人間総合科学大学 在校生・先輩メッセージ

大学の情報検索なら[さんぽう進学ネット]

人間総合科学大学

ニンゲンソウゴウカガクダイガク

大学埼玉県

  • パンフレットをもらおう

在校生・先輩メッセージ

人間科学部
健康栄養学科
上久保 里美さん
2016年3月 卒業
管理栄養士
勤務先:埼玉県内の病院に勤務

人間科学部健康栄養学科上久保 里美さん2016年3月 卒業管理栄養士勤務先:埼玉県内の病院に勤務

病院で管理栄養士として働いています。1年目の仕事は、業務全体を覚えるため、調理や発注業務が中心でした。決まった期間や時間内で確実に発注、調理を完了することがとても重要で、最初のうちはなかなか要領がつかめず、試行錯誤の連続でした。今では、食材や調理方法を工夫する等単につくるだけではなく、改善することにも取り組むことができています。最近では、言語聴覚士と何度もやり取りをしながら、味噌汁のとろみ具合を改善して患者様に好評価を頂くことができました。当面の目標は、栄養指導業務を担うこと。大学時代に培ったコミュニケーション能力を活かして、様々な患者さんのこころとからだを支える管理栄養士になりたいと思っています。

人間科学部
健康栄養学科 卒業生
吉田 裕人さん
勤務先:株式会社 明治 関東支社栃木オフィス

人間科学部健康栄養学科 卒業生吉田 裕人さん勤務先:株式会社 明治 関東支社栃木オフィス

食品業界は求人数が多く、就職は他分野に比べて有利です。しかし、第一志望の会社に就職するにはそれなりに努力が必要です。私は人間総合科学大学の強みを活かして第一志望の会社に就職をすることができました。それは、企業出身の教員が多いことと、少人数なので親身な個別指導が受けられることです。「どの企業であれば自分のやりたいことができるか」という会社選びから、「企業が望む人物像を意識した面接対策」まで、実践的な情報をいただき、個別に指導いただけました。ウェブや会社説明会、一般的な就職指導での情報だけではなく、この個別指導が就職活動を有利に進められた大きな要因だと思っています。

看護学科
保健医療学部
松本 しおりさん
2016年3月 卒業
看護師
勤務先:済生会栗橋病院

看護学科保健医療学部松本 しおりさん2016年3月 卒業看護師勤務先:済生会栗橋病院

在学中の実習でお世話になった総合病院で脳外科と小児科の病棟を担当しています。病気を発症して間もない急性期の病棟ですので、患者さんの病状の急変にしっかりと対応すると共に、その兆候にいち早く気がつくことができるよう、日々患者さんを深く看る力が求められます。特にバイタルサイン(生体反応)の変化に注目することが大事ですが、脳外科の病棟では、「うつ」を併発する患者さんも少なくなく、心身の関係に着目しないと患者さんをより正確に理解することが難しいと感じています。そのため、1年次に履修した「心身健康科学概論」という授業の「心身相関」という視点が、今の仕事にとても役立っています。現在の目標は、特定の看護分野において専門性を有する認定看護師になることです。まだまだ覚えなければならないことはたくさんありますが、在学中から急性期の病棟で勤務することを希望していたので、やりがいを持って日々の看護業務に邁進しています。

保健医療学部 リハビリテーション学科
理学療法学専攻
多田 侑平さん
2016年3月 卒業
理学療法士
勤務先:邑楽館林医療事務組合 館林厚生病院

保健医療学部 リハビリテーション学科理学療法学専攻多田 侑平さん2016年3月 卒業理学療法士勤務先:邑楽館林医療事務組合 館林厚生病院

総合病院で理学療法士をしています。入職して強く感じたことは、コミュニケーションの大切さです。理学療法士は患者さんと一対一で対応する時間が長く、コミュニケーション能力がより必要とされる医療系職種です。以前、失語症の患者さんを担当した際、担当を交代したことがありました。「からだ」のことばかりに集中してしまい、病気と「こころ」の関係に理解が足りませんでした。とてもショックな出来事でした。しかし、大学で学んだ「心身相関」という視点が、その後の仕事を改善する大きなヒントとなりました。今では、患者さんのゴールを決めることから、治療の際の声がけまでの全てにおいて、患者さまの「からだ」と「こころ」に関するより深い理解を心がけ、コミュニケーションをとるようにしています。大学時代に培った説明力や質問する力は、患者さんとその家族、同僚や他職種の方との連携においても、とても役立っています。先生方との交流は現在も進行中で、「4年間だけではなく卒業後もその魅力が尽きないこと」が本学の魅力です。

保健医療学部 リハビリテーション学科
義肢装具学専攻
藤塚 友美さん
2016年3月 卒業
義肢装具士
勤務先:有限会社 藤塚製作所

保健医療学部 リハビリテーション学科義肢装具学専攻藤塚 友美さん2016年3月 卒業義肢装具士勤務先:有限会社 藤塚製作所

装具製作と病院への営業が現在のメイン業務です。製作では、金属支柱の加工や患者さんの歩行をサポートするために靴の中に入れて使う足底板の製作を担当しています。営業では担当する5か所ほどの病院に出向きます。医師からの「こういう装具を作って欲しい」という要望を土台にして、患者さんと直接触れ合いながら、作る装具の詳細を決め、足の型取り作業などを病院で行います。大学で「義肢装具士はコミュニケーション力が大切な仕事」と学びますが、実際の臨床の場において、まさにそのことを実感しています。私は小児を担当することが多く、患者さんだけでなくその親御さん、そして要望を形にするために社内のデザインチームとも円滑なコミュニケーションを図り、患者さんにとって最適な装具を作ることが求められます。いろんな意見をとりまとめるのは大変ですが、完成した装具を装着した患者さんの笑顔が大きなやりがいと達成感に繋がっています。

人間総合科学大学をもっと知るなら!

人間総合科学大学のパンフをもらおう

さんぽう専門学校をもっと詳しく知るなら!パンフレットをもらう

オープンキャンパス

人間総合科学大学のオープンキャンパス

オープンキャンパス
オープンキャンパスの流れ(一例) 大学全体説明→学科別説明→模擬授業→個別相談…

学部・学科・コース

人間総合科学大学の学部学科コース

ヘルスフードサイエンス学科(食品健康科学)
食品開発のできる栄養士・管理栄養士 人間の総合的な理解を基本に、食・栄養の…

人間総合科学大学の学部学科コース

健康栄養学科
医療に強い管理栄養士 本学科では人間の総合的理解を土台とし、管理栄養士に必…

自慢の先生・研究・学生作品

人間総合科学大学の自慢の先生

人間科学部 健康栄養学科 学科長
適切な食は、私たちの「からだ」を作り健康を維持するだけではなく、「こころ」を満た…

人間総合科学大学の自慢の先生

人間科学部 ヘルスフードサイエンス学科 学科長
「食べる」ことは、宗教、精神活動、食文化、コミュニケーション等、日常生活すべての…

学校写真集

人間総合科学大学の学校写真集

Art Gallery at Campus
本学の至るところで目に付くのが、大小さまざまなたくさんの絵画やオブジェ。100点…

人間総合科学大学の学校写真集

ラーニングコモンズ
蓮田キャンパス
グループワークや学生間の自学学修、また、教授陣を交えて…

人間総合科学大学をもっと知るなら!
  • パンフレットをもらおう

ページトップへ