佛教大学 学部・学科・コース

大学の情報検索なら[さんぽう進学ネット]

佛教大学

ブッキョウダイガク

大学京都府

  • パンフレットをもらおう

学部・学科・コース

仏教学部

「人と生きる価値を探求するために学ぶ」
仏教の教えから今日の社会が求める豊かな人間力を身につける

仏教学科
仏教学科

「仏教の教えから今日の社会が求める豊かな人間力を身につける」
仏教はインド、チベット、東南アジア、中国、朝鮮半島、日本あるいは最近では欧米人にも影響を与えるなど、世界中に広く展開しています。仏教学科では豊富な領域にわたって「仏教」を研究。その精神や役割を理解するとともに、生・老・病・死という根本問題から現代社会の諸問題まで、仏教の英知を生かして解決できる人間力と応用力を養うことができます。仏教関連の基礎科目から、言語教育や美術史、浄土宗教師をめざす人に必要な科目など多彩な科目が用意され、興味や進路にあわせて選択します。
■1年次からから始まる少人数のゼミ教育
4年間にわたって少人数のゼミ教育を重視。1年次の「入門ゼミ」では大学での学びを知ったうえで、仏教学科の学問領域と研究方法を理解。文献の収集やリポート作成の手法なども習得します。教員のきめ細かな指導のもと、基礎研究から卒業研究まで年次を重ねるごとに着実に学びを深めていくことができます。
■フィールドワークの機会を豊富に用意
文献研究で知識を得るだけでなく、五感を使って知識を深める体験学習を豊富に用意。「仏蹟研修」では国内のみならず、インドや韓国、中国など、仏教が伝わってきたアジア諸国に足を運び、さまざまな仏蹟や遺産から文化・歴史を体感することができます。

文学部

「未来を豊かに生きるために学ぶ」
さまざまな“ことば”を体験し、さまざまな文化を理解する

日本文学科
日本文学科

「多様な日本文学を味わい、幅広い分野で生かせる専門知識を身につける」
歴史的背景や文化的状況を視野に入れつつ、古典から近・現代まで様々な時代の文学作品を読み解きます。今日を生きる私たちにとって文学が持つ意味を多角的に探り、現代社会で生きていく力を育成します。一般企業、教育、出版、マスコミなど幅広い分野に生かせる、日本語・日本語教育・文学・日本語学・書道文化に関する質の高い専門知識を身につけることができます。
■京都が舞台の名作を読み解く「京都と文学」
京都を舞台にした文学作品や詩などを取り上げる「京都と文学(古典)(近・現代)」ではフィールドワークも実施。古今の文豪が愛した京都の地。作品の舞台を実際に訪ね、事前学習で得た知識を確認するとともに、作者の心情や当時の情景、歴史的背景に迫り、作品への理解を深めます。
■プロから学ぶ「日文キャリアプログラム」
希望の進路の実現に向けてキャリアアップを図ることを目的に、正課科目として開講されるのが「日文キャリアプログラム」。国語科教員志望の「国語科教員系」、作家・文筆業志望の「文芸創作系」、書道科教員・書道家志望の「書道創作系」、日本語を教える教員志望の「日本語教員系」、マスコミ・出版関係・編集者志望の「出版情報系」の5系列のプログラムが用意されています。
■文学研究を支える充実の学習環境
約100万冊の図書等を収蔵する図書館(成徳常照館)のほか、同学科専用の資料室には、古典から現代に至る各時代の文学や書に関する貴重な資料を、時代やテーマごとに収蔵。図書館の豊富な書籍や資料とともに活用し、学生の学習と研究への意欲をいっそう高めるための環境が整えられています

中国学科
中国学科

「徹底した語学教育で「使える中国語」を身につける」
中国を語学・文学・思想などの幅広い領域から、興味に応じて学べる科目を用意。1年次は少人数制のゼミで、学びの基礎となる中国語と中国の社会・文化を初歩から丁寧に指導。3年次からは語学に特化した「コミュニケーション系」か文学・思想を中心とする「文献系」のいずれかを選択し、学びを深めていきます。中国語の運用能力を高める長期留学、中国語能力の国際的な検定試験にチャレンジすることもできます。
■吉林大学への留学「中国語現地研修」
「中国語現地研修」は中国有数の規模を誇る吉林大学への留学プログラム。2年次の秋と3年次の春に計1年間の留学が可能で、毎年20人前後の学生が留学して、世界各国からの留学生との交流も含めて充実した留学生活を送っている。佛教大学に納入した学費を充当するため、留学先の吉林大学での学費は不要です。
■HSK対策授業で中国語運用能力アップ
中国政府公認の中国語検定HSK合格をめざす「HSK演習(基礎)(発展)」を開講。模擬試験問題を用いた授業により、これまでに多くの学生が、4級以上(1年間の語学留学で到達できる良好なレベル)の認定を受けています。

英米学科
英米学科

「「話せて、書ける」=「使える英語」を身につける」
1年次から英語力を集中的に鍛え、2年次には、全員英語圏での英語研修に参加。現地で生きた英語を学ぶとともに、現地での生活を通して英語圏の異文化体験と異文化理解を図ります。3年生からは「英語文化系」「英語コミュニケーション系」「英語教職系」の3つの科目群をから興味や進路にあわせて学びます。
■TOEIC・TOEFLに対応したカリキュラム
就職のためのTOEIC(R)にも、留学のためのTOEFL(R)にも対応する柔軟なカリキュラムとなっています。1年生向けの基礎的な「E A P(English for Academic Purposes)」から、上級向けの「Advanced TOEIC」「Advanced TOEFL」が開講されています。また、同じく上級向けの「Business Communication」「通訳演習」「Media English」も開講されており、将来のキャリア形成をサポートします。
■ネイティブ教員による実践的な授業
専任のネイティブ教員が指導するクラスを毎学期、複数履修することができます。「AcademicLecture」と「AcademicSeminar」ではオールイングリッシュで、英語圏の大学と同じような授業を受講することができます。

歴史学部

「過去を知り、あなたの未来を拓く力を得る」 
過去を学び、未来をつくる歴史学の魅力を網羅

歴史学科
歴史学科

「史料を読み解き、未知の世界を探求する」
日本史・東洋史・西洋史の3領域が設定され、1年次にはそれぞれの領域にわたる幅広い知識を習得。2年次からは興味・関心に応じて領域・科目を選択して学びます。歴史学研究の基本となる文献史料を読み込み、解釈する力を養うため、研究方法や着眼点を習得する「特講」、史料を読み解く方法を学ぶ「史料講読」などの科目が開講され、教員が一人ひとりをきめ細かく指導する少人数制で、史料の扱い方や解釈の視点、時間軸を中心に置いた考え方を身につけることができます。これら読解力や論理的思考力は、社会において応用できるスキルであり、将来のキャリアアップにも役立てることができます。
■伝統を紡ぐ一員になる「祇園祭研修」
千年以上も続く伝統的な祭りであり、世界無形文化遺産にも登録されている祇園祭の歴史を学び、鉾の組み立てや巡行、ちまきづくりの体験を行う「祇園祭研修」(地域活動1)。運営に携わることで違った方面から深く歴史を味わい、伝統文化の継承や地域貢献について考える、京都の大学ならではの授業です。

歴史文化学科
歴史文化学科

「有形・無形の文化資料から、歴史を解き明かす」
地域文化・民俗文化・芸術文化の3領域が設定され、1年次にはそれぞれの領域にわたる幅広い知識を習得。2年次からは興味・関心に応じて領域・科目を選択して学びます。文献や遺跡はもちろん、町並み、祭礼、芸能、芸術、神話・伝承など、さまざまな形で今に残る有形・無形のモノ(資料)から歴史文化を追究します。現場を歩く・見る・聞く・感じる・考えるフィールドワークを核に、時間と場所の両面から、過去から現代に至る人間の営みを探求します。歴史を身近に感じられる京都というロケーションが、調査や研究に有利なだけではなく、学習意欲を高めてくれます。
■伝統を紡ぐ一員になる「祇園祭研修」
千年以上も続く伝統的な祭りであり、世界無形文化遺産にも登録されている祇園祭の歴史を学び、鉾の組み立てや巡行、ちまきづくりの体験を行う「祇園祭研修」(地域活動1)。運営に携わることで違った方面から深く歴史を味わい、伝統文化の継承や地域貢献について考える、京都の大学ならではの授業です。

教育学部

「未来の人を育てるために学ぶ」 
人と関わり、人を支える。豊富な現場体験を重視

教育学科
教育学科

「教育現場の課題に対応する高度な対応力を育成する」
開設から約50年、毎年多くの卒業生を教育現場に送り出している教育学科。過去10年間の卒業生の採用実績は1.000名以上、教員養成に強い実績があります。「幼児教育」「初等教育」「中等教育」「特別支援教育」「教育学」の5領域が設定され、希望する進路に応じて学びます。少人数制のもと、教育現場にも精通した教員が丁寧に指導を行います。
■理論と実践の相乗効果で実力を養成
学内での講義・演習で得た知識と理論を、教育体験学習や教育職インターンシップなどで実践。現場での気づきを持ち帰り、解決策を講じて次の体験学習に生かす。理論と実践を交互に積みあげ、学習効果を高めるノウハウは、約50年の歴史を誇る佛教大学教育学科ならではのもの。
■行政区の試験傾向に合わせて徹底対策「教員採用試験セミナー」
採用試験合格のカギとなる「個人面接」や「集団面接」に絞って対策。面接官の人数や質問内容、選考のポイントなど、行政区によって異なる傾向を細かく把握し、試験本番に近い環境で模擬面接を行い、合格に向け万全に備えます。多くの卒業生を教育現場へ送り出してきた本学科は、教員採用試験の合格率の高さにも定評があり、2017年度実績においても、進路決定者のうち121名が卒業と同時に教育職に。近畿エリアを中心とした幼稚園・保育所、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校で活躍しています。

臨床心理学科
臨床心理学科

「「心」の現象を理解し、「心」に寄り添う人材になる」
不登校や家庭における虐待、職場のストレス問題、さらに高齢化社会の心の支援といった「心の危機」に関わる問題が大きく取り上げられ、今、社会では「心」を理解し「心」で関われる人材が求められています。臨床心理学科では、基礎から発展まで、段階的に専門性を深化するカリキュラムによって、臨床心理士や公認心理師など高度専門職業人の養成はもとより、「心の専門家」として、医療、福祉、教育、一般企業など社会のあらゆる場面で、豊かな人間関係と心の健康生活構築に寄与することができる人材を育成します。
■経験豊かな教員陣による実践教育
専任教員は、臨床心理士または医師の資格を持つプロフェッショナル。さまざまな専門性をもとに具体的に心のケアを行う専門家が、豊富な臨床経験を生かした指導を行います。また1年次の「入門ゼミ」や2年次の「臨床心理学基礎ゼミ」など、各学年でゼミ形式の授業を実施。1学年60人程度の少人数教育で一人ひとりの興味に応えながら、人の心に寄り添う力を養います。
■臨床心理学を学ぶための環境が充実
臨床実習室やプレイルーム、観察室などの施設・設備も充実。臨床心理学を学ぶための環境が整えられています。
■多彩な進路
4年間の専門基礎の習得で、社会に貢献し活躍できる人材を養成。現在、日本における心理職の専門資格として最も高い評価を得ている「臨床心理士」、新しく創設された国家資格である「公認心理師」をめざす人には本学大学院臨床心理学専攻進学のための基礎科目や実験・実習科目を、学校教員をめざす人には教員免許状取得に必要な科目を、一般企業就職を考えている人には社会で役立つ実践応用科目を用意。目標に応じて学べるよう配慮されています。

社会学部

「人と人のつながりを学ぶ」 
社会のさまざまな事象に潜む課題の核心にアプローチ

現代社会学科
現代社会学科

「日常のふとした疑問や関心事が学びの入口 幅広い領域と学びのテーマ」
現代社会が抱えるさまざまな課題から、興味や関心のあるテーマを選択。どんな内容でも学びにつながるのが現代社会学科の大きな特徴です。「文化・国際」「共生・臨床社会」「情報・メディア」の3領域にわたるコース科目から、学びたい内容に応じて科目を選択し、専門性を高め、同時に情報収集力、データ分析力、文章力、表現力、プレゼンテーション力など、問題解決に必要な力を養成。幅広い領域に目を向けたり、特定の事象を掘り下げたりと、学び方も自由。多様な専門分野の教員が、一人ひとりの学びをきめ細かくサポートします。
■幅広い領域と学びのテーマ
「文化・国際」「共生・臨床社会」「情報・メディア」の3領域にわたるコース科目は、社会学の研究領域をほぼ網羅しています。例えば、民族、貧困、食糧などの人類共通の諸問題、高齢化、格差、差別などの社会問題、アニメやアイドルといった社会現象など、扱う対象は普遍的なテーマから現代的なテーマまで多種多様。1つのテーマを多面的に見つめることで、問題点を浮き彫りにします。主なコースを1つ選びますが、コースを越えての履修も可能です。
■多様なテーマのもと、現場で学ぶ「プロジェクト演習」
学生が主体となってテーマを設定し、さまざまな課題に挑戦する「プロジェクト演習」。これまで、「京都の隠された魅力」をテーマにラジオ番組を企画・放送した「京都三条ラジオカフェ」や「ローカルフード探検隊」「探せ、県庁ユニーク課」などユニークな活動に取り組みました。身近なレベルで社会を知り、考え、行動する力を養います。
■さまざまな社会調査が行える「社会調査士」の資格取得
企業のマーケティング、自治体における住民の意識調査、マスコミの意識調査など、さまざまな社会調査の需要が高まっています。社会調査士は、それらの情報収集能力と実践的課題に対応できる能力をもつ資格です。

公共政策学科
公共政策学科

「地域社会の課題に目を向け、解決策を探求する 公務員養成カリキュラムも充実」
■学科の特徴
2019年度より「地域政治」と「地域経済」の2つのコースに一新。1年次に社会学や公共政策学の基礎を学んだ後、2年次からコース科目の履修がスタート。これらのコースでは政治学、法学、経済学を中心とした科目群を充実させており、社会科学のさまざまな学問分野をバランスよく学ぶことができるようになりました。
■公務員養成カリキュラムの充実
公務員を志望する学生は、〈地域政治コース〉〈地域経済コース〉に配置された法学(民法・行政法など)や、経済学(マクロ経済学・ミクロ経済学など)の科目を履修することにより、各種の公務員試験で出題される主要科目の知識を身につけることができます。
■多様なテーマのもと、現場で学ぶ「プロジェクト演習」
学生が主体となってテーマを設定し、さまざまな課題に挑戦する「プロジェクト演習」。これまで、「京都の隠された魅力」をテーマにラジオ番組を企画・放送した「京都三条ラジオカフェ」や「ローカルフード探検隊」「探せ、県庁ユニーク課」などユニークな活動に取り組みました。身近なレベルで社会を知り、考え、行動する力を養います。
■社会調査士、グローカル・プロジェクト・マネージャーの資格プログラムが充実
学内外での実践的な学びを通して社会調査の技法を習得し、地域連携や企業連携を促進するための社会調査士やグローカル・プロジェクト・マネージャーの資格も可能です。社会学部の学生が同じクラスで学びあい、いろんな意見を出し合いながら社会に役立てることができる専門的な知識と技能を身につけることができます。

社会福祉学部

「人の幸せを生むために学ぶ」
ソーシャルワークで地域と人を元気に。
福祉職・保育職さらに教員、公務員企業などさまざまな進路で生かせる社会福祉学を学ぶ

社会福祉学科
社会福祉学科

「福祉職・保育職さらに教員、公務員企業などさまざまな進路で生かせる社会福祉学を学ぶ」
■学科の特徴
社会福祉の専門職資格のうち、社会福祉士、精神保健福祉士、保育士の資格取得が可能。福祉専門職、保育専門職はもちろん、教員、公務員、医療事務や一般企業への就職をめざす人にとってもこれから大切になる社会福祉学を、基礎から応用、実践まで体系的に学ぶことができます。1年生から4年生まで、読解力や表現力、コミュニケーション、学ぶ方法の取得を重視し、テーマ研究が深められる体系的なゼミ(少人数教育)をおくことで学生の力を伸ばします。また、学生の進路選択・生き方を支援するキャリア支援科目を3年生に配置し、学んできたこととこれからの進路・生き方が結びつくよう個別の指導も重視したカリキュラムとなっています。
■ますます広がる社会福祉の可能性
社会福祉を学び養うソーシャルワークの視点は、多様化が進む社会の複雑な課題を解決できるもので、一般企業や医療、教育、行政の分野での活躍が期待されています。
■国家試験対策
社会福祉士や精神保健福祉士の国家試験対策も充実。学内に設置される「福祉教育開発センター」では受験対策講座を開講するとともに、スケジュールの立て方や効果的な勉強法のアドバイスなど国試合格に向けてのサポートを行っています。
・第30回社会福祉士国家試験合格率(2018年2月実施)
49.0%(全国平均合格率30.2%)
・第20回精神保健福祉士国家試験合格率(2018年2月実施)
85.7%(全国平均合格率62.9%)
■「免許併修」制度で幼稚園の免許状と保育士資格の同時取得も可能
併設の通信教育課程で必要な科目を履修することで在籍する学科では取得できない教員免許状を取得する「免許併修」制度。この制度を利用すれば、幼稚園の免許状と保育士資格の同時取得や小学校の免許状を取得することも可能です。

保健医療技術学部

「人の生きる力を支えるために学ぶ」
臨床現場で即戦力となる理学療法士・作業療法士・看護師・保健師を養成

理学療法学科
理学療法学科

「体験と実践を繰り返し臨床現場の即戦力をめざす」
■学科の特徴
運動機能に支障をきたした人に、運動療法や物理療法を用いて治療を行う理学療法士を養成。超高齢化社会の到来や健康意識の高まりにより、保健や福祉の分野でリハビリテーションの専門職へのニーズが拡大しています。理学療法学科では、1学年40名の少人数制で、学生一人ひとりをきめ細かく指導。豊富な臨床経験もつ教員が講義から実習指導までを担当することにより、理学療法の専門知識だけではなく、保健医療に関わる幅広い知識を習得することができます。
■国家試験対策とキャリアサポート
1年次から、学習支援と国家試験対策を組み合わせた「国家試験合格対策」をスタートし、全員合格をめざします。同時に専門職者として身につけたいソーシャルスキルも「キャリアサポート」で習得。これらダブルサポートで4年間の学生生活を支えます。
・第53回理学療法士国家試験合格率(2018年2月実施)
92.1%(全国新卒平均合格率87.7%)
■JR「京都」駅から5分 二条キャンパス
保健医療技術学部のメインキャンパスは「二条キャンパス」。京都の中心JR「京都」駅からわずか5分のアクセスで関西の所要駅から快適な通学ができるのはもちろん、学外の実習に出かける際もこの立地は魅力。セキュリティシステムも完備された校舎内には教室のほか、充実した設備の揃う実習室、学生が自由使用できるパソコンを設置スペース、医療や保健に関する専門書を揃えた図書室などが設置されています。

作業療法学科
作業療法学科

「一人ひとりの生活に寄り添うプロになる。臨床現場で即戦力となる作業療法士をめざす」
心身に障がいを持つ人に対し、手芸・工作といった作業を通じて機能回復を支援する作業療法士を養成。早期から作業療法士の仕事を理解し、将来像をイメージするために、1年次から臨床現場を体験できる実習科目を開講。1・2年次は見学を中心に、3年次は患者さんの状況を知る評価を経験。4年次は医療施設だけでなく、介護老人保健施設や訪問リハビリテーションなど病院以外の幅広い領域に対応できる実習を行っています。
■国家試験対策とキャリアサポート
1年次から、学習支援と国家試験対策を組み合わせた「国家試験合格対策」をスタートし、全員合格をめざします。同時に専門職者として身につけたいソーシャルスキルも「キャリアサポート」で習得。これらダブルサポートで4年間の学生生活を支えます。
・第53回作業療法士国家試験合格率(2018年2月実施)
97.0%(全国新卒平均合格率85.2%)
■JR「京都」駅から5分 二条キャンパス
保健医療技術学部のメインキャンパスは「二条キャンパス」。京都の中心JR「京都」駅からわずか5分のアクセスで関西の所要駅から快適な通学ができるのはもちろん、学外の実習に出かける際もこの立地は魅力。セキュリティシステムも完備された校舎内には教室のほか、充実した設備の揃う実習室、学生が自由使用できるパソコンを設置スペース、医療や保健に関する専門書を揃えた図書室などが設置されています。

看護学科
看護学科

「確かな臨床・実践力を持った看護師・保健師をめざす」
学生一人ひとりの意欲や目標に応えるため、1学年65名の学生に対して専門領域も多彩な30名の教員が高度な知識と技術、豊かな経験に基づき指導。特に看護師・保健師の実践力を育成する実習では、学生一人ひとり顔が見えるていねいな教育や指導が行われています。看護師のほか、地域で健康相談や健康教育、施策づくりなどを行う、保健師の国家試験受験資格も取得可能。また保健師受験資格取得者は所定科目を修得すれば、養護教諭(2種)の免許状の授与申請も可能です。
■習熟段階に応じた臨地実習
実践力を養うことを重視し、1年次から、病院などの施設で臨地実習を行います。数人のグループに教員1名がつくため、実習の中身も、より濃いものに。実習前のオリエンテーションと実習後のリフレクション(振り返り)で、体験した内容を身につけていきます。3・4年次には、習熟段階に応じてさまざまな領域の看護を経験。そのなかから自らの課題や目標を見つけて「統合実践看護実習」を行い、実践力に磨きをかけていきます。
■国家試験対策とキャリアサポート
1年次から、学習支援と国家試験対策を組み合わせた「国家試験合格対策」をスタートし、全員合格をめざします。同時に専門職者として身につけたいソーシャルスキルも「キャリアサポート」で習得。これらダブルサポートで4年間の学生生活を支えます。
・第107回看護師国家試験合格率(2018年2月実施)
98.5%(全国新卒平均合格率96.3%)
・第104回保健師国家試験合格率(2018年2月実施)
86.7%(全国新卒平均合格率85.6%)
■JR「京都」駅から5分 二条キャンパス
保健医療技術学部のメインキャンパスは「二条キャンパス」。京都の中心JR「京都」駅からわずか5分のアクセスで関西の所要駅から快適な通学ができるのはもちろん、学外の実習に出かける際もこの立地は魅力。セキュリティシステムも完備された校舎内には教室のほか、充実した設備の揃う実習室、学生が自由使用できるパソコンを設置スペース、医療や保健に関する専門書を揃えた図書室などが設置されています。

佛教大学をもっと知るなら!

佛教大学のパンフをもらおう

さんぽう専門学校をもっと詳しく知るなら!パンフレットをもらう

佛教大学をもっと知るなら!
  • パンフレットをもらおう

ページトップへ