名古屋経営短期大学 入試方法・学費

短期大学(短大)の情報検索なら[さんぽう進学ネット]

名古屋経営短期大学

ナゴヤケイエイタンキダイガク

短期大学愛知県

  • パンフレットをもらおう

入試方法・学費

募集人員・初年度納入金

学科・コース 修業年限 男女 募集人員 初年度納入金
未来キャリア学科 2年制 男女 100名 1,338,000円
健康福祉学科 2年制 男女 60名 1,338,000円
子ども学科 3年制 男女 80名 1,338,000円

指定校推薦入学試験(専願)
出願期間
I期:平成27年10月 8日(木)~10月26日(月)
II期:平成27年11月11日(水)~11月20日(金)
試験日
I期:平成27年11月 3日(火祝)
II期:平成27年11月28日(土)
選考方法
・面接
・書類審査
出願資格・条件
1.評定平均値が指定校推薦の基準に達しており、人物的にも優れ、指定高等学校長の推薦を得られる者

2.次のいずれかに該当する者
(1)高等学校卒業者及び平成28年3月卒業見込みの者
(2)高等学校若しくは中等教育学校を卒業した者若しくは通常の課程による12年の学校教育を修了した者(通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者を含む。)又は文部科学大臣の定めるところにより、これと同等以上の学力があると認められた者及び平成28年3月31日までに卒業見込みの者
(3)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者
(4)専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者
(5)文部科学大臣が指定した者
(6)高等学校卒業程度認定試験規則による文部科学大臣の行う高等学校卒業程度認定試験に合格した者(旧規定による大学入学資格検定に合格した者を含む。)
(7)相当年齢に達し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると本学において認めた者
その他・注意事項
特別推薦入学試験(専願)
出願期間
I期:平成27年10月 8日(木)~10月26日(月)
II期:平成27年11月11日(水)~11月20日(金)
試験日
I期:平成27年11月 3日(火祝)
II期:平成27年11月28日(土)
選考方法
・面接
・書類審査
出願資格・条件
1.資格試験に取り組んだ者、部活動、生徒会など多方面で活躍した者、高等学校長の推薦を得られる者
[スポーツ:全学科]
スポーツ活動に積極的に取り組み、高校での部活動や地域の団体に所属し、技術・能力に優れている者

[資格:全学科]
下記の資格のいずれか(又はそれに準ずる資格)に合格した者
●日商簿記検定2級以上 ●全商簿記検定1級 ●全経簿記検定1級
●全商情報処理検定1級 ●全工情報検定1級 ●英検準2級以上
●情報処理技術者試験「基本情報技術者」、「ITパスポート」(旧初級システムアドミニストレーター試験)以上、。
●全国高等学校家庭科被服製作技術(和服・洋服)2級
●全国高等学校家庭科食物調理技術検定 ●訪問介護員2級

[一芸一能:全学科]
社会活動、学校活動、文化活動、ボランティア活動、芸術、文化、語学などの諸活動に積極的に取り組んだ者。

[男子:子ども学科]
学業成績だけでなく、学びたい意欲の高い、好奇心旺盛な男子。保育士、幼稚園教諭に必要な資質である、子どもが好きで明朗活発な男子。

[男子:健康福祉学科]
介護福祉士として、その業務に従事することを目指す明朗活発な男子。

2.次のいずれかに該当する者。
(1)高等学校卒業者及び平成28年3月卒業見込みの者
(2)高等学校若しくは中等教育学校を卒業した者若しくは通常の課程による12年の学校教育を修了した者(通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者を含む。)又は文部科学大臣の定めるところにより、これと同等以上の学力があると認められた者及び平成28年3月31日までに卒業見込みの者
(3)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者
(4)専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者
(5)文部科学大臣が指定した者
(6)高等学校卒業程度認定試験規則による文部科学大臣の行う高等学校卒業程度認定試験に合格した者(旧規定による大学入学資格検定に合格した者を含む。)
(7)相当年齢に達し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると本学において認めた者
その他・注意事項
公募推薦入学試験(併願可)
出願期間
I期:平成27年10月8日(木)~10月26日(月)
II期:平成28年1月29日(金)~2月8日(月)
試験日
I期:平成27年11月3日(火祝)
II期:平成28年2月13日(土)
選考方法
・面接
・書類審査
・小論文(40分 600字)
出願資格・条件
1.出身高等学校等の校長から推薦を受けた者

2.次のいずれかに該当する者
(1)高等学校卒業者及び平成28年3月卒業見込みの者
(2)高等学校若しくは中等教育学校を卒業した者若しくは通常の課程による12年の学校教育を修了した者(通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者を含む。)又は文部科学大臣の定めるところにより、これと同等以上の学力があると認められた者及び平成28年3月31日までに卒業見込みの者
(3)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者
(4)専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者
(5)文部科学大臣が指定した者
(6)高等学校卒業程度認定試験規則による文部科学大臣の行う高等学校卒業程度認定試験に合格した者(旧規定による大学入学資格検定に合格した者を含む。)
(7)相当年齢に達し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると本学において認めた者
その他・注意事項
自己推薦入学試験(併願可)
出願期間
I期:平成27年11月11日(水)~11月20日(金)
II期:平成27年11月27日(金)~12月7日(月)
III期:平成28年2月19日(金)~2月29日(月)
試験日
I期:平成27年11月28日(土)
II期:平成27年12月12日(土)
III期:平成28年3月5日(土)
選考方法
・面接
・書類審査
・自己推薦書
出願資格・条件
1.自分自身を推薦し、自己PRをすることができる者

2.次のいずれかに該当する者。男女を問わない。
(1)高等学校卒業者及び平成28年3月卒業見込みの者
(2)高等学校若しくは中等教育学校を卒業した者若しくは通常の課程による12年の学校教育を修了した者(通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者を含む。)又は文部科学大臣の定めるところにより、これと同等以上の学力があると認められた者及び平成28年3月31日までに卒業見込みの者
(3)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者
(4)専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者
(5)文部科学大臣が指定した者
(6)高等学校卒業程度認定試験規則による文部科学大臣の行う高等学校卒業程度認定試験に合格した者(旧規定による大学入学資格検定に合格した者を含む。)
(7)相当年齢に達し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると本学において認めた者
その他・注意事項
一般入学試験(併願可)
出願期間
平成28年1月18日(月)~1月27日(水)
試験日
平成28年2月2日(火)
選考方法
[2科目受験]
・学力試験
  国語総合(古文及び漢文を除く)、英語Iの2科目を受験し、2科目のうち高得点の1科目にて判定
・面接
・調査書

[1科目受験]
・学力試験
  国語総合(古文及び漢文を除く)、英語Iより1科目選択
・面接
・調査書
出願資格・条件
次のいずれかに該当する者。男女を問わない。
(1)高等学校卒業者及び平成28年3月卒業見込みの者
(2)高等学校若しくは中等教育学校を卒業した者若しくは通常の課程による12年の学校教育を修了した者(通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者を含む。)又は文部科学大臣の定めるところにより、これと同等以上の学力があると認められた者及び平成28年3月31日までに卒業見込みの者
(3)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者
(4)専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者
(5)文部科学大臣が指定した者
(6)高等学校卒業程度認定試験規則による文部科学大臣の行う高等学校卒業程度認定試験に合格した者(旧規定による大学入学資格検定に合格した者を含む。)
(7)相当年齢に達し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると本学において認めた者
その他・注意事項
集合時間:試験開始20分前には試験場へ集合すること

1科目受験:学力試験は、当日、試験問題をみて【国語総合、英語I】どちらかを決定する
2科目受験:昼食を必ず持参すること
AO入学試験
出願期間
I期:平成27年9月24日(木)~10月5日(月)
II期:募集要項参照
試験日
随時
選考方法
・エントリーシート
・調査書
・面談
出願資格・条件
1.事前にAO入試にエントリーして、出願認定を受けていること
2.次のいずれかに該当する者。男女を問わない。
(1)高等学校卒業者及び平成28年3月卒業見込みの者
(2)高等学校若しくは中等教育学校を卒業した者若しくは通常の課程による12年の学校教育を修了した者(通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者を含む。)又は文部科学大臣の定めるところにより、これと同等以上の学力があると認められた者及び平成28年3月31日までに卒業見込みの者
(3)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者
(4)専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者
(5)文部科学大臣が指定した者
(6)高等学校卒業程度認定試験規則による文部科学大臣の行う高等学校卒業程度認定試験に合格した者(旧規定による大学入学資格検定に合格した者を含む。)
(7)相当年齢に達し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると本学において認めた者
その他・注意事項
シニア社会人入学試験
出願期間
I期:平成27年10月8日(木)~10月26日(月)
II期:平成28年1月8日(金)~1月18日(月)
III期:平成28年1月29日(金)~2月8日(月)
IV期:平成28年2月19日(金)~2月29日(月)
試験日
I期:平成27年11月3日(火祝)
II期:平成28年1月23日(土)
III期:平成28年2月13日(土)
IV期:平成28年3月5日(土)
選考方法
出願資格・条件
次のいずれかに該当する者。男女を問わない。
(1)高等学校卒業者及び平成28年3月卒業見込みの者
(2)高等学校若しくは中等教育学校を卒業した者若しくは通常の課程による12年の学校教育を修了した者(通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者を含む。)又は文部科学大臣の定めるところにより、これと同等以上の学力があると認められた者及び平成28年3月31日までに卒業見込みの者
(3)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者
(4)専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者
(5)文部科学大臣が指定した者
(6)高等学校卒業程度認定試験規則による文部科学大臣の行う高等学校卒業程度認定試験に合格した者(旧規定による大学入学資格検定に合格した者を含む。)
(7)相当年齢に達し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると本学において認めた者
その他・注意事項

名古屋経営短期大学をもっと知るなら!

名古屋経営短期大学のパンフをもらおう

さんぽう専門学校をもっと詳しく知るなら!パンフレットをもらう

学部・学科・コース

名古屋経営短期大学の学部学科コース

医療事務フィールド
医療・介護・調剤薬局の現場で必要となる知識と技術を学び、 医療に関わる事務のス…

名古屋経営短期大学の学部学科コース

ビジネス情報フィールド
パソコンを使用した技術や知識を実践的に学び、 プロの世界で活躍できるスぺシャリ…

名古屋経営短期大学をもっと知るなら!
  • パンフレットをもらおう

ページトップへ