやすくなると思うので、今頑張って勉強しています。

入学して変わったことは、自分の意見を言えるようになったことです。ゲーム作りではチームで制作することになるので、クラス全員で意見をぶつけ合う機会が多くあります。私は中学、高校と自分の意見を積極的に言うタイプではなかったのですが、先生から「自分の作品を批評されるためにも、自分の作品をアピールできるようにしたほうが良い」と教えられ、自分から意見を言うように心がけるようになりました。

ゲーム好きという同じ趣味のクラスメイトや現役で活躍している講師の方々の体験談や面白話を聞ける授業など、毎日がとても楽しいです。みなさんも自分のやりたいこと、目指したい夢をかなえられる学校を見つけてください。

榎本 七菜さん
アニメーション科

榎本 七菜さんアニメーション科

高校生の時に『鉄コン筋クリート』という作品を見たことがきっかけで、アニメーションに興味を持ち始めました。キャラクターの表情や世界観などに感動して、自分も見る側から作る側になりたいと思うようになりました。

東京工学院を選んだのは、少人数制で授業を受けることができるという点が魅力的でした。先生との距離が近く、いつでも気軽に質問できる環境です。紙と鉛筆で描いた作画が思い通りに動いてくれた時には、とても感動しました。また、アニメーションを作る工程の全ての知識を学べることも大きなポイントでした。「作画」の他にも「色彩」や「演出」「美術」など幅広く学べます。「パフォーミングアート」という特長的な授業もあります。自分の体で動きを学ぶ授業で、アニメ制作者に必要な観察力・記憶力・応用力を鍛え「引き出し」を増やすことができます。

テレコム・アニメーションフィルムというアニメ制作会社の作ったカリキュラムで、アニメの現場で必要とされる技術や知識を効率よく学べるところも東京工学院ならではだと思います。アニメーターを目指す皆さんも、アニメを学ぶ最適な環境が整っている東京工学院で一緒に学びましょう!

浅香 基裕さん
スポーツビジネス科
サッカービジネスコース

浅香 基裕さんスポーツビジネス科サッカービジネスコース

自分はサッカーやスポーツに関わる仕事に就きたいと思い、東京工学院に入学しました。
東京工学院では、スポーツに関する様々なことを学べます。スポーツの指導法やスポーツショップで働くための商品知識、パソコン知識、簿記の知識のほかに、サッカービジネスコースでは、イタリア語も勉強しています。東京工学院は、イタリアのクラブチーム「インテル・ミラノ」と提携していて、私たち学生は、日本の子どもたちにサッカーを教える「インテルアカデミー」へ実習に行ったりします。イタリアから来るコーチ陣はイタリア人なので、イタリア語も学んでいます。

小さい頃からサッカーをしていましたが、「教えられる側」から「教える側」になり、選手を育ててみたいというのが今の目標です。高校時代に比べると勉強に対する姿勢も変わり、全ての授業が将来役に立つことばかりで、かつ好きなことばかりなので、楽しく勉強に取り組んでいけます。

グランドや体育館、プール、トレーニングルームと施設も充実しています。校内施設を利用して近隣の子どもたちにサッカーや水泳を教える「テクノスポーツクラブ」の運営・指導も学生主体で行っているので、実践力も身につけられる恵まれた環境だと思います。

田ノ上 萌々花さん
こども学科
保育士・幼稚園教諭2種コース

田ノ上 萌々花さんこども学科保育士・幼稚園教諭2種コース

東京工学院のこども学科に入学したのは、入学前から「無料ピアノレッスン」があり、自分のスキルに合わせて学べるところに惹かれたからです。そして、子どもたちと関わりながら学べる機会が多いのも魅力です。

頑張っているのは「ピアノ」と「体育」の授業です。「ピアノ」は入学前からレッスンを受けていますが、自分の努力次第で成長でき、周りとも差がつくので本気で頑張ろうという意欲が出ています。「体育」は、体を動かすことを通して楽しむことを子どもたちに伝えていきたいと思っているので、頑張っています。私自身、スポーツと勉強が苦手でしたが、中学校や高校の先生からスポーツや勉強する「楽しさ」を教えてもらい、自分が変われた経験があります。私も小さい子どもたちに「嫌な思い」ではなく「楽しい思い」を教えてあげられるような幼稚園の先生になりたいと思っています。

東京工学院は少人数制なので先生との距離が近く、何でも相談できます。クラスメイトともお互い刺激を受けながら一緒に目標に向かって頑張れる環境です。私は学校を決める際に、何度も体験入学やオープンキャンパスに参加しました。何度も足を運んで学校の雰囲気を感じて、進路を決めてください!

下地 盛汰さん
公務員科

下地 盛汰さん公務員科

将来は市役所職員になりたいと思っています。利益を考えずに人の役に立とうとする公務員に憧れを抱いています。公務員を目指せる学校はたくさんありましたが、少人数制で一人ひとりのペースに合わせ、確実に公務員試験対策をしてくれる学校は東京工学院だけだったので、入学を決めました。

理数系の科目が苦手だったのですが、今では苦手意識がなく、授業が楽しく感じます。これは少人数制だからこそ、一人ひとりを置いていかず、理解するまで何度も教えてくれる先生方の親身な指導のおかげだと思います。今、力を入れているのは「数的処理」の授業です。公務員試験で合否を左右する科目なので、特に力を注いでいます。

東京工学院は、少人数制で自分のペースでしっかり勉強ができます。そのため、自習やアルバイトなどの計画も立てやすく、効率的な毎日を送れています。公務員を目指すなら、東京工学院はおススメの学校だと思います。

坂本 あえりさん
建築学科

坂本 あえりさん建築学科

自分は「モノづくり」が好きで、デザイナーを目指していましたが、デザインするよりも、もっと自分がそのモノに深くかかわれる仕事に就きたいと考えるようになり、建築を目指すようになりました。

東京工学院の体験入学に参加した際、実習室に在校生が制作した「法隆寺五重塔」の1/10スケールの模型が飾ってあり、細部まで細かく作られていて、それを見て自分もこういうものを作れるようになりたいと思いました。

今まで建築関係の勉強はしたことありませんでしたが、1年次に建築の基礎中の基礎から学べます。「建築CAD」や「設計製図」の授業は特に好きな授業です。実際に図面に描いたり、パソコン上で設計図を描いたりするのは楽しいし、将来必要な知識や技術なので頑張っています。

専門知識や技術を学べることはもちろん、東京工学院は様々な学科がある総合学院という専門学校なので、いろいろな人たちと交流が持てます。同年代の自分と違う考え方や勉強方法などに触れられるので、常に刺激を受けています。

赤池 耕太朗さん
電気電子学科
電気工学コース

赤池 耕太朗さん電気電子学科電気工学コース

卒業と同時に「第二種電気工事士」資格を無試験で取得できるというところと、さまざまな学科がありイベントなども多く開催されることから東京工学院に入学しました。

祖父の代から電気店を営んでいて、将来私もその一員になり父から店を継ぐことを目標にしています。そのためには「第二種電気工事士」資格が必要なので、日々勉強を頑張っています。

学校の授業は実践的で「電気工事実習」は、電気配線を考えて実際に壁に配線する作業をします。休日も学校の実習室が使用できるので、学校に来て自習したりもします。その結果、「電気工事実習」の試験も合格することができました。

少人数制で先生方は学生一人ひとりに丁寧に教えてくださいます。わからないことがあれば気軽に質問でき、何でも答えてくれます。先輩たちとも仲が良く、放課後に学生たちだけで資格試験対策勉強会を開くこともあります。

恵まれた環境の中で、確実にレベルアップしている実感があります。電気の資格が欲しい人には本当におススメできる学校だと思います。

増田 千聖さん
経営情報科

増田 千聖さん経営情報科

高校生の時に、まだやりたいことは決まっていませんでしたが、いとこが通っている東京工学院の体験入学に参加しました。体験入学に参加してみたら、簿記や販売士、パソコンの資格などいろいろな資格が取得でき、校内で学生がカフェを経営する「経営実習」の授業もあり、多少経営に興味もあったので入学を決めました。

入学してからは、簿記や販売士、各種パソコンの資格取得対策の授業が充実して、たくさん資格を取得できる環境です。少人数制で先生にも質問しやすく、着実に理解しながら勉強を進めることができます。少人数制だからこそ、クラスメイトとも仲良くなりやすいし、自分の意見を言うことや、相手の意見を聞くことなどコミュニケーション能力も鍛えられます。

「デュアルシステム」を導入しているので、企業で働く実務実習が単位として認められます。企業での実務実習で、働きながら学ぶことができ、もちろんお給料もいただけます。校内のカフェ経営や企業での実務実習を通して、働くことを意識しながら学べる環境だと思います。

将来何をやりたいか決まっていなくても、この経営情報科なら資格もたくさん取得できるし、必ず将来に役立つことを学べると思います。

久保 佑斗さん
放送芸術科 2011年卒業
(株)ザ・カラーズ 勤務 

久保 佑斗さん放送芸術科 2011年卒業(株)ザ・カラーズ 勤務 

現在は、テレビ番組『PON!』(日本テレビ)のディレクターを担当しています。この業界に進むきっかけは、父親が同じ仕事をしていたことでした。元々テレビ業界に憧れもあったので、自然と自分の将来の夢になりました。
今後の目標は周りから安心して仕事を任せられるディレクターになること。ディレクターになって2年目なので、どんな仕事にも全力で取り組み、時間をかけてよく考えることを心がけています。

東京工学院は、校内にTVスタジオがあり、機材も豊富で限りなく実際の現場に近い環境で少人数で学べるところに魅力を感じて入学。そして、何と言っても教えてもらうことがとても多い! 演出、カメラ、音声、照明、映像編集など、放送・映像に関する全ての基礎を学びました。現場では、照明の人も制作のことやカメラのことを知らないと仕事ができません。私のディレクターという仕事は、本当に全てを知っていなければできないので、東京工学院で全て学べたことがとても有利に現場で役立っています。

また、この仕事は趣味や特技を活かすこともできます。私の場合はイラストを描くのが得意で、番組に使用するイラストやロゴなど自分で描いていますし、アイドルが好きで詳しいので、アイドルのニュースを取り扱う時には頼りにされたりします。自分が詳しいことや好きなことを仕事に活かせるのでやりがいがありますね。

学校で学んだことで、現場で役立たなかったことは一つもありませんでした。これからこの業界を目指す人は、しっかり東京工学院で学んでみてください。

明主 茜さん
コンサート・イベント科 ステージ照明コース 2015年卒業
(株)シエロ 勤務 

明主 茜さんコンサート・イベント科 ステージ照明コース 2015年卒業(株)シエロ 勤務 

現在は、照明会社に勤務して、ライブやイベント時の照明操作などをしています。照明に興味を持ったのは、ライブを観に行った時、ステージが照明であまりに綺麗に彩られていて、とても感動したからです。特に今務めている会社の社長の作る照明が好きだったのと、社長はとにかく照明が好きで、照明に対する情熱があり、熱い人間性があり、今までに会ったことのない個性があったので、この社長と一緒に働きたいと思いました。

正直に話すと、仕事は辛いことのほうが圧倒的に多いです。コンサートやライブは、常にアーティストもスタッフも良いものを作ろうと必死にやっています。そのプレッシャーに押しつぶされそうになりながら、全力を尽くして仕事をしているので、辛くて当たり前。だけど、全力を尽くした結果、観ているお客様の楽しそうな笑顔を見ると、やっていてよかったと思えます。

東京工学院の時も、自分たちでステージを作る実習がたくさんありましたが、常に「楽しんでやる」という余裕はありませんでした。毎回毎回、必死でした。技術的なことや専門的な知識はもちろんですが、人とのコミュニケーションのとり方や、最後まで責任を持ってやりきることを教えてもらったと思っています。それが、今の仕事にも活かされています。

澤田 元春さん
コンピュータグラフィックス科(現CGクリエーター科) 1987年卒業
合同会社PAGODA 勤務 

澤田 元春さんコンピュータグラフィックス科(現CGクリエーター科) 1987年卒業合同会社PAGODA 勤務 

現在は、映画、アニメーション作品など映像作品全般におけるCGI・VFXパートの制作・ディレクションなどを行なっています。毎週放送される作品制作は時間との戦いで、締切まで作業の手を緩めることができず、泊まり込みになることもあります。ですが、自分が関わった作品を家族や知人が「面白かった」と言ってもらえるのが何よりの支えになるし、エンドロールに流れる自分の名前を見つけた時の達成感は格別です。

今でこそ、CGを目にしない日はなくなりましたが、私が学んでいた頃はCGは未開の業界で、実際に見ることができない世界をコンピュータで作れることに魅力を感じましたし、未開な分、チャンスでもあると思いました。CG制作ソフトは高価なため、学校で自由にソフトを使え、作品作りができることがとにかく楽しかったです。CGの技術革新は加速し続けていますが、CGの基礎やプログラミングといった東京工学院で学んだことは、今でもスクリプト開発での作業自動化、高度化に役立っています。本気で夢をつかみたいなら、東京工学院で頑張ってみてください!

【担当実績】

・進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド
・STAND BY ME ドラえもん
・劇場版ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール-
・アルドノア・ゼロ
・ウルトラマンメビウス
・TBS系ドラマ日曜劇場「南極大陸」
・WOWOW連続ドラマW「沈まぬ太陽」
・うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター
・頭文字D Fifth Stage 他多数

清水 彩加さん
スポーツビジネス科 サッカービジネスコース
2016年卒業
(株)ブラック&ブルーストライプス(インテルアカデミー)勤務

清水 彩加さんスポーツビジネス科 サッカービジネスコース2016年卒業(株)ブラック&ブルーストライプス(インテルアカデミー)勤務

もともとサッカーを見ることが好きで、いつかサッカーに携われる仕事に就いて日本をサッカーで盛り上げたいと思っていました。東京工学院にスポーツビジネス科サッカービジネスコースというサッカーに特化した学科があったので、入学しました。

東京工学院は、イタリアの名門チーム『インテル・ミラノ』の提携を結んで、日本の子どもたちにサッカーを教える『インテルアカデミー』に学生が実習で参加できます。私もサマーキャンプに帯同し、子どもたちのスケジュール管理や朝食や夕食、体調管理などを担当しました。クラスメイトと苦労しながらも試行錯誤を重ね、充実した毎日を送れたことが良い経験になり、卒業後も自分の学んできたことが活かせると思い今の会社に就職しました。

インテルアカデミーでは、会員様からの入金確認・管理、電話応対、入退会の手続き、WEBの更新などを担当しています。学生時代に校内で運営していた「テクノスポーツクラブ」の経験があったので、保護者(お客様)との接し方や電話での受け答えなど、多くのことが仕事をする上で役立っています。一生懸命対応して、お客様からお礼の言葉をいただいたときは、本当にうれしく思いました。

「実学」を重視している教育は、東京工学院の魅力の一つです。皆さんも目標に向かって自分がステップアップできる環境がある学校選びをしてください。

東京工学院専門学校をもっと知るなら!

東京工学院専門学校のパンフをもらおう

さんぽう専門学校をもっと詳しく知るなら!パンフレットをもらう

学部・学科・コース

東京工学院専門学校の学部学科コース

ステージ制作コース
1からイベントを創り上げる力。 思い描いたイメージを実現する方法、オーディエン…

東京工学院専門学校の学部学科コース

ステージ音響コース
「音」を「感動」に変える力。 優れたPA技術なしに、優れた舞台芸術は成立しませ…

オープンキャンパス

東京工学院専門学校のオープンキャンパス

体験入学・オープンキャンパス
学校のことや学科のことが知りたいなら 体験入学・オープンキャンパスがおススメ!…

東京工学院専門学校のオープンキャンパス

AO入学説明会
AO入学に関する疑問や手続きに関してご説明します 【時間】14:30~16…

東京工学院専門学校をもっと知るなら!
  • オープンキャンパスに申し込もう
  • パンフレットをもらおう

ページトップへ