近畿大学 学部・学科・コース

大学の情報検索なら[さんぽう進学ネット]

近畿大学

キンキダイガク

大学大阪府

  • パンフレットをもらおう

学部・学科・コース

法学部

法律の知識は限られた人だけに求められるものと考えていませんか?会社法や労働法などの知識は社会人としてレベルアップするのに役立ちます。就職に有利な資格・検定試験の対策や、公務員になるための課外講座も充実。近畿大学の中でも公務員採用者数ナンバーワンなのが法学部です。卒業後の進路は、法科大学院へ進み法曹界で活躍することはもちろん、税理士や公認会計士、国内外の企業、公務員など様々です。

法律学科
法律学科

法学部法律学科では、法律や政治に関する知識を学ぶだけではなく、複雑化する現代社会において、自ら問題点を見つけ解決策を提案できる“リーガルマインド”の養成を重視しています。リーガルマインドは法律家のみならず、一般企業におけるルール適応能力など、社会人としての普遍的な素養となるものです。1・2年次には法律学と政治学の基礎を学ぶ基幹科目を履修し、2年次からは実社会で生きる能力を養う展開科目によって体系的に学びます。

経済学部

現在の日本では、増税・年金・雇用・金融緩和など、たくさんの経済問題が取り上げられています。経済を学ぶことは、銀行や公務員をめざす人だけでなく、メーカーや商社への就職を考える人にとっても強い武器になります。特に、経済学部は少人数制のきめ細かな教育が自慢。ITスキルや英語力の向上にも力を入れています。

経済学科
経済学科

日本経済、そして世界経済の将来を見通せる分析力を修得し、問題発見、問題解決能力の向上を図ります。「経済学コース」と「経済心理学コース」を選択して学修します。経済学コースは「理論・計量」「財政・金融」「産業・情報」「歴史・社会」の4分野から幅広く学べるカリキュラムで構成されています。

国際経済学科
国際経済学科

「国際産業・金融」「国際地域経済」の2分野に分かれ、経済理論の知識や情報処理能力をベースに、国際経済や国際金融について幅広く学修します。英語だけでなく、中国語の授業にも力を入れ、外国語によるコミュニケーション能力の向上も重視しています。

総合経済政策学科
総合経済政策学科

「公共政策」と「企業戦略」の2分野に分かれ、国や自治体の経済政策や企業の経営戦略を題材に、企画立案能力を養成します。社会の「現場」を肌で感じ、問題点を議論するフィールドワークなど、実習形式の授業を取り入れていることも大きな特色です。

経営学部

ビジネスの現場を見学したり、メーカーと共同で商品開発を行ったりと、フィールドワークやインターンシップを積極的に導入しているのが特徴です。また、ビジネスの現場で役立つ英語教育にも力を入れています。簿記会計や財務分析といった会計の知識やITのスキルなど、仕事に直結する学びも充実。さらに、ビジネスのグローバル化に対応し、英語力や国際感覚を実践的に養成。先輩たちは金融から製造、サービス業まで、幅広い業界に進んでいます。

経営学科
経営学科

経営者や管理者に必要なリーダーシップやプレゼンテーション能力を培う演習が充実し、第一線の実務家を招いた講座も豊富です。2年次に、マネジメント能力を養う「企業経営」、ITを基盤としたビジネスの企画・運営を学ぶ「lT ビジネス」、スポーツビジネスの幅広いマネジメント能力を養成する「スポーツマネジメント」の3つからコースを選択。

商学科
商学科

商品やサービスが生産者によってつくり出され、流通業を通して消費者に行きわたるまでの幅広い領域を扱う学科です。マーケティングや商学をはじめとする基礎を体系的・実践的に学んだうえで、3年次に「マーケティング戦略」「観光・サービス」「貿易・ファイナンス」の3つからコースを選択。国際感覚を磨くため、英語教育にも力を入れています。

会計学科
会計学科

公認会計士・税理士・企業経営者・中小企業診断士・企業調査コンサルタント・ファイナンシャルプランナーに必須の会計情報の理解力や活用技法を修得できます。1年次からの簿記会計集中プログラム(IAP)や簿記会計専用学習室を完備。在学中の公認会計士・税理士試験合格を狙います。

キャリア・マネジメント学科
キャリア・マネジメント学科

企業の現場で活躍できる人材マネジメントのプロの育成をめざします。自分自身のキャリア形成や、他者の能力を最大限に生かすための理論と実践のカリキュラムを編成。インターンシップを通して得られた企業理解と気づきを大学での学びに役立てるなど、独自メニューによるきめ細かな教育で、企業で即戦力となる人材を養成します。

理工学部

理工学部では理学から工学まで幅広い分野に関する最先端の研究が行われています。2014年に研究プロジェクト「太陽光利用促進のためのエネルギーベストミックス研究拠点の形成」が発足。持続可能な社会の実現に向け、新しいソーラー触媒や省電力素子の開発・研究が進められています。製造業や建設業、情報通信業などからのニーズが高い理工学部ですが、大学院への進学や教員をめざす学生が多いのも特徴です。

理学科
理学科

●数学コース
科学技術の基礎となる純粋数学から、グラフ理論や暗号理論などの応用数学まで、少人数制のゼミや対話形式の講義で学びます。
●物理学コース
素粒子から物質、生命、宇宙まであらゆる自然現象を理論と実験の両面から探求し、論理的思考力や創造的発想力に富む人材を育成します。
●化学コース
化学の基礎理論を学んだ後、機能物質や医療品の合成、情報化学、さらには環境化学へと展開していきます。化学の面白さ・不思議さを実感できます。

生命科学科
生命科学科

遺伝子系、機能分子系、細胞組織系、環境倫理系の4つの生命科学分野で構成され、ライフサイエンスを総合的に学びます。ヒトに主体を置いて、生命の仕組みや生命を取り巻く環境に関する知識を習得し、その知識と基礎技術を正しく応用できる人材の育成をめざしています。

応用化学科
応用化学科

物理化学・無機化学・有機化学・高分子化学はもとより、医学・薬学・農学・食品化学などの融合領域までもが応用化学のフィールドです。研究対象も、ミクロな世界から地球規模の問題まで大きく広がっています。実験を通して化学現象を理解する姿勢を大事にしています。

機械工学科
機械工学科

機械と社会との共生・適合・調和を常に考え、社会的ニーズに応えて問題発見・解決能力を発揮でき、問題解決のためのコミュニケーション能力を有する、ものづくりの中核をなす機械技術者を育成します。2年次に「機械工学」「知能機械システム」からコースを選択します。

電気電子工学科
電気電子工学科

飛躍的な進歩を遂げるエレクトロニクス技術を幅広く学び、2年次に「エレクトロニクス・情報通信」「エネルギー・環境」からコースを選択。実験・実習を講義と連動させることで実践的に理解を深め、社会のニーズに対応できるエンジニアを養成します。

情報学科
情報学科

急速に進歩する情報技術について基礎から応用まで幅広く学び、情報化社会の発展に対応できる情報処理技術者を育成します。2年次に、大規模情報システム開発に対応できる能力を養う「情報システム」、音声認識技術やコンピュータグラフィックスについて学ぶ「情報メディア」からコースを選択します。

社会環境工学科
社会環境工学科

インフラなどの安全・安心な社会基盤の整備や維持管理を通して社会貢献をめざします。土木構造物の維持管理法や防災の知識のほか、福祉の視点なども養うことで、広い視野と倫理観、公共意識を持った建設技術者を育成。公務員試験では、屈指の合格者数を誇ります。

建築学部

建築学部では、理系の学生だけではなく、文系の学生にも対応した入試制度と教育プログラムを用意しています。専攻は興味に応じて3年次に選択します。文系でも建築に必要な数学・物理を無理なく学ぶことができ、製図やスケッチも基礎から身につけることができます。将来は、建築士や都市プランナ一、インテリアデザイナーなど多彩に活躍できます。

建築学科
建築学科

【建築工学専攻】
建築で必要な「計画」「構造」「環境」の3分野を包括的に学んだうえで、興味に応じ専門性の高い分野を習得できる自由度の高いカリキュラムを構成。建築物の安全性、快適性、機能性に関する技術と知識を学びます。

【建築デザイン専攻】
総合的な建築学を広く学び、コンピュータによる建築デザインなど、建築設計能力の習得に重点を置いています。次世代の新しい建築を構想し、実現できる建築家やインテリアデザイナーの養成をめざしています。

【住宅建築専攻】
住宅のデザイン手法や構造、設備、居住環境などの設計技術だけでなく、家族や近隣とのコミュニティのあり方や住まい方について総合的に習得します。また、バリアフリー手法やリフォーム技術など、住宅産業に求められる人材を育成します。

【企画マネジメン卜専攻】
建築企画、建築マネジメント、都市計画の分野を中心に、今後多様化していく建築産業や不動産業にも対応した実践的な知識・技術を学びます。ストック社会・成熟社会の中で建築の専門知識を武器に、多方面で活躍できる人材を育成します。

薬学部

薬学部はきめ細かい指導により、薬剤師国家試験において極めて高い合格率を維持しています。2018年2月に実施された第103回薬剤師国家試験でも、新卒合格率は94.9%(全国平均84.9%)、新卒・既卒及びその他を含めた総合合格率は88.8%(同70.6%)という成果をあげています。また、2018年2月に実施された第64回臨床検査技師国家試験においても、新卒者5名が受験し4名が合格しました(薬系大学の新卒合格率は51.2%)。

医療薬学科(6年制)
医療薬学科(6年制)

薬剤師の国家資格取得をめざす人のための学科。薬学を総合的に深く学んだうえで、2つの総合病院をもつネットワークを生かした実務実習を実施。医師、看護師等とチーム医療を担える知識や技術を身につけます。さらに病院・薬局実務実習を通して、地域医療に貢献できる人材を育成します。

創薬科学科(4年制)
創薬科学科(4年制)

グローバル化に対応するため、専門英語やキャリア形成のための薬学に関連した幅広い知識や技術を身につけます。さらにゲノム創薬、再生医療などの最先端の研究、サプリメントや化粧品などの研究開発を行うことができる人材を育成します。

文芸学部

文学や歴史の世界に惹かれる学生、創作舞踊やアート作品制作に夢中になる学生など、文芸学部には個性豊かな人が集まっています。教授陣は各分野の第一線で活躍するクリエイターや研究者たち。創作や研究の面白さを学び、創造力と思考力を身につけることができます。さらに学内外での公演や展覧会、発表の機会も豊富で、チームをまとめる力やプレゼンテーション能力を磨けます。

文学科
文学科

【日本文学専攻】
●創作・評論コース
文学の創作や批評技術を学習。小説や雑誌の制作など、学んだことを生かすための実習も多彩です。
●言語・文学コース
日本語を通してコミュニケーションや言語の本質を学習。文学や表現などを学び「語り合うこと・読むこと」を探求します。

【英語英米文学専攻】
英米の文学研究を軸に異文化を理解。高度な英語力を身につけるだけでなく、日本語力の強化も重視しています。

芸術学科
芸術学科

【舞台芸術専攻】
「演劇創作系」「舞踊創作系」「戯曲創作系」「TOP系(Theatre OrganizationPlanning)」の4つの学びの角度から、演劇や舞踊等の舞台芸術について作品の創作から批評・研究まで本格的に学びます。舞台芸術は“人間”が素材の総合芸術。人に関わる全てのことを学び、未来を切り開く豊かな表現力を培います。

【造形芸術専攻】
造形系の8ゼミ、研究系の1ゼミがあります。1・2年次に複数のゼミを経験したうえで、3年次より主ゼミ1つに絞り込み、造形系ゼミでは卒業制作、研究系ゼミでは卒業論文に取り組みます。少人数ゼミナール制で「感じる・考える・創り出す」を繰り返し、幅広い発想力・問題意識を身につけます。

文化・歴史学科
文化・歴史学科

古代から戦国時代、近現代までの日本の歴史、古代エジプト、東・西ヨーロッパ、東アジアなどの世界各地の歴史、地方の祭りから、現代のテレビやマンガを含むサブカルチャー、思想や倫理、ジェンダーまで、文化と歴史に関するテーマを幅広く扱います。フィールドに出て、地域の文化資源を探索、発信する活動も盛んです。興味に応じて授業を選ぶことで、決まった文化概念にとらわれず、多彩なテーマで自由に研究できます。

文化デザイン学科
文化デザイン学科

人間の様々な文化活動を社会につなげて生かすためのシステムを考え、創り、実践することを目的として、その知識と方法を学びます。感性学系・デザイン系・プロデュース系の3つの科目を横断的に履修しながら、自分の専門分野を徐々に決定できるようなカリキュラム構成になっています。1・2年次はすべての系を総合的に学び、3年から一つの系にしぼって専門的に掘り下げます。また、ゼミだけでなく、産官学連携プロジェクトに実践的に取り組む機会も設けています。

総合社会学部

世の中の「不思議」を社会学的に解き明かすのが総合社会学部。ファッションの流行から地球規模の環境問題まで、あらゆる社会現象が学びの対象です。授業では独自に調査・分析する実習が豊富。さらに対話重視の少人数ゼミを1年次から始めるので、コミュニケーション能力も身につきます。マスコミ志望の人、心理学に興味がある人、環境やまちづくりに関心のある人などに向けて、最高の学びの環境を整えています。

総合社会学科
総合社会学科

【社会・マスメディア系専攻】
現代が抱える諸問題の分析や研究を行うとともに、自分の考えを正確に書き、伝える能力を養成。時事教養力も強化します。3年次に社会の仕組みを学ぶ「現代社会」と多様なマスメディア業界への就職をめざす「マスメディア」の2つからコースを選択します。

【心理系専攻】
カウンセラ一、公務員、教員など、人にかかわる多彩な仕事・資格に結びつくのが心理学。幅広い研究領域を系統的に学ぶことを通して、心や行動に対する科学的な見方や、人や動物、社会に対する洞察力を深めます。調査や実習も豊富です。

【環境・まちづくり系専攻】
具体的なまちや地域を対象に、持続可能なまちづくり・環境づくりのための知識や技術を学習します。地理学、環境情報学、都市・地域計画学、環境政策学などを基盤に、協働など21世紀にふさわしい新しい方法でまちづくりを担う人材を養成します。

国際学部

1年間の留学プログラムを通じて、実用的な語学運用能力と国際感覚、自主性が育まれます。留学前の語学トレーニングに加え、留学中、帰国後もしっかりサポート。早期に留学することで、帰国後、専門科目、教養・キャリア教育に集中でき、卒業後の将来への準備がしやすくなります。

国際学科
国際学科

【グローバル専攻】
全学生が1年間の留学プログラムでアメリカに留学。帰国後は文化・地域・コミュニケーションなどの授業を英語で受講できるだけでなく、ベルリッツコーポレーションのノウハウを生かしてビジネス英語も徹底的に学びます。

【東アジア専攻 中国語コース・韓国語コース】
全学生が1年間の留学プログラムで中国、韓国、台湾のいずれかに留学。留学中、帰国後に、英語もしっかり学習することで、3カ国語を操るビジネスパーソンをめざします。

農学部

世界で初めて成功したクロマグロの完全養殖やバイオ燃料の開発など、最先端の研究を数多く行っている農学部。農学にとどまらず、水産学やバイオサイエンスなどの幅広い学問分野から、食や環境、健康といった諸問題にアプローチします。卒業後は専門知識を生かし、食品メーカーなどでの研究や商品開発に携わったり、医薬情報担当者(MR)や管理栄養士として医療現場で活躍したりと、多彩な進路が開かれています。

農業生産科学科
農業生産科学科

「生物現象の探究(探る)」「農産物の生産(作る)」「アグリビジネスへの展開(儲ける)」「先端農業への挑戦(尖る)」の4つの視点をもとに教育・研究を展開。農を取り巻く多様な生物現象のメカニズムを探究・解明するとともに、現場で役立つ生産・防除技術の開発や新品種の育成、持続可能な農業経営モデルの考案と起業家・実務家・地域リーダ一等の育成についても取り組みます。これらの取り組みを基に、近畿大学ならではの農学を追究します。

水産学科
水産学科

食品だけではなく医薬品や工業用材料、エネルギーなどにも海洋資源が利用されるようになり、その一方で海洋の環境汚染が問題となっている現在、水産業の重要性はますます高まっています。水産学科では、生物、増養殖、漁業、水産加工業、流通など水域の食糧生産にかかわる学問分野から、水域生態系の評価・保護・改善・修復・共生などの環境保全分野まで、幅広い分野の教育を進めています。

応用生命化学科
応用生命化学科

化学と生物の力で、「豊かな暮らし」を実現する応用研究を行っています。生命・資源・食糧・環境の4つの柱のもとに機能性食品の開発、微生物代謝物や未利用植物資源の創薬等への活用、環境に優しい農薬の創製、マツタケ人工栽培の挑戦、木材資源の保全と有効活用など、生物の特性を生かした「役に立つ」研究を行っています。

食品栄養学科(管理栄養士養成課程)
食品栄養学科(管理栄養士養成課程)

人間生活の基礎要素である食・栄養・健康に関する問題を基礎から応用まで研究するとともに、管理栄養士養成課程として地域、福祉、医療などの現場で活躍できる人材を育成。臨床系科目を多く取り入れたカリキュラムを設定し、総合力のある管理栄養士を養成しています。また医学部や附属病院、薬学部と連携した実習を行うなど、総合大学のメリットを最大限に活用。附属 病院での栄養指導や実習などで実践力を磨きます。

環境管理学科
環境管理学科

陸域の絶滅危惧種の保全や多様な水生生物の調査、食品工場の環境衛生管理、環境の修復、緑化、途上国における環境保全と利用などといった研究を展開。また、これらを具体化するための政策立案など、環境問題に様々な角度からアプローチし、世界を舞台に活躍できる環境マネジメント能力を持つ人材を養成します。

生物機能科学科
生物機能科学科

「何かを自分の手で作り出したい」「新しい技術を開発したい」そんな意気込みのある人に最適な学科です。ユーグレナによるジェット燃料生産や、iPS細胞を利用した再生医療の技術開発のほか、クローン動物、ゲノム創薬、天然物創薬、遺伝子治療、病害・ストレス耐性植物などの実現をめざした技術開発に注力しています。

医学部

近畿大学医学部は、関西私立総合大学では唯一の医学部です。附属病院を併設し、地域医療を支える拠点としても存在感が高まっています。優秀な医師を育てる実践的なカリキュラムを用意しており、病院実習や少人数のグループディスカッションと自習を繰り返す「テュートリアルシステム」などを導入し、実践力と問題解決力を身につけます。このほか、海外の大学への短期留学制度や医師国家試験対策など、学ぶ意欲を支える体制が万全です。

医学科
医学科

医師や研究機関などで働く医学者をめざすための6年制の学科です。内科学や外科学、小児科学、放射線医学など、医学全般を学びます。附属病院が隣接するというメリッ卜を生かし、1年次から実際の医療現場で患者さんと接する実習が始まります。また、指導医について臨床実習を行う「クリニカル・クラークシップ」は、指導医1人に対して学生が数人という少人数制を徹底。丁寧な指導を経て、卒業試験、さらに医師国家試験に臨むことができます。

生物理工学部

理学から農学、工学、医学まで幅広い学問分野が融合した新領域の最先端研究が行われています。クローン技術を用いて絶滅動物を復元するための遺伝子工学研究に取り組んだり、生命現象の総合的な解析を通して医療や福祉機器の設計や開発に応用しようとする試みがなされています。さらに、学部内に設置されたスーパーコンピュータにより、最先端の情報技術の応用にも挑戦しています。充実した環境で得られた知見を応用し、医療、福祉、食の安全などに貢献します。

生物工学科
生物工学科

植物や微生物を研究対象として、生き物が持つ優れた働きを食糧生産や環境保全などの問題解決に役立てます。生物工学の技術はエネルギーや医療の分野でも必要とされており、自分の興味を高度な研究へと高めることができます。

遺伝子工学科
遺伝子工学科

生命活動がどのようにして保たれるかを、遺伝子、タンパク質、細胞、個体のレベルで理解します。特に遺伝子工学や体外受精の技術を修得。医療・創薬・食物生産・環境保全の分野で活躍する人材を育成します。

食品安全工学科
食品安全工学科

食品に混入する有害化学物質や病原菌などのリスク要因の把握と管理により「食の安全」を守り、食の機能を引き出す知識と技術を持った人材を育成します。食品の生産や製造加工、食品衛生の分野での活躍が期待されます。

生命情報工学科
生命情報工学科

生命や生体の機能をシステムとして理解するために、プログラミングを中心に、シミュレーション技術や信号解析などの高度な情報技術を学びます。医療や福祉など、暮らしを豊かにするためのシステム開発への応用をめざします。

人間環境デザイン工学科
人間環境デザイン工学科

21世紀の福祉・ユニバーサル社会のために、人にやさしい生活関連機器やその周りの環境をデザインする能力を育てます。指定科目の単位修得で二級建築士(国家資格)の受験資格を取得できます。

医用工学科
医用工学科

人工心肺や血液浄化装置、医療情報システムのようなソフトウェア等、先端医療機器の設計開発を担うエンジニアをめざします。指定科目の修得で臨床工学技士(生命維持管理装置の操作等を行う医療資格)国家試験の受験が可能です。

工学部

すばらしい発見も、生活に取り入れる方法がなければ私たちのもとには届きません。科学を製品やサービスに応用するにはどうしたらいいかを考えるのが工学です。工学部では科学技術を社会に生かすプロをめざします。最新の技術を使って車の安全性を高めたり、映像技術を応用してシステム開発をしたり、生活のあらゆる場面が活躍の舞台。機械、情報、食品、建築などの分野について学び、卒業生の多くが製造業を中心とした専門分野に進んでいます。

化学生命工学科
化学生命工学科

化学から生物工学まで幅広く学ぶ「生物化学コース」、化学、生物工学、環境化学等の各学問領域を基礎から応用まで深く学ぶ「環境化学コース」、食品成分と生体機能との関わりや食品衛生について基礎から応用までを学ぶ「食品科学コース」の3コースがあります。

機械工学科
機械工学科

ものづくり産業で使われる機械を設計・開発できる技術者をめざします。機械設計を学ぶ「機械設計コース」、機械を動かすのに必要なエネルギーを学ぶ「エネルギー機械コース」の2コースがあります。

ロボティクス学科
ロボティクス学科

ロボットを製作するための基礎を学ぶ「ロボット設計コース」と、ロボットを動かすための基礎を学ぶ「ロボット制御コース」の2コースに分かれています。ロボットに関する技術は、製造業だけでなく福祉などあらゆる分野での応用が期待されており、機構から設計、組立て、制御システムまでを幅広く学びます。

電子情報工学科
電子情報工学科

コンピュータのハードウェアとソフトウェアやネットワークについて基礎から応用まで学び、IoTなどの最新技術に対応できるエンジニアやICTスペシャリストをめざします。「電気電子コース」「情報通信コース」の2コースで専門性を高めます。

情報学科
情報学科

私たちの生活を豊かにしてくれる情報システムを企画・設計・構築・運用するための知識と技術を学ぶ「情報システムコース」と、映像や音響の情報処理技術を学ぶ「情報メディアコース」があります。高度情報化社会になくてはならない情報処理技術者を育成します。

建築学科
建築学科

建築士やインテリアプランナーが目標。構造や環境にも配慮した建築を学ぶ「建築学コース」、快適な空間を創造する「インテリアデザインコース」の2コースがあり、全国的なデザインコンペ入賞者も多数います。

産業理工学部

文系1学科、理系4学科を設置する産業理工学部。少人数学部ならではのきめ細かい教育環境のもと、「食品」「エネルギー」「環境」「情報」「マネジメント」をキーワードに、文系・理系の各専門分野を横断した研究で、産学連携や地域貢献など、学生が能動的に学修できる場を提供しています。その結果、毎年全国トップクラスの就職実績を誇り、「就職に強い学部」として評価されています。

生物環境化学科
生物環境化学科

生物、環境、化学をベースに、機能性食品や新薬の開発、環境浄化など最新テクノロジーを学びます。バイオサイエンス、医療、食品、環境、新素材、エネルギー分野のスペシャリストをめざし、2年次に「バイオサイエンス」「食品生物資源」「エネルギー・環境」からコースを選択します。

電気電子工学科
電気電子工学科

電気工学、電子工学、情報・通信工学の暮らしに直結した基幹技術を基礎から応用まで学びます。2年次に「応用エレクトロニクス」「エネルギー・環境」「情報通信」からコースを選択し、電力・電気設備業、電気情報系サービス業、製造業などで活躍できる人材を育成します。

建築・デザイン学科
建築・デザイン学科

建築構造、建築生産、建築設計、建築環境、デザインなど、第一線で活躍するプロによる指導も実施。3年次に「建築工学」「建築・デザイン」からコースを選択します。実践的な知識や技術を習得し、住宅や店舗などの建築設計から、まちづくり、インテリアデザインまで、即戦力となる人材を育成します。

情報学科
情報学科

情報を自在に活用し、役立てるため、情報技術の基礎から応用までを幅広く学びます。2年次に「情報エンジニアリング」「メディア情報」「データサイエンス」からコースを選択。高度情報化社会を支える情報エキスパートを育成します。

経営ビジネス学科
経営ビジネス学科

企業、地方自治体、市民団体など、様々な組織をマネジメントする能力を養うため、経営学、会計学、マーケティング、人間工学、コミュニケーションなどの幅広い専門領域について学習します。2年次に「経営マネジメント」「グローバル経営」からコースを選択します。

近畿大学をもっと知るなら!

近畿大学のパンフをもらおう

さんぽう専門学校をもっと詳しく知るなら!パンフレットをもらう

入試方法・学費

法学部 法律学科
[募集人員]500名
[初年度納入金]136万2300円


経済学部 経済学科
[募集人員]420名
[初年度納入金]136万2400円

入試種類
推薦入試(一般公募)/一般入試・前期(A日程)/一般入試・前期(B日程)/PC方式(前期)/一般入試・後期/PC方式(後期)/C方式<大学入試センター試験利用>

オープンキャンパス

近畿大学のオープンキャンパス

オープンキャンパス
<内容> ●入試概要説明 ●ミニ講義 ●学部説明 ●受験生対象イベント(…

近畿大学をもっと知るなら!
  • パンフレットをもらおう

ページトップへ