広島国際大学 学部・学科・コース

大学の情報検索なら[さんぽう進学ネット]

広島国際大学

ヒロシマコクサイダイガク

大学広島県

  • パンフレットをもらおう

学部・学科・コース

【保健医療学部】 診療放射線学科

ますます高度化し、急速に進歩する放射線診療に対応できるよう、最新医療機器を導入。MRIやCTにおける画像診断の専門知識を深めるほか、日本有数の設備である「医療用リニアック(がん放射線治療装置)」などの高度な医療機器を備え、放射線治療の専門技術を修得します。また、チーム医療スタッフの一員として活躍できる基礎知識はもちろん、理工学的基礎などの関係領域を総合的に修得し、即戦力となる能力を備えた診療放射線技師を養成します。

【保健医療学部】  医療技術学科

命を救う医療の最前線で、冷静・的確に動く判断力、技術力、人間力を育てるため、知識はもちろんのこと、現場を想定した教育を行っています。

病気の発見から治療まで有機的に学び、臨床工学技士・臨床検査技師・救急救命士の資格取得をめざします。心身の状態や周囲の状況などを的確に判断できる、豊かな感性と人間性を備えた『チーム医療を担うスペシャリスト』を育成。実践的な学修で高度な医療技術とともに命の尊さ、大切さを学びます。

臨床工学専攻
臨床工学専攻

医学と工学の知識を身につけ、医療機器を介した患者さんと医師の橋渡し役に。

医療機器は年々、高度化、複雑化しています。医療現場ではこのような医療機器を正しく安全に扱い、整備・管理するとともに、医学と工学の視点から医療機器を介して患者さんと医師の橋渡し役ができる専門家である臨床工学技士のニーズが高まっています。

臨床検査学専攻
臨床検査学専攻

正確な臨床検査と分析を通して医療を支える専門家に。

臨床検査技師は、正確な臨床検査と正しい分析結果を提供する専門家。病院に限らず、予防医学センター、臨床検査センター、衛星検査所、製薬・食品・医療機器メーカー、保健所など、多くの場所で活躍することができます。

救急救命学専攻
救急救命学専攻

現場の状況に応じた判断力、行動力を兼ね備えた救急救命士へ。

救急救命士が身を置く医療の最前線は、「人間の命」に直接かかわり、現場に応じた柔軟な判断力と素早い行動力が必要とされています。また、救急救命士が行う医療行為の範囲が拡大されたことにより、医療への理解が深い救急救命士が求められています。

【総合リハビリテーション学部】 リハビリテーション学科

高度で幅広い専門知識、技能と応用・判断能力を持ち、豊かな人間性と確固とした倫理観を備えたリハビリ専門職の養成を目指す。

リハビリテーション学科は、医学的リハビリテーション分野における専門職業人を養成します。そのため理学療法学専攻、作業療法学専攻、言語聴覚療法学専攻の3専攻を置き、各専攻において国家資格取得を目指した教育課程を編成します。具体的には国家資格の取得はもとより、「少子高齢社会にも対応する多様なリハビリテーション技術(高齢者や 障害者の機能回復や、生活の自立及び社会参加を支援できる高度専門技術)を総合的に提供でき、すべての人々の健康と生活の質の向上を目的として、予防から治療までの幅広い専門知識と技術に裏打ちされた問題解決能力及び豊かな人間性を養った専門職業人として、社会に貢献できる人材の養成」を教育研究の目的としています。リハビリテーションを必要とする人々を支えるという仕事に従事する「責任」と「誇り」を持って、理学療法、作業療法、言語療法の発展に尽くし広く社会に貢献できる人材を養成していきます。
これら3専攻に加え、他の学科専攻と共に医療におけるチームワークを体得するために専門職連携教育にも力を入れています。

理学療法学専攻
理学療法学専攻

論理的な思考と実践的な学びで新しい技術に対応できる理学療法士へ。

現在、理学療法には新しい研究・技術の方法が数多く取り入れられています。これからは医療機関はもちろん、高齢者や障害のある方のための地域・在宅リハビリなど、理学療法士の活躍の場が広がると同時に、求められるスキルや知識も多様化しています。

作業療法学専攻
作業療法学専攻

「こころ」も「からだ」もサポートできるリハビリテーションの専門家に。

生活上の作業を通して、患者さんの身体機能はもちろん、心もサポートするのが作業療法士の仕事です。近年需要の高まっている認知症の改善や、遊びを通した子どものリハビリテーションなど、患者さんの生活を豊かにするための支援が求められています。

言語聴覚療法学専攻
言語聴覚療法学専攻

「話す」「聞く」「食べる」などの問題をサポートできるスペシャリストへ。

「ことば」や「聞こえ」のコミュニケーションや嚥下(えんげ=飲み込み)に障害のある方々の問題解決をお手伝いし、円滑な日常生活を送れるよう支援するのが言語聴覚士の仕事です。保健医療分野はもちろん、教育、福祉の分野にも活動の場が広がりつつあります。

【総合リハビリテーション学部】  リハビリテーション支援学科

障がいや怪我、高齢のために苦しむ方々の暮らしを、支援用具づくりの面から支援し、チーム医療に貢献できる人材の育成をめざします。

リハビリテーションは、動かなくなった手を動くようにするといった「機能の回復」だけではなく、その人が大事にしたい「生き方を回復する」ことを意味します。
リハビリテーションには、人による支援だけでなく、物による支援も必要です。例えば入院生活を送っていた人が自宅に戻るには、身体の機能回復をサポートするリハビリテーション機器、移動や食事、排泄など生活行動を助ける補助装置、住宅改造、場合によっては失った手や足の代わりとなる義手や義足なども、家族や友達との交流、趣味や仕事に復帰するための大事な「人生の一部」になるのです。
リハビリテーション支援学科では、医療現場と直結し患者さんを支える義肢装具士を養成。
体の一部を補う義手・義足だけではなく、痛みの軽減や治療、スポーツ選手のけが予防のためのサポーターなどを幅広く扱う義肢装具士。福祉用品に関する幅広い知識と技術を修得し、コミュニケーション能力を身につけ、患者さんに寄りそう義肢装具士を養成します。

義肢装具学専攻
義肢装具学専攻

医療現場に直結し、応用的分野にも対応できる義肢装具士に。

近年、リハビリテーション医療の分野では、「早期リハビリテーション」が定着し患者さんの早期社会復帰に義肢装具が必要不可欠となっています。ものづくりを通して患者さんの生活を豊かにする専門職として、義肢装具士の役割が広がっています。

【医療福祉学部】 医療福祉学科

子どもから高齢者までその人らしい生活を支える実践力ある福祉の専門家へ。

少人数による相談援助技術実習や介護実習など、実践的な実習が充実。日本の福祉社会を支える「社会福祉士」「精神保健福祉士」「介護福祉士」を養成します。また、ソーシャルワークの専門知識をベースに、児童を保育し、社会生活における困難をともに解決することのできる「保育士」を養成。日常生活や家庭環境から保護者に関わり、支援できる相談援助の実践力も身につけます。

医療福祉学専攻
医療福祉学専攻

個人や家族の生活支援、福祉社会の発展に貢献できる福祉専門職を養成

福祉政策・相談援助などの専門知識はもちろん、保険・医療に関する知識も併せて修得し、保健・医療スタッフと協力しながら、福祉の現場を担える人材を育成します。また、社会福祉施設や病院、地域などで現場実習などを通して現場を理解し、さまざまな地域と多様な条件の下にある利用者や地域の人々を支援する力を養います。

介護福祉学専攻
介護福祉学専攻

福祉社会の実現をめざして、医療にも通じた福祉のプロを養成

主に介護を必要とする人々の日常生活に起こる困難に関して、心身の状況に応じた援助を行い、介護職全体のリーダーとして、施設の運営を担う「介護福祉士」を養成します。医療と福祉を取り巻く関係領域を学ぶほか、車いす入浴装置や可動式キッチンなどを用いた介護実習など、より実践的で充実した実習を体験し、医療チームの一員として活躍できる力を身に付けます。

保育学専攻
保育学専攻

児童福祉の観点から、保護者の相談にも応じることができる保育士を養成

子どもたちの心と身体の成長を支援するために、子どもを取り巻く環境に配慮した、福祉の観点に基づく保育教育を通じて、社会福祉の視点を持った保育士を養成します。保護者からの子育てに関する相談に対応できる相談援助技術を身に付け、保護者との関係性も築くことができる、時代が求める保育士を育てます。

【心理学部】 心理学科

実社会で活かせる心理学を学び、心の健康のエキスパートに。

社会と個人の調和の実現をめざす生き方を支援する「こころの専門家」を育成。
さまざまな心理療法の各理論や心理検査だけでなく、隣接領域の精神医学などの実習も加えながら学びます。さらに、多様な実習を通して、幅広い視点から問題の本質を的確にとらえる力をつけ、支援へとつなげる実践力を磨き、家庭や学校、あらゆる社会の要請に対応する実践型エキスパートを養成します。また、大学から大学院まで一貫したカリキュラムを編成し、学部から臨床心理士試験を意識した科目をそろえています。もちろん、身につけた心理学は将来、国家・地方公務員や一般企業などで円滑なコミュニケーションに役立ちます。

【看護学部】 看護学科

【看護学部】 看護学科
【看護学部】 看護学科

チーム医療に対応できる看護のスペシャリストを養成。

看護学科では、基礎看護学をもとに、成人、母性、小児、精神、公衆衛生などさまざまな専門領域を学修。高度化、多様化する医療現場に対応できる看護のエキスパートを養成します。また、学内には西日本屈指の最新機器が整っており、臨床現場さながらの本格的な実習が可能。少人数によるきめ細やかな指導で知識・技術を深め実践力を養います。4年次には応用的な10の分野での実習を実施。また、「助産学専攻科(修業年限1年)」を設置。看護師資格取得後、さらに自らを高め、助産師の資格をめざすこともできます。

【薬学部】 薬学科

こころに届く医療を実践できる薬剤師を養成

常に教育の質を問い、丁寧に、そして、真摯に。こころに届く医療を実践できる薬剤師の育成に取り組んでいます。
寄りそえる薬剤師を養成するため、臨床教育に力を注いでいます。1年次から、早期臨床実験をはじめさまざまな実習を行い、現場で働く人や患者さんの気持ちになって考える授業を展開します。4年次の「実務事前実習」では、生活スタイルや病態など細かく設定した模擬患者に服薬指導を実施。実務に近い対応や技能を学びます。また、医療現場と密に連携した臨床教育システムを構築するため、医療薬学研究センターを設置しています。本格的な機能性と実務性を備えた無菌調剤室、模擬薬局、模擬病室、医薬品情報室を設置。特に、12台のクリーンベンチを備えた無菌調剤室は、地域の薬剤師会の研修にも利用されるなど県内屈指の設備です。

【医療栄養学部】 医療栄養学科

地域医療で活躍する「食と栄養のプロフェッショナル」へ

食品学と栄養学の基礎知識を学び、栄養ケアマネジメントのプロフェッショナルである管理栄養士の基礎力を十分に身につけます。さらに、健康・医療・福祉系の総合大学の強みを生かし、専門職連携教育により、チーム医療・チームケアを学び、早期体験学習で現場での他職種との連携を体験します。もちろん、専門教育でも他の医療系学部教員とのオムニバス教育を取り入れ、幅広い視点に立って専門科目の理解を深めます。また、企業と連携したメニュー提供や食品の企画・開発等、地域との連携教育を通じて実践力を身につけます。

【医療経営学部】 医療経営学科

いのちと向きあう経営学

病院経営の専門的な知識と技術を総合的に学ぶ日本有数の学科。医療マインドと高い倫理性をもつ、「経営のわかる医療人」を育成。経営学、経済学、法律学などに加え、医学・医療にかかわる基礎科目から専門科目まで幅広く修得し、「診療情報管理士」や「医療情報技師」の資格取得を目指します。病院の総合職や成長分野である医療関連企業で、企画・維持・運営・管理・従事する人材を養成します。

広島国際大学をもっと知るなら!

広島国際大学のパンフをもらおう

さんぽう専門学校をもっと詳しく知るなら!パンフレットをもらう

在校生・先輩メッセージ

広島国際大学の先輩のメッセージ

内藤 浩司さん 保健医療学部 診療放射線学科 卒業 広島県/海田高等学校 出身
患者さんをとりまく環境も考慮し、最適な治療法を導き出したい。 他…

オープンキャンパス

広島国際大学のオープンキャンパス

オープンキャンパス
ヒロコクは、健康・医療・福祉の学びを高め、その道のエキスパートを育成する大学です…

学校写真集

広島国際大学の学校写真集

東広島キャンパス
診療放射線学科
本学科は、国家資格である診療放射線技師の養成を行ってい…

広島国際大学の学校写真集

東広島キャンパス
臨床工学専攻
血液から病気の原因となる物質を取り除く血液浄化療法は、臨…

広島国際大学をもっと知るなら!
  • パンフレットをもらおう

ページトップへ