大谷大学 学部・学科・コース

大学の情報検索なら[さんぽう進学ネット]

大谷大学

オオタニダイガク

大学京都府

  • パンフレットをもらおう

学部・学科・コース

社会学部

豊かで便利な社会のように見える日本。しかしその裏側には、少子高齢化や地方の過疎化、経済格差、自然災害など、たくさんの社会問題が進行し、困っている人々がたくさんいます。社会学部が目指すのは、困っている人々に「寄り添う心」を原動力として、「人と人をつなぎ、問題を解決する力」を養うこと。人と人、人と地域、お互いが敬いあい、支えあい、ともに生きていく、本当の意味で豊かな、これからの社会を創造する人を育てるために、社会学部では独自の学びのサイクルを設定しました。社会の中のあらゆる出来事から発見した研究テーマについて「話し、聞き、見る」「調べる、読む、まとめる」「伝える、見返す、やり直す」のプロセスを経験。その中で、課題の「発見」「整理」「共有」「解決に向けた協働」のサイクルを実践することで、しっかりとした問題解決力を養います。

コミュニティデザイン学科
(地域政策学コース、社会福祉学コース)
コミュニティデザイン学科(地域政策学コース、社会福祉学コース)

「コミュニティデザイン学科」が目指すのは「人と人とのつながり(コミュニティ)を創造(デザイン)」するための能力を有する人材を育成すること。そこで地域政策学コースと社会福祉学コースの2つの専門分野を設定。それぞれの視点から地域におけるさまざまな社会的課題と向きあい、まちづくりや福祉の相談・援助などの実践的な手法を学びながら解決の方向を見出していきます。大学を出て、実際に地域を訪れて課題を探す学びのスタイルは、まさに現場主義。演習(ゼミ)を中心としたプロジェクト型学習にも力を入れていきます。直接人と会って話を聞き、自分の考えを人に話し伝える4年間の学びが、実践力と課題解決力を磨きます。

現代社会学科
(公共社会、人間関係、現代文化)
現代社会学科(公共社会、人間関係、現代文化)

「現代社会学科」では、さらに広く、深く、社会問題が起こる背景を学び、解決に向けた堅実で柔軟な能力を備えた人物の育成をめざします。今なお世界中では様々な争いが起こり、ネット社会が発達する一方で、人を傷つけ排除する事件が後を絶ちません。複雑で多様な文化の発展により、予測不可能な事態が発生する可能性が高い現代社会。だからこそ社会現象を的確にとらえ、社会と人との関係性を深く探る、探求力と課題解決力を養う必要性が高まっているのです。学生が興味・関心を向ける、あらゆることが学びの対象。公共社会、人間関係、現代文化の3つの専門分野に分かれ、自由なテーマ設定のもと、社会学の専門的なものの見方や考え方、調査・分析方法を身につけます。

教育学部

子どものこころに寄り添い、豊かな育ちと学びを支える。そんな「こころ先生」を育てるために、大谷大学の教育学部(構想中)では、初等教育コースにおいて、これまで文学部 教育・心理学科で培った教員養成のノウハウを活かし、子どもたちと実際に触れあう学習機会を豊富に設けます。また、幼児教育コースを設置することで、保育士資格の取得が可能に。将来の幅が広がり、学生一人ひとりが「こころ先生」に向けて成長していける環境が整っています。

教育学科 初等教育コース
教育学科 初等教育コース

「初等教育コース」では、教育学、教科教育学、心理学といった教育関連領域を、理論と実践の2つの視点から総合的に学修します。社会的ニーズの高まるICTやアクティブラーニングに対応した授業展開では、特に算数・理科の授業の指導力を重点的に高めます。仏教精神を基盤とする宗教的情操を育む独自科目も開講。演習や心理学系の科目では、コミュニケーション能力や対人関係能力を養います。また「学校ボランティア」など地域と連携した活動や、障がいの有無に関わらず誰もが地域の学校で学ぶことをめざすインクルーシブ教育に関する講義などを通じ、特別な支援が必要な子どもをはじめ、一人ひとりに寄り添った対応ができる教員を養成します。

教育学科 幼児教育コース
教育学科 幼児教育コース

「幼児教育コース」では、幼児教育と保育および子どもの福祉に関する理論と実践を総合的に学びます。第1学年から履修する「初等教育実践論」では、保育所・幼稚園・児童福祉施設など保育の現場と連携し、ボランティアを通じて体験的に学びます。さらに、音楽・造形などに関する授業では、感性や表現力を磨きます。所定の心理学系科目と実習を履修すれば、認定資格である「保育心理士(二種)」の取得が可能になります。資格取得後もフォローアップ講座に参加すれば、高度な専門性を継続して高められます。幼稚園や保育所はもちろん、幼保連携型認定子ども園、児童福祉施設(児童厚生施設・児童養護施設・乳児院など)への就職支援も充実。多様なニーズに応えられる保育者としての活躍をサポートします。

文学部

文学部の学びでは、歴史の中で蓄積された多様な文化を通して、人と社会に関わる重要な問題を見極め、自らを深く見つめ直して、現代社会を主体的に生きぬく力を身につけることができます。各学科では、歴史、文学、哲学、宗教、国際文化を専門的に学びますが、共通して大切なことは、自らの考えを的確に人に伝えるということです。そこでは情報を正しく読み取り、論理的に考えを整理して、きちんと書き示す能力=「読み書き」の力が重要です。そのため、各学科ではそれぞれの学びを通して「読み書き」の力を徹底的に鍛えます。また、読み書きの基礎力を高め、自信をもって授業に臨むためのサポートとして学習支援室を設けるほか、専門分野の学びを支える総合研究室や図書館、博物館など、みなさんが学びたいという気持ちを支える環境が整っています。

真宗学科
[思想探究コース、現代臨床コース、国際コース]
真宗学科[思想探究コース、現代臨床コース、国際コース]

真宗学科では3つのコースが用意されています。

【思想探究コース】親鸞のさまざまな著作をはじめとし、親鸞思想の源泉である仏教経典およびインド・中国・日本の先人たちの著作などの文献を読解することを通して、親鸞思想を探究。宗教的関心を持つ人、真宗の歴史や典籍の研究に関心を有する人など、各自の課題に応じて真宗の学びを推進し、人間の普遍的な課題を明らかにし、人間にとっての「まこと」を探究していきます。

【現代臨床コース】現代社会の様々な問題を切り口として、仏教、ことに親鸞思想を通して人間の問題を確かめ、問題を超える道はどこにあるのかを明確にすることをめざします。現代社会の人間生活の現場に深く関わりながら、自己や人間、社会や世界の本質を問い、教えをもとにして社会を主体的に生きる力を養成します。

【国際コース】世界の国々との交流が進む現代社会において、他の宗教や思想・文化と向きあいながら国際的な視野をもって真宗を学びます。浄土真宗の教えに立ち、国際語としての英語で他者と対話できるような人物の育成をめざし、やさしい英語に翻訳された真宗文献を通して仏教・真宗の基礎を確かめ、大学院や海外開教の現場で必要とされる力を身につけます。

仏教学科
[仏教思想コース、現代仏教コース]
仏教学科[仏教思想コース、現代仏教コース]

仏教学科では2つのコースが用意されています。

【仏教思想コース】古典語で書かれた文献の講読を通して仏教を思想的に学ぶコースです。初期経典と大乗経典とのうち、厳選された経典を対象として、古典言語を学びつつそれを丁寧に読解し、仏教思想の基礎を身につけていきます。

【現代仏教コース】社会における生老病死の現場を学びのフィールドと位置づけ、そこで生活する人々との対話を通して、自分自身にとっての仏教の意義を問い直すことを学びます。また、今現在も海外の国々で「生きている仏教」を「地域仏教」と捉えて、現地の言語を学びながら地域文化として根付いた仏教に触れます。国際的な視野からともに生きる世界を求めて地域仏教について学びます。

哲学科 
[哲学 ・西洋思想コース、心理学・人間関係学コース、倫理学・公共哲学コース、宗教学・死生学コース]
哲学科 [哲学 ・西洋思想コース、心理学・人間関係学コース、倫理学・公共哲学コース、宗教学・死生学コース]

哲学科では4つのコースが用意されています。

【哲学・西洋思想コース】古代ギリシアのプラトンやアリストテレス、近代のデカルトやカント、現代のニーチェやハイデッガーといった西洋哲学の本流とも言える哲学者たちの思索を参考にしながらさまざまな哲学的なテーマについて考察します。また、西田幾多郎や鈴木大拙といった明治期以降の日本の哲学者たちの思索をも参考にしながら考察します。

【心理学・人間関係学コース】現代社会に生きる私たちの人間関係から生じてくる問題のうち、具体的な人間関係にかかわる問題を客観的な視点から考察。また、カウンセリングなどの現代の臨床の場で得られる知見も参考にします。

【倫理学・公共哲学コース】人間が「よく生きる」とはどういうことか。そもそも「よい」とはどういうことか。論理的な思考のなかから、その問いに対する答えに普遍性を見出し、広く社会一般の利害にかかわる公共性について考察します。

【宗教学・死生学コース】パスカルやモンテーニュ、ハイデガーやキルケゴールなど、死と生をめぐる歴史的な哲学・宗教学の文献に学ぶことによって、現代に生きる人間がかかえるさまざまな問題を多角的に考えていきます。

歴史学科
[日本史コース、世界史コース、歴史ミュージアムコース、京都探究コース]
歴史学科[日本史コース、世界史コース、歴史ミュージアムコース、京都探究コース]

歴史学科では4つのコースが用意されています。

【日本史コース】古代から現代まで日本史の全領域を研究対象とするコースです。歴史研究の基礎となる素材=史料を読み解き、歴史上のさまざまな課題に迫ります。

【世界史コース】秦の始皇帝や『三国志』など、アジアを中心とした豊かな研究実績をもつ大谷大学の伝統に基づき、さらにヨーロッパなど他の地域をも視野に入れた歴史を学ぶことができます。

【歴史ミュージアムコース】彫刻や絵画・書・工芸・古文書・考古資料、寺院や神社、城郭・遺跡などの造形文化財に注目。これらの“もの”が語りかけてくる声を読み取り、文献史料と併せて幅広く歴史を考えていきます。

【京都探究コース】京都という地域で学ぶことを活かし、祗園祭や葵祭といった行事を実際に訪れ、見る、聞く、体験するフィールドワークなどをつうじて歴史を学びます。古都の歴史に学び、新たな文化・伝統を創造し世界に発信する力を養うことをめざします。

文学科 
[日本文学コース、現代文芸コース]
文学科 [日本文学コース、現代文芸コース]

文学科では2つのコースが用意されています。

【日本文学コース】古代から現代にわたる日本の言語と文学、およびその形成に影響を与えた中国の言語と文学について学びます。言葉はいくつもの意味を持ち、絶えまなく変化しています。言葉によって精妙に構築された文学を理解・解釈し、言葉の向こうにある人間の真の姿や深遠な思想を探ります。国語教員への道も開かれています。

【現代文芸コース】日本文学を中心に古今東西の多種多様な文学に接することで、知性と感性に磨きをかけ、鋭い洞察力と洗練されたしなやかな文章表現力を身につけるコースです。自らの感性の特質と問題意識のあり方を見定め、それらの発現としての言語表現が客観的に認められるレベルとなることを目指します。創作の試みなども行い、想像力と構成意識を育みます。

国際文化学科
[英語コミュニケーションコース、欧米文化コース、アジア文化コース]
国際文化学科[英語コミュニケーションコース、欧米文化コース、アジア文化コース]

国際文化学科では3つのコースが用意されています。

【英語コミュニケーションコース】英語力の向上に特化した新規開設コースで、英語集中プログラムと国内合宿や海外研修で英語を徹底的に鍛えます。さらに、京都をフィールドとする実践型学びを通じて、英語で考え情報発信を行い、国際的な視野を持って社会に貢献できる人物を育成します。

【欧米文化コース】世界中に影響を与えているヨーロッパやアメリカの文化・社会・歴史を学びます。外国語での文献読解や情報収集・分析を通じて国際コミュニケーション力の基盤となる論理的思考力と表現力を鍛え、これからの国際社会を生きていくための知識とセンスを磨きます。

【アジア文化コース】中国文化と韓国・朝鮮文化は単に東アジアという地域にとどまるものではありません。華人社会やコリアンタウンは世界中に広がっており、ダイナミックな人の移動によっても文化は変容しています。アジアに学ぶことで、躍動する現代社会を生きていくうえで必要な視角を養います。

大谷大学をもっと知るなら!

大谷大学のパンフをもらおう

さんぽう専門学校をもっと詳しく知るなら!パンフレットをもらう

オープンキャンパス

大谷大学のオープンキャンパス

オープンキャンパス
2018年4月から「社会学部*」「教育学部*」「文学部」の3学部体制で新たにスタ…

大谷大学をもっと知るなら!
  • パンフレットをもらおう

ページトップへ