名古屋造形大学 入試方法・学費

大学の情報検索なら[さんぽう進学ネット]

名古屋造形大学

ナゴヤゾウケイダイガク

大学愛知県

  • パンフレットをもらおう

入試方法・学費

募集人員・初年度納入金

学科・コース 修業年限 男女 募集人員 初年度納入金
美術・日本画コース 4年制 男女 40名(美術4コース全体) 166万円
美術・洋画コース 4年制 男女 40名(美術4コース全体) 166万円
美術・彫刻コース 4年制 男女 40名(美術4コース全体) 166万円
美術・コンテンポラリーアートコース 4年制 男女 40名(美術4コース全体) 166万円
アニメーション・CGコース 4年制 男女 20名 166万円
マンガコース 4年制 男女 30名 166万円
グラフィックデザインコース 4年制 男女 30名 166万円
イラストレーションデザインコース 4年制 男女 30名 166万円
メディアデザインコース 4年制 男女 30名 166万円
建築・インテリアデザインコース 4年制 男女 25名 166万円
ライフデザインコース 4年制 男女 20名 166万円
ジュエリーデザインコース 4年制 男女 15名 166万円

※平成30年度入学定員変更予定(届出)

AO入学試験(ワークショップ型・レポート型)
出願期間
未定
試験日
平成29年8月26日(土)
平成29年8月27日(日)
※レポート型は26日(土)のみ
選考方法
<ワークショップ型>
【美術コース】
「描いて、貼って、組み合わせる」

【アニメーション・CGコース】
「アニメーション制作」

【マンガコース】
「ストーリーマンガを描く」

【グラフィックデザインコース】
「ポスターをデザインする」

【イラストレーションデザインコース】
「イラストレーション制作」

【メディアデザインコース】
「携帯端末を使ったサービスの企画をプランニングする」

【ライフデザインコース】
「未来のデザイン」

【ジュエリーデザインコース】
「オリジナルデザインリング制作」

<レポート型>
【建築・インテリアデザインコース】
デザインとして評価している建築物又はインテリア空間(空港や駅、学校、美術館、図書館、飲食店、住宅等)について

※各試験の詳細は入学試験要項をご確認ください。
出願資格・条件
下記1~2の条件をすべて満たす者。
1.次のいずれかに該当する者、または2018年3月31日までに該当する見込みの者。
(1)高等学校または中等教育学校を卒業した者。
(2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者、または通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者。
(3)専修学校の高等課程(修行年限が3年以上であること。その他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者。
(4)高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者(大学入学資格検定に合格した者を含む)。
(5)その他文部科学大臣の指定した者。
2.出願可と認定された後、本学を第一志望(専願)で出願できる者。
その他・注意事項
実技推薦入学試験(実技型)
出願期間
未定
試験日
平成29年11月4日(土)
選考方法
【デッサン型】静物(卓上モチーフ)鉛筆デッサン 画用紙B3・面接
【マンガ型】マンガ実作 鉛筆 2頁
【学科型】国語・数学から1科目選択
出願資格・条件
次のいずれかに該当する者、または2018年3月31日までに該当する見込みの者。
1.高等学校または中等教育学校を卒業した者。
2.通常の課程による12年の学校教育を修了した者、または通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者。
3.専修学校の高等課程(修行年限が3年以上であること。その他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者。
4.高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者(大学入学資格検定に合格した者を含む)。
5.その他文部科学大臣の指定した者。
その他・注意事項
・学費免除特待生選出あり
・他校との併願可能
一般入学試験(前期日程)実技型
出願期間
未定
試験日
平成30年2月1日(木)
選考方法
【デッサン型】
<実技課題+学科試験(1科目)>
・静物(卓上モチーフ)鉛筆デッサン 画用紙B3
・学科試験
国語・英語・数学・ストーリー構築の4科目から1科目を選択
・面接
<実技課題+色彩構成>
・静物(卓上モチーフ)鉛筆デッサン 画用紙B3
・色彩構成
与えられたテーマを色彩構成で表現 ケント紙B3 ポスターカラー
・面接

【マンガ型】
<実技課題+学科試験(1科目)>
・マンガ実作 鉛筆 2頁
・学科試験
国語・英語・数学・ストーリー構築の4科目から1科目を選択
・面接

【学科型】
<学科試験(2科目)>
・学科試験
国語・英語・数学・ストーリー構築の4科目から2科目を選択
・面接

【美術型】
※美術コースのみ
<実技課題+学科試験(1科目)>
・静物(囲みモチーフ)鉛筆デッサン
油彩/キャンバス(12号F)、水彩/画用紙(木炭紙大)、木炭/木炭紙
・面接
出願資格・条件
次のいずれかに該当する者、または2018年3月31日までに該当する見込みの者。
1.高等学校または中等教育学校を卒業した者。
2.通常の課程による12年の学校教育を修了した者、または通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者。
3.専修学校の高等課程(修行年限が3年以上であること。その他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者。
4.高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者(大学入学資格検定に合格した者を含む)。
5.その他文部科学大臣の指定した者。
その他・注意事項
・学費免除特待生選出あり
一般入学試験(前期日程)センタープラス型実技選択
出願期間
未定
試験日
平成30年2月1日(木)
選考方法
【デッサン型】
<実技課題+学科試験(1科目)>
・静物(卓上モチーフ)鉛筆デッサン 画用紙B3
・学科試験
センター試験の科目から上位1科目を利用
・面接

【マンガ型】
<実技課題+学科試験(1科目)>
・マンガ実作 鉛筆 2頁
・学科試験
センター試験の科目から上位1科目を利用
・面接

※センター試験利用科目
●国語:国語(近代以降の文章または古文または漢文)
●外国語:「英語(リスニングの成績は使用しない)」、「ドイツ語」、「フランス語」、「中国語」、「韓国語」
●地理歴史:「世界史A」、「世界史B」、「日本史A」、「日本史B」、「地理A」、「地理B」
●公民:「現代社会」、「倫理」、「政治・経済」、「倫理、政治・経済」
●数学:「数学I」、「数学I・数学A」、「数学II」、「数学II・数学B」、「工業数理基礎」、「簿記・会計」、「情報関係基礎」「旧数学I(旧課程)」、「旧数学I・旧数学A(旧課程)」、「旧数学II・旧数学B(旧課程)」
●理科:「物理基礎」、「化学基礎」、「生物基礎」、「地学基礎」、「物理」、「化学」、「生物」、「地学」、「理科総合A(旧課程)」、「理科総合B(旧課程)」、「物理I(旧課程)」、「化学I(旧課程)」、「生物I(旧課程)」、「地学I(旧課程)」

上位1科目の選出方法/国語の古文、漢文と外国語は100点満点に換算し、上位1科目を選出します。
(「物理基礎」、「化学基礎」、「生物基礎」、「地学基礎」については、2科目の合計で1科目とします。)
(旧課程)の記載のある科目は、平成27年度に旧課程科目でセンター試験を受験された方のみ対象となります。
出願資格・条件
次のいずれかに該当する者、または2018年3月31日までに該当する見込みの者。
1.高等学校または中等教育学校を卒業した者。
2.通常の課程による12年の学校教育を修了した者、または通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者。
3.専修学校の高等課程(修行年限が3年以上であること。その他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者。
4.高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者(大学入学資格検定に合格した者を含む)。
5.その他文部科学大臣の指定した者。
6.平成29年度過年度成績請求票または平成30年度の大学入試センター試験の成績請求票を提出できる者。
その他・注意事項
・学費免除特待生選出あり
・平成30年度大学入試センター試験は、2018年1月13日(土)・14日(日)です。
一般入学試験(後期日程)実技型
出願期間
未定
試験日
平成30年3月22日(木)
選考方法
【デッサン型】
<実技課題+学科試験(1科目)>
・静物(卓上モチーフ)鉛筆デッサン 画用紙B3
・面接

【マンガ型】
<実技課題+学科試験(1科目)>
・マンガ実作 鉛筆 2頁
・面接

【作品持参型】
・作品面接
志願者が高校1年次から受験時(3月)の間に1人で制作した作品3点を持参
出願資格・条件
次のいずれかに該当する者、または2018年3月31日までに該当する見込みの者。
1.高等学校または中等教育学校を卒業した者。
2.通常の課程による12年の学校教育を修了した者、または通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者。
3.専修学校の高等課程(修行年限が3年以上であること。その他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者。
4.高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者(大学入学資格検定に合格した者を含む)。
5.その他文部科学大臣の指定した者。
その他・注意事項
・学費免除特待生選出あり
センター利用入学試験
出願期間
試験日
独自試験は行いません
選考方法
大学入試センター試験利用科目
〔前期・中期センター型〕
上位2科目もしくは3科目いずれかを選択して利用できます。
〔後期センター型〕
上位1科目のみ利用できます。

※センター試験利用科目(下記の科目から利用)
●国語:国語(近代以降の文章または古文または漢文)
●外国語:「英語(リスニングの成績は使用しない)」、「ドイツ語」、「フランス語」、「中国語」、「韓国語」
●地理歴史:「世界史A」、「世界史B」、「日本史A」、「日本史B」、「地理A」、「地理B」
●公民:「現代社会」、「倫理」、「政治・経済」、「倫理、政治・経済」
●数学:「数学I」、「数学I・数学A」、「数学II」、「数学II・数学B」、「工業数理基礎」、「簿記・会計」、「情報関係基礎」「旧数学I(旧課程)」、「旧数学I・旧数学A(旧課程)」、「旧数学II・旧数学II・旧数学B(旧課程)」
●理科:「物理基礎」、「化学基礎」、「生物基礎」、「地学基礎」、「物理」、「化学」、「生物」、「地学」、「理科総合A(旧課程)」、「生物I(旧課程)」、「地学I(旧課程)」

※上位科目の選出方法/国語の古文、漢文と外国語は100点満点に換算し、上位1科目を選出します。
(「物理基礎」、「化学基礎」、「生物基礎」、「地学基礎」については、2科目の合計で1科目とします。)
出願資格・条件
次のいずれかに該当する者、または2018年3月31日までに該当する見込みの者。
1.高等学校または中等教育学校を卒業した者。
2.通常の課程による12年の学校教育を修了した者、または通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者。
3.専修学校の高等課程(修行年限が3年以上であること。その他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者。
4.高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者(大学入学資格検定に合格した者を含む)。
5.その他文部科学大臣の指定した者。
6.平成29年度過年度成績請求票または平成30年度の大学入試センター試験の成績請求票を提出できる者。
その他・注意事項

名古屋造形大学をもっと知るなら!

名古屋造形大学のパンフをもらおう

さんぽう専門学校をもっと詳しく知るなら!パンフレットをもらう

学部・学科・コース

名古屋造形大学の学部学科コース

美術・日本画コース
1年前期に描写、色彩、空間・立体の基礎を学び、造形力の基礎を確実に習得します。 …

名古屋造形大学の学部学科コース

美術・洋画コース
1年前期に描写、色彩、空間・立体の基礎を学び、造形力の基礎を確実に習得します。 …

名古屋造形大学をもっと知るなら!
  • パンフレットをもらおう

ページトップへ