辻製菓専門学校 自慢の先生・研究・学生作品

専門学校の情報検索なら[さんぽう進学ネット]

辻製菓専門学校

ツジセイカセンモンガッコウ

専門学校大阪府

  • パンフレットをもらおう

自慢の先生・研究

洋菓子 

洋菓子 

瀬戸山 明夫 先生

専属の教員が多い本校だからこそ、その場面でのフォローが可能になる。

生地をイメージ通りの厚みや形に伸ばすためには、麺棒の扱いはもちろん、生地がいい状態でなければならず、それは温度によっても変化します。では、いい状態とはどのような状態なのか、これこそが実習で学んでほしい点です。本校は専属教員が多いため実習中まさにその場面でのフォローが可能です。配合やつくり方だけではなく、作業工程の中で常に状態を意識していくことが技術の習得につながります。

和菓子

和菓子

金澤 賢吾 先生

基礎を積み上げ、文化や伝統を知り、その奥深さを探究することが重要です。

おいしい味への驚きは、一生頭脳に残るもの。試食を含め「理論」の授業で出会うすべてのお菓子が、そんな新しい驚きに満ちています。お菓子づくりには、材料の見極め、作り方の手順、生地の混ぜ具合など、すべてにおいて塩梅(あんばい)が非常に重要。さらには本物にふれ、見る目を養い、美的センスを磨いていくことも必要です。これらを探究し、学んでほしいと思います。

洋菓子

洋菓子

瀬戸山 知恵美 先生

お菓子やパンを学ぶことは、毎日が楽しい発見と素敵なお菓子たちとの出会いです。

一年間で基礎を学び、これからずっとお菓子を学び続ける土台を築きます。学校だからこそ、先生から知識や技術をじっくり学ぶことが出来るのです。実習室では温度、香り、材料や器具の扱い方を五感を使って覚えていきます。自分はどんなお菓子がつくりたいのか、それはどんな味になるのかを想像し、そのお菓子を美味しいといって食べてくれる人のために毎日が勉強です。

教養 

教養 

鎌田 陽子 先生

仕事としてお菓子をつくるには、お菓子のあらゆる面を知る必要がある。

仕事としてお菓子づくりをする上では、つくる製品をあらゆる面から知っておくことが必要です。また、理論で学ぶお菓子やその背景とともに、その食材の特性や栄養面、つくる際に気をつけなければならない衛生面、またそれを提供する対象者の特性なども知っておくことが大切です。教養の科目ではこれらの点について学びます。「お菓子をつくる」だけではなく、なぜそれが出来るのかを考え、つくりたいイメージに発展させていける知識を身につけてください。

辻製菓専門学校をもっと知るなら!

辻製菓専門学校のパンフをもらおう

さんぽう専門学校をもっと詳しく知るなら!パンフレットをもらう

学部・学科・コース

辻製菓専門学校の学部学科コース

製菓総合クラス パティシエクラス ブーランジェクラス 和菓子クラス
製菓技術マネジメント学科が目指すのは、2年間の学びを通してテクニックの精度を高め…

在校生・先輩メッセージ

辻製菓専門学校の先輩のメッセージ

杉藤 尚紀 製菓技術マネジメント学科(2年) 兵庫・篠山鳳鳴高校卒
パティシエに憧れて飛び込んだお菓子の世界。 実習のたびに感じるのは自…

辻製菓専門学校の先輩のメッセージ

野口 真由 製菓技術マネジメント学科(2年) 「パティスリー・リエルグ」内定 大阪・刀根山高校卒
「おいしい」「きれい」だけじゃない。知識を身に付け感性を磨いて、私らし…

オープンキャンパス

辻製菓専門学校のオープンキャンパス

オープンキャンパス
オープンキャンパスの流れ ●学校説明 まずは詳しい学校説明!他の学校との…

学校写真集

辻製菓専門学校の学校写真集

製菓実習室
現場に出ても困らない。プロと同レベルの設備
製菓店やホテル、ベーカリー…

辻製菓専門学校の学校写真集

就職に強い!
就職サポートは5月から始まります。
関西圏のみならず全国各地、海外から…

辻製菓専門学校をもっと知るなら!
  • パンフレットをもらおう

ページトップへ