文化服装学院 在校生・先輩メッセージ

専門学校の情報検索なら[さんぽう進学ネット]

文化服装学院

ブンカフクソウガクイン

専門学校東京都

  • パンフレットをもらおう

在校生・先輩メッセージ

後藤里奈さん

アイア株式会社勤務
2009年服飾専攻科デザイン専攻卒業

後藤里奈さんアイア株式会社勤務2009年服飾専攻科デザイン専攻卒業

アパレルメーカーのデザイナーとなり、今年で2年目を迎える後藤里奈さん。デザイナーといっても絵型を描くだけでなく、サンプル作成のための仕様書を書いたり、リボンやスパンコールなどの付属品の手配、繁忙期には店頭に立ったりするなど担当業務は幅広いようだ。
「学生時代に専門的に勉強していないニットデザインなど、入社してから覚えたことも一杯あります。入社当初は戸惑うこともありましたが、今はいろいろなことを吸収していきたいという気持ちです。とにかく、私はデザイナーとして歩き出したばかりです。これからもさまざまなことを勉強して、ひとりのデザイナーとしてももっと成長していけたらと思います」

※文化服装学院ホームページ Next!より転載

吉井 恵里奈さん

MAIN by VINTAGE DECOLLER勤務
2008年ファッションビジネス科卒業

吉井 恵里奈さんMAIN by VINTAGE DECOLLER勤務2008年ファッションビジネス科卒業

ビジネス科ではマーケティングなどを主に勉強してきた吉井さんだが、もともと服作りに興味があったことや、販売だけの仕事に疑問を感じるようになっていた。「2年間働いた販売を辞めるときには勇気がいりましたが、何か作り手にもなれるような職業に就きたかったんです」。文化に在学中は課題が多くハードだったとのことだが、市場や流通について勉強できたことは前職でも現在の仕事でも役に立っているようだ。さらに「1年のときに基本の縫製で服の構造を学んだことは今とても役に立っていますね。ヴィンテージアイテムは作りが変わっている物があったりもするんですけど、そういった物も臨機応変に相談しながらリメイクをしています」。

※文化服装学院ホームページ Next!より転載

岡田 敦之さん

松竹衣裳株式会社勤務
スタイリスト科卒業

岡田 敦之さん松竹衣裳株式会社勤務スタイリスト科卒業

「雑誌のスタイリストのように流行のものを集めるのではなく、監督がイメージする服を集めていき、役の設定にあうことが基本です」。衣装合わせのときは1つのコーディネートを決めるのに、10パターン近く準備することもあり、集める服の量は膨大。「自分でも台本を読んで、その役柄にあった服を提案します。監督のイメージの中に、自分が思うものをうまく入れていければいいですね。今後は自分が台本を読んで思ったイメージ通りの衣装が提案できるといいですね。日本でも名のある衣装デザイナーがいますが、自分もいつかはそういった立場になれればと思っています」

※文化服装学院ホームページ Next!より転載

文化服装学院をもっと知るなら!

文化服装学院のパンフをもらおう

さんぽう専門学校をもっと詳しく知るなら!パンフレットをもらう

学部・学科・コース

文化服装学院の学部学科コース

服装科
【1年次】 製図によるパターン製作、体に合わせた補正、素材別の縫合など、基礎技…

文化服装学院の学部学科コース

服飾研究科
デザインの発想から生産までの全過程の理論と技術を実践的に学びます。大学・短大で得…

オープンキャンパス

文化服装学院のオープンキャンパス

公開ファッションショー
演出が光る! 上級学科の学生によるファッションショー一般公開 ※イベントは…

文化服装学院のオープンキャンパス

ファッションサマーセミナー
※材料費は自己負担 年に1度の一大入学体験イベント。教員と学生のサポートで…

文化服装学院をもっと知るなら!
  • パンフレットをもらおう

ページトップへ