大原簿記専門学校 神戸校 学部・学科・コース

専門学校の情報検索なら[さんぽう進学ネット]

大原簿記専門学校 神戸校

オオハラボキセンモンガッコウ コウベコウ

専門学校兵庫県

  • パンフレットをもらおう

学部・学科・コース

公務員公安系

公安系の公務員になるための2年間・1年間のコースです。
基礎から応用まで幅広く学習し、確実な合格を目指します。

警察官コース
警察官コース

交番勤務での仕事ぶりや適性などが認められた場合、所属署長の推薦により書類審査と面接を受験できます。合格し「刑事任用科教科課程」を修了後、各府県警本部の刑事部に配属されます。
交番勤務での仕事ぶりや適性などが認められた場合、所属署長の推薦により「白バイ乗務員養成訓練」に参加できます。修了検定に合格すると、各府県警本部の交通機動隊に配属されます。
交番勤務での仕事ぶりや適性などが認められた場合、所属署長の推薦により「鑑識実務講習」に参加できます。修了検定に合格すると、各府県警本部の刑事部鑑識課に配属されます。

消防官コース
消防官コース

さまざまな消防官採用試験に対応したカリキュラムで、消防官になる夢をサポートします。

警察官・消防官上級チャレンジコース
警察官・消防官上級チャレンジコース

警察官・消防官は人気が高い職業であり、近年その傾向はより強い状況です。試験種によっては、採用人数等の兼ね合いにより、狭き門になっているものもあり、より戦略的で高度な内容にまで踏み込んだ対策が必要です。当コースでは、原則教養試験のみが出題されることに着目し、より一歩進んだ対策を行います。具体的には他の受験生が苦手とするような難易度の高い問題を解くことができるよう演習量を増やし、近年難問とされる時事問題も対策します。
※受験資格により、上級の採用試験にもチャレンジできます。

海上保安官コース
海上保安官コース

海上保安官になるには、海上保安学校や海上保安大学校に入校し、専門知識や技能を身につける必要があります。海上保安学校には、航空課程・船舶運航システム課程・情報システム課程・海洋科学課程が設置されています。船舶運航システム課程は、さらに航海・機関・主計の各コースに分かれます。学校は全寮制で2 年もしくは1 年の履修期間を経験することになります。入学と同時に海上保安庁職員として採用され、それぞれの課程に応じて業務に必要な知識や技能を学ぶことになります。また、海上保安大学校は、本科が4年、専攻科が6ヵ月を修了期間とします。最近、女性でもこの試験を目指す方が増えてきている人気職種です。

レスキュー・災害救急隊員コース
レスキュー・災害救急隊員コース

レスキュー隊(特別救助隊)は、気力・体力・判断力を兼ね備えた消防官で構成されており、被害から人命を守るべくあらゆる場面で活躍します。災害救助隊は、各自治体の警察官や消防官、全国の自衛官や海上保安官などの中から、災害警備に対する能力、体力、気力などを備えた人材の「選抜」チームとなっています。

刑務官・入国警備官・皇宮護衛官コース
刑務官・入国警備官・皇宮護衛官コース

刑務所・拘置所などに配置される公務員です。刑務所では受刑者への改善指導・矯正教育を通じて社会復帰の実現を助けたり、拘置所では勾留中の被疑者・被告人の逃走や罪証隠滅を防止し、刑事施設の保安警備の任務に当たります。
法務省入国管理局に所属する公安職の国家公務員で、不法入国者・不法滞在者の調査、摘発、収容した場合の処遇、送還などを行います。犯罪や不法就労など、法律に違反した外国人に対して厳正に対処し、日本の安全と国民生活を守ります。
天皇・皇族の護衛、皇居・御所・御用邸などの警衛を担当することが主な職務で、天皇・皇族の移動先すべてにおいて警衛活動を行います。
警衛や儀衛の際には、特別な制服を着用したり、馬や側車付き二輪車に乗ったりすることもあります。

自衛官コース
自衛官コース

自衛隊は、主に陸上、海上、航空自衛官で組織された日本の防衛組織で、防衛省の「特別の機関」として位置づけられています。自国のさまざまな防衛活動に限らず、PKO など海外への支援派遣などでも活動をしており、現在約24万人が従事している重要な職種です。
2011年3月に発生した東日本大震災のときには、自衛隊員の活躍がめざましく「世界で唯一、人命を奪うよりも助けた人数が多い防衛組織」として称賛されました。

スポーツ・公務員コース
スポーツ・公務員コース

スポーツに興味があるけど、公務員にもチャレンジしてみたい。そんなあなたにぴったりなコースです。
スポーツ系の実習と公務員試験対策をバランスよく取り入れ、各種資格を取得することで、公務員・民間企業、どちらにも対応することが可能です。
また、あらゆる公安系公務員試験はもちろん、事務系の公務員試験にも対応したコースですので、幅広い選択肢から職種を選ぶことが可能となります。

スポーツ・警察、消防官コース
スポーツ・警察、消防官コース

スポーツの知識や技能を武器に警察官・消防官を目指したいというあなたにぴったりなコースです。
スポーツ系の実習と公務員試験対策をバランスよく取り入れ、各種資格を取得することで、公務員・民間企業どちらにも対応することが可能です。
また、さまざまな職種に対応できるカリキュラムを整えていますので、警察官・消防官という入学時の希望職種が途中で切り替わっても大丈夫です。

公務員総合コース
公務員総合コース

具体的に職種は決まっていないけど、とにかく公務員になりたいという人のためのコースです。公務員総合コースなら、公務員についての基本的知識を学びながら希望職種を決定することができます。まずはすべての公務員試験に共通する基本科目から学習を開始して、少しずつステップアップしていきます。基本的な知識を身につけた上で目標を設定することが可能です。

公務員事務系

事務系の公務員になるための2年間・1年間のコースです。
基礎から応用まで幅広く学習し、確実な合格を目指します。

国家公務員初級レベルコース
国家公務員初級レベルコース

一般職の場合には、財務省・厚生労働省・総務省・外務省など各省庁の初級係員として働きます。本省庁のほか出先機関にも採用される可能性があります。仕事は、一般にはデスクワーク中心で、庶務・経理などの仕事が多いとされています。事務系は2職種(一般職、税務職員)に分かれているので、希望する職種によってさまざまな内容の職種に従事することになります。また、採用先や配属先によっては時間的に変則勤務を伴う場合もあります。
各職種・各省庁の仕事内容をしっかりと調べて、希望の仕事を選ぶことが大切です。

府庁・県庁等初級レベルコース
府庁・県庁等初級レベルコース

地方公務員の代表的なもののひとつに、各都道府県の一般事務職員があります。職務として各都道府県において、都道府県の予算・税務・市町村への指導、都道府県政の総合計画・土地利用・地域住民の文化的な生活環境の整備などの一般行政事務に従事します。
窓口業務から、企画・財務・社会福祉・社会保障まで都道府県民の生活を総合的にプロデュースする幅広い業務を担当することになります。したがって、あらゆる仕事を経験できる職務だと言えます。幅広い視野を養えるので、何にでも興味があり好奇心旺盛の人に向いています。

市役所・町役場等初級レベルコース
市役所・町役場等初級レベルコース

地方公務員の代表的なものとして、各市町村の一般事務職員があります。 その職務としては各市町村において、庶務・経理、企画・立案、渉外・折衝、検査、指導等の一般行政事務に従事します。 窓口業務から企画・財務・社会福祉・社会保障まで、市町村民の生活を総合的にプロデュースする幅広い業務を担当することになるのは、都道府県の職員と同じです。ただし、より地域の人と密着して仕事ができるのは、市役所等の職員と言えるでしょう。

裁判所・検察庁・税務署職員コース
裁判所・検察庁・税務署職員コース

【裁判所事務官の仕事】
裁判所事務官の仕事は裁判記録の管理をはじめ、訴訟を受け付けたり、裁判に立ち会ったりとさまざまな内容があります。高等裁判所・地方裁判所・簡易裁判所・家庭裁判所の事務局や裁判部に配置されるのが裁判所事務官です。また裁判部門において裁判所書記官のもとで各種裁判事務を担当したり、司法行政部門に配置されて事務局の庶務・人事・会計等の一般事務に従事したりします。

【検察事務官の仕事】
検察事務官は国家公務員一般職試験に合格して、その後採用を希望する各地方検察庁の採用面接を受け、内定をもらった上で採用されます。その仕事は検察官の職務をサポートすることで、警察の行なった捜査をさらに補充したり、公判のための資料作成などのお手伝いをしたりします。

【税務署職員の仕事】
国家公務員税務職員の場合、国税庁に属し国税局・税務署などで働きます。国税局においては、税務署の指導監督、高額・悪質な脱税者に対する査察、高額な税金の賦課・徴収などを行います。税務署においては、税に関する相談、適正に申告がされているかどうかの調査、申告に関する指導、税金の賦課・徴収などを行います。

学校事務・警察事務職員コース
学校事務・警察事務職員コース

【学校事務職員の仕事】
公立の小・中・高等学校で学校事務全般に携わる職種です。いわゆる企業の一般職の事務員とは異なり、学校事務とは総務・人事・財務・福利厚生などの総称で、学校運営をより円滑にするための役割を担うのが学校事務職員です。また、一定年数以上の学校事務職員の経験があると、校長・副校長・教頭に着任することもでき、大きなステップアップが可能です。児童・生徒と直接関わる場面も多く、「もう一人の先生」としても期待される、やりがいの大きな仕事です。

【警察事務職員の仕事】
警察本部または警察署等で庶務、経理、企画、広報、採用試験等の業務に従事します。他にも交番で遺失物・拾得物の受付業務に従事することや、運転免許場で免許取得に関わる業務にも従事することもあります。警察事務職員も警察官と同様に人と関わる、やりがいの大きな仕事として注目されています。

公務員&民間就職コース
公務員&民間就職コース

公務員試験・民間の就職試験のどちらにも必要な筆記試験対策として、国語・数学・理科・社会などの一般教養科目がカリキュラムに組み込まれています。また近年重視されている作文試験対策にも十分な時間を取っています。
面接試験対策も早期から取りかかり、日常的に礼儀やマナーなどの指導にも力を入れています。公務員・民間就職のどちらにも対応できるコースとなっています。

ビジネス資格・公務員コース
ビジネス資格・公務員コース

ビジネス系の資格取得と公務員試験合格を目指すコースです。簿記・FPの学習やパソコンのスキルを身につけながら、公務員の一般教養試験科目の学習を行うことができます。公務員の中でも税務署職員や府県庁・市役所などの税務課担当は、これらの知識が不可欠です。また、面接試験の対策も早期から取り入れ、社会人としての礼儀やマナー指導にも力を入れています。公務員・民間企業(経理事務や営業など)のどちらにも対応できるコースです。

医療事務・公務員コース
医療事務・公務員コース

医療事務の資格取得とともに公務員試験にもチャレンジできるコースです。県立や市立病院、国立大学の附属病院で働くためには地方公共団体や独立行政法人が実施する採用試験の受験が必要です。このコースでは公務員試験で出題される幅広い科目の学習が可能です。もちろん医療事務の資格を活かし民間の病院事務スタッフとして活躍することも可能なため、就職先の選択肢を一気に増やせるコースです。

公務員総合コース
公務員総合コース

具体的に職種は決まっていないけど、とにかく公務員になりたいという人のためのコースです。公務員総合コースなら、公務員についての基本的知識を学びながら希望職種を決定することができます。まずはすべての公務員試験に共通する基本科目から学習を開始して、少しずつステップアップしていきます。基本的な知識を身につけた上で目標を設定することが可能です。

税理士・会計士・経営・販売・事務

税理士・公認会計士はもちろん近年ではファイナンシャルプランナーや販売などビジネス分野の職業への注目が高まっています。いろいろな仕事を比べながら、あなたに一番合ったコースを考えてみて下さい。

税理士コース(チャレンジ・スタンダード)
税理士コース(チャレンジ・スタンダード)

税理士は税務のプロフェッショナルとして、私たちの暮らしに欠かせない税金に関する書類の作成や相談など、様々な仕事を行っています。
税理士になれば、独立開業したり、一般企業でスペシャリストとして働いたり等、様々な働き方ができます。また、資格さえ取得すれば、「学歴」「年齢」「性別」に関係なく活躍できるうえに、企業トップの経営に関する相談相手として関わる重要な仕事もできるため“やりがい”は満点です。
現在、税理士業界は、60歳以上の税理士が多く、若い担い手が不足しているといわれています。その一方で、税理士に求められる役割は多様化しています。税理士を目指すなら、「今がチャンス」です!

公認会計士コース(チャレンジ・スタンダード)
公認会計士コース(チャレンジ・スタンダード)

企業の財務内容を公正な立場から監査し、専門的な見地からコメントを行うのが公認会計士の主な仕事。中でも公認会計士ならではの独占業務が、監査証明業務。企業の財務諸表などが正しい経営実績と財政状況を示しているかどうかをチェックし、財務諸表が適正かどうかを証明します。こうした監査の仕事は優れた専門能力を必要とし、公認会計士という資格なしにはその職務に就くことができません。また大組織のブレーンとして専門知識を活かし、企業経営の全般にわたって助言や指導を行っていくコンサルティング業務も、非常にニーズの高い仕事です。

独立経営専攻コース
独立経営専攻コース

1円の資本金があれば、1人でも株式会社が作れる『新会社法』により、あらゆる人に起業チャンスが広がりました。しかし会社経営は、斬新な発想力・企画力や営業戦略だけでは運営していくことができません。経営者としての総合的な経営スキルが必要不可欠となります。会社のしくみや設立の仕方はもちろんですが、雇用に関する法律知識、経営に必要な財務分析、株式投資や資産運用に関する知識が会社経営のベースとなります。この総合的な知識とアイデアで起業することが可能となるのです。あなたも将来の起業家を目指してみませんか?

事務・経理職専攻コース
事務・経理職専攻コース

事務職と一口に言っても、経理、総務、人事、営業事務など、その職域はさまざま。しかし、これらの仕事に共通して求められるものも数多くあります。現代のオフィスワークに必須の第一は、ExcelやWordを中心とするパソコンスキル。さらに簿記の知識と財務分析などの応用力があれば、大企業の事務職への就職が有利となります。また、社内の他部署とのコミュニケーション能力が問われることから、基本的なビジネスマナーを身につけておくことも必要となります。

販売・営業サービス専攻コース
販売・営業サービス専攻コース

百貨店、各種専門店など流通における業態は拡大進化し続けています。お客様の生活をコーディネートする販売職は、お客様への応対能力に加え、POS(販売時点情報管理)システムに基づくデータ分析能力など、さまざまな能力が求められます。 営業サービス職においても、消費社会全体を見渡せる広い視野や消費者のニーズを発見する能力、折衝能力などが求められます。 販売・営業サービススタッフからマネージャーやショップ経営へステップアップすることも可能です。

ITビジネス専攻コース
ITビジネス専攻コース

“情報を制するものがビジネスシーンをリードしていく”と言われる時代にあって、多くの企業で情報活用能力を持つ優秀な人材が求められています。それが、ITビジネスという仕事です。総務セクションはもちろん、販売管理や営業といったセクションでも、コンピューターの技能・知識が不可欠。特に、業務効率化の一翼を担う、データ管理能力などに長けた人材は注目の的であり、企業のIT化を推進するビジネスパーソンに注目が集まっています。

ビジネス資格・公務員コース
ビジネス資格・公務員コース

ビジネス系の資格取得と公務員試験合格を目指すコースです。簿記・FPの学習やパソコンのスキルを身につけながら、公務員の一般教養試験科目の学習を行うことができます。公務員の中でも税務署職員や府県庁・市役所などの税務課担当は、これらの知識が不可欠です。また、面接試験の対策も早期から取り入れ、社会人としての礼儀やマナー指導にも力を入れています。公務員・民間企業(経理事務や営業など)のどちらにも対応できるコースです。

医療事務・ビジネスコース
医療事務・ビジネスコース

医療事務とビジネス系資格の取得を目指します。就職先として医療機関だけでなく民間企業にもチャレンジできるコースです。医療事務として、民間の病院スタッフに就職することも可能です。そのほかにも人気の高い「調剤薬局」、「ドラッグストア」、「医薬品製造業」、「医療器具関連会社」等、幅広い就職の選択肢が可能です。

医療事務・医療秘書

一口に医療の仕事と言っても、その内容は実にさまざまです。病院、歯科、薬局、エステなど働く場所の違いだけではなく、たとえば病院内での役割も、受付、秘書、事務など細かく枝分かれしています。また、高度に専門的な知識を必要とする診療情報管理士の資格取得には、自分の目的に合った学校を選ぶことが重要だと言えるでしょう。
そこで大原では、将来を睨んだ多様なコースを設置。自分の将来を見据えたベストなコースを選ぶことができます。

医療事務コース
医療事務コース

医事・経理・人事・総務など、現在の医療機関の事務部門は細分化されています。今求められているのはすべての業務を把握し、マネジメントしていくことのできる人材です。また医療技術部門とのバランスをはかりながら事務部門でリーダーシップを発揮するためには、総合的な経営センスの習得が絶対条件です。

医療秘書コース
医療秘書コース

医療業務をサポートする人材は、現在のシステム化された病院では欠かせない存在。スケジュール管理から受付業務まで幅広い業務を担う医療秘書は、組織間のコミュニケーターとしても重要です。目指すのは医療知識と優れた事務処理能力、マネジメント能力、さらにコミュニケーション能力を兼ね備えた人材です。

病棟クラークコース
病棟クラークコース

病棟クラークは不安を抱いて入院する患者さんをさまざまな面でサポートする重要なスタッフ。同時に医師や看護師などの診療スタッフを支える、病棟になくてはならない大切な存在。事務面から看護面まで幅広く患者さんをサポートするエキスパートを目指します。

小児クラークコース
小児クラークコース

小児クラークは、小児科外来で外来患者さん、小児病棟で入院患者さんの応対をします。事務処理、あるいは看護師のフォローなどを行うのが主な仕事です。小児科の患者さんは身体の心配だけではなく心に不安を抱えているだけに、その存在は重要です。
医師や看護師の良きパートナーであり、患者さんとそのご家族の力になれる小児クラークを目指します。

病院受付コース
病院受付コース

患者さんがまず最初に訪れる受付では、その応対が病院の印象を決定します。
初診、再診などの受付をはじめ、来客応対やカルテ管理、さらには電話応対まで、要求される業務をしっかり身につけ、「病院の顔」としての活躍を目指します。

医療ITコース
医療ITコース

医療情報の複雑化・膨大化に伴い、各医療機関は急速に情報化が進んでいます。しかし、現状では医療情報システムに対応できる人材が不足しています。
これからの医療現場においては、情報管理社会に適応した医療ITスタッフが、情報化をリードする重要な役割を担っていくことになります。

薬局事務コース
薬局事務コース

医薬分業により、調剤薬局の重要性はますます高まっています。医療機関と連携し業務を行う事務系スタッフの人材育成が急務とされています。健康を保つために必要な薬の効用を理解することで、患者さんとのしっかりとしたパイプ役を果たしていきます。

医療事務・公務員コース
医療事務・公務員コース

医療事務の資格取得とともに公務員試験にもチャレンジできるコースです。県立や市立病院、国立大学の附属病院で働くためには地方公共団体や独立行政法人が実施する採用試験の受験が必要です。このコースでは公務員試験で出題される幅広い科目の学習が可能です。もちろん医療事務の資格を活かし民間の病院事務スタッフとして活躍することも可能なため、就職先の選択肢を一気に増やせるコースです。

医療事務・ビジネスコース
医療事務・ビジネスコース

医療事務とビジネス系資格の取得を目指します。就職先として医療機関だけでなく民間企業にもチャレンジできるコースです。医療事務として、民間の病院スタッフに就職することも可能です。そのほかにも人気の高い「調剤薬局」、「ドラッグストア」、「医薬品製造業」、「医療器具関連会社」等、幅広い就職の選択肢が可能です。

スポーツ全般・トレーナー

さまざまなスポーツの人気が高まり、また世の中が健康の増進に関心が高まる中で、スポーツ分野の職業やビジネスへの注目が高まっています。いろいろな仕事を比べながら、あなたに一番合ったコースを考えてみて下さい。

スポーツトレーナーコース
スポーツトレーナーコース

スポーツトレーナーは、今やプロスポーツ選手のためだけの仕事ではありません。
健康への関心が高まり、スポーツクラブやジムを利用する人が増えている中で、一般の人々も専門の知識や技術を持つトレーナーのアドバイスを求めるようになっています。
スポーツトレーナーはトレーニングする人の体質や健康上の課題などを把握した上で、適切なプランを作成し、トレーニングを指導するとともに、食事管理や日常生活における健康アドバイスなども行います。

パーソナルトレーナーコース
パーソナルトレーナーコース

プロスポーツチームや、大学・高校のスポーツチームなどさまざまなスポーツの現場において、必要とされるのがトレーナーです。
スポーツドクターやコーチと連携し、選手の健康管理やコンディショニングを計画的・組織的に行なったり、スポーツ現場での外傷などに対して適切な応急処置や予防などを行います。
あらゆる場面でスポーツ選手にとって欠かせない存在です。

フィットネストレーナーコース
フィットネストレーナーコース

主にフィットネスクラブなどのスポーツ施設で、幅広い年齢層からのスポーツに関する相談へのアドバイスを行います。
安全かつ効果的なトレーニングプログラムを作成し、基本的なトレーニングの指導や、デモンストレーションなども行う仕事です。
フィットネストレーナーになるには、あらゆるスポーツに関する種目別トレーニング方法や、ケガを予防するための適正な運動処方や障害予防などの知識が必要です。

メディカルトレーナーコース
メディカルトレーナーコース

アスリートのみならず、ケガをした方や高齢者の方などの運動機能回復をサポートする仕事、それがメディカルトレーナーです。
医学に基づいた専門性の高い知識を習得し、ストレッチなどの運動療法や電気療法、マッサージやテーピング処置を施しリハビリ療法を行なっていきます。
スポーツ施設だけでなく、医療機関や福祉関連施設でも必要とされる職業です。

スポーツインストラクターコース
スポーツインストラクターコース

健康志向の高まりとともに、広がりをみせるスポーツライフ。
そんなスポーツ愛好家にとって身近な存在が、スポーツクラブで活躍するインストラクター。
脂肪を燃焼させる有酸素運動のスペシャリストであるスポーツインストラクターは、有酸素運動に関する高い知識と、総合的インストラクション能力が必要とされます。

こどもスポーツコース
こどもスポーツコース

初めてスポーツにふれる幼児から、スポーツの楽しさを実感できる児童まで、安全に楽しく体育指導を行う、それがチャイルドスポーツインストラクターの仕事です。
リズム体操やマット運動などの幼児体育はもちろん、幼児心理や児童福祉といった専門的な知識も必要とされます。

スポーツビジネスコース
スポーツビジネスコース

各種スポーツ用品の企画・開発・営業・販売や、スポーツイベントの企画・運営など、スポーツ業界の各分野で活躍しているスポーツコーディネーター。
スポーツの理論・実技に精通しているだけでなく、スポーツビジネスのスペシャリストとして、パソコンや各種ビジネスに関する知識も必要とされます。

スポーツ&ダンスコース
スポーツ&ダンスコース

ダンス人気はとどまることを知りません。学校教育にもダンスが取り入れられその人口は急激に増加しています。フィットネスクラブでもダンスのプログラムは幅広い年齢層に人気で、ダンスインストラクターのニーズも高まっています。スポーツコースで学ぶ運動指導に関する知識やフィットネス技能を習得しながらダンスの技能を身につけてることで幅広いフィールドで活躍できます。

スポーツ・公務員コース
スポーツ・公務員コース

スポーツに興味があるけど、公務員にもチャレンジしてみたい。そんなあなたにぴったりなコースです。
スポーツ系の実習と公務員試験対策をバランスよく取り入れ、各種資格を取得することで、公務員・民間企業、どちらにも対応することが可能です。
また、あらゆる公安系公務員試験はもちろん、事務系の公務員試験にも対応したコースですので、幅広い選択肢から職種を選ぶことが可能となります。

スポーツ・警察、消防官コース
スポーツ・警察、消防官コース

スポーツの知識や技能を武器に警察官・消防官を目指したいというあなたにぴったりなコースです。
スポーツ系の実習と公務員試験対策をバランスよく取り入れ、各種資格を取得することで、公務員・民間企業どちらにも対応することが可能です。
また、さまざまな職種に対応できるカリキュラムを整えていますので、警察官・消防官という入学時の希望職種が途中で切り替わっても大丈夫です。

野球専攻コース
野球専攻コース

学生スポーツの競技人口が最も多いといわれる野球は、日本人にとって最もメジャーな競技といっても過言ではありません。また、野球の組織論は企業経営にも応用されることも多く、ビジネスにも通じています。技術だけでなく、チームスポーツを学ぶことで、就職に役立つ挨拶やマナーも身に付きます。野球専攻は、クラブ活動とも連動し、専門学校大会の全国大会を目指して日々練習に励んでいます。

サッカー・フットサル専攻コース
サッカー・フットサル専攻コース

サッカーは世界で最も競技人口が多いスポーツといわれています。日本でもサッカー場やフットサルの施設が増加して、生涯つき合えるスポーツとして定着するようになってきました。今までクラブの経験がない人も是非始めてみませんか?初心者でもOK。サッカー・フットサル専攻は、クラブ活動とも連動し、専門学校大会の全国大会を目指して日々練習に励んでいます。

バスケットボール専攻コース
バスケットボール専攻コース

バスケットボールの魅力はなんといっても、常に攻守交代が行われ、スピード感のある試合展開や、観客を魅了するプレースタイルですが、見るよりも競技する方が何倍も楽しい競技です。一瞬の判断や、常に相手との駆け引きが行われていて、判断力や情報処理力なども身に付きます。初心者の方も是非その魅力を味わってください。バスケットボール専攻は、クラブ活動とも連動し、専門学校大会の上位を目指して日々練習に励んでいます。

バレーボール専攻コース
バレーボール専攻コース

一つのボールを繋いで得点を重ねるバレーボールは、どの競技よりもチームワークが重視されます。それぞれが自分の役割をハイレベルで果たしていくことでチームの勝利に繋がるという点では、社会人となっても通じる部分が多くあります。ストレス発散や運動不足解消にもなります。初心者の方もOK。バレーボール専攻は、クラブ活動とも連動し、専門学校大会の上位を目指して日々練習に励んでいます。

大原簿記専門学校 神戸校をもっと知るなら!

大原簿記専門学校 神戸校のパンフをもらおう

さんぽう専門学校をもっと詳しく知るなら!パンフレットをもらう

オープンキャンパス

大原簿記専門学校 神戸校のオープンキャンパス

オープンキャンパス&学校説明会
各学科のカリキュラム、目指せる資格や就職実績、入学時手続きまで大原について幅広く…

スペシャル体験学習 公務員公安系
人を守る・助けることにより、感謝される仕事に就きたい方に!…

大原簿記専門学校 神戸校をもっと知るなら!
  • パンフレットをもらおう

ページトップへ