名古屋芸術大学 学部・学科・コース

大学の情報検索なら[さんぽう進学ネット]

名古屋芸術大学

ナゴヤゲイジュツダイガク

大学愛知県

  • パンフレットをもらおう

学部・学科・コース

音楽学部(4年制)

※名古屋芸術大学は2017年4月、改組予定(構想中)です。

2015年4月、音楽学部に照明と音響を学ぶ「エンターテインメントディレクションコース」の誕生に引き続き、2016年4月、音楽療法を発展させた「音楽ケアデザインコース」が誕生!
あらゆるジャンルの音楽の収録が可能なレコーディングスタジオ、パイプオルガンを備えたホール、約100室あるピアノ練習室を備えています☆

演奏学科
声楽コース
演奏学科声楽コース

声楽は「ことば」と自分の「心」を融合させ、「心の世界」を伝える精神的な学問。そうした理念に基づき、ソリストなどの演奏家を育成するとともに、オペラ制作などを通して、舞台表現分野で活躍する人材も育成しています。

演奏学科
ピアノコース
演奏学科ピアノコース

個々の能力や感性などにあわせ、どんな演奏形態にも即応できる実践力を養成。バロックから近代、現代に至る広範な角度から、ピアノ音楽と高い表現力を追求し、確固たる演奏能力の獲得をめざします。また演奏会や著名な音楽家との交流など多彩な機会を設けています。

演奏学科
電子オルガンコース
演奏学科電子オルガンコース

電子オルガンの演奏技術、演奏表現、編曲、創作(作曲)、即興、レジストレーション(音色創造)などについてレベルアップを実現。将来的にも、奏者や指導者をはじめ多岐にわたる活躍の場が用意されています。

演奏学科
弦管打コース
演奏学科弦管打コース

技術、精神の両面から独自の教育カリキュラムを実践。マンツーマンのレッスンと多彩な合奏授業により、演奏家として、またバンドディレクターとしてプロフェッショナルにふさわしい演奏力と知識、そして豊かな感性を養成します。

演奏学科
音楽総合コース
演奏学科音楽総合コース

文字通り、音楽を総合的に学ぶことができるコース。2年次までは自由に開講科目を受講、3年次進級時に、自分の適性や志望に沿って、希望の専攻を選ぶことができます。自分でカリキュラムをデザインし、音楽的アイデンティティを確立したい人にぴったりのコースです。

音楽文化創造学科
音楽教育コース
音楽文化創造学科音楽教育コース

学校教育、生涯教育、地域社会における音楽活動など、音楽教育の果たす役割とその課題を見い出しながら、音楽指導の可能性を追求。小・中学校でのユニークな「音楽体験旅行」を通じて、音楽教育のスペシャリストをめざします。

音楽文化創造学科
作曲コース
音楽文化創造学科作曲コース

音楽作品を構成する多様な音素材を探求するとともに、過去の優れた作品を分析・研究し、芸術的な作品とは何かを探求。作曲に必要な種々の技術を習得。作曲実習を通して、真に個性的・創造的な作品を創る技量を身につけます。

音楽文化創造学科
サウンド・メディアコース
音楽文化創造学科サウンド・メディアコース

現代の音楽表現に必要不可欠なデジタル分野の技能や他メディアとのコラボレーションなど新たな発想をもとにした音楽教育を展開。多彩なジャンルで活躍するクリエイターやエンジニアなどの人材を育成します。

音楽文化創造学科
音楽ケアデザインコース(2016年4月新設)
音楽文化創造学科音楽ケアデザインコース(2016年4月新設)

福祉・医療分野で、様々な効用が認められ、その活動が認知されてきた「音楽療法」。
最近は、認知症予防やコミュニティ創出など地域の場でも音楽を用いたケアが注目されています。本コースでは、多様な場や、ニーズのある人々に音楽ケアを提供できる音楽ケアデザイナーや、アートとケアについて幅広い視野をもった音楽療法士の育成をめざします。

音楽文化創造学科
ミュージカルコース
音楽文化創造学科ミュージカルコース

斬新性にあふれた時代の舞台芸術「ミュージカル」を深く追求。演劇・歌唱・舞踊の三部門にわたり基礎から応用までの技術を学び、メンタルな面からも立体的な作品の創作に携わることのできる力を養います。

音楽文化創造学科
アートマネジメントコース
音楽文化創造学科アートマネジメントコース

アートマネジメントのプロフェッショナル育成を目的に、音楽家としての基礎能力や理論的素養の習得に加え、アートマネジメントの現場でのインターンシップなどを通じて実践能力も育成します。

音楽文化創造学科
ジャズ・ポップスコース
音楽文化創造学科ジャズ・ポップスコース

東海地方の音楽大学初の専門コース。

現役ミュージシャンのマンツーマン指導でジャズを中心に、コード進行などの基礎から教授。
ジャズを中心としてポピュラーはもちろん、多様な音楽を自在に弾きこなせるようになることを目指します。

音楽文化創造学科
音楽総合コース
音楽文化創造学科音楽総合コース

文字通り、音楽を総合的に学ぶことができるコース。

2年次までは自由に開講科目を受講、3年次進級時に、自分の適性や志望に沿って、希望の専攻を選ぶことができます。自分でカリキュラムをデザインし、音楽的アイデンティティを確立したい人にぴったりのコースです。

音楽文化創造学科
エンターテインメントディレクションコース
音楽文化創造学科エンターテインメントディレクションコース

アーティストのライブやコンサートは、単に音楽を生で聴かせるのみでなく、音楽を魅せるための様々な演出が施されたショーの場となりつつあります。それに伴い、今、ステージを作り出すディレクター、プランナー、音響、照明などの舞台裏のプロフェッショナル達が注目されています。

舞台制作に関わる知識や技術を総合的に学び、将来は舞台のスペシャリストとして新たなミュージックシーンを切り開く人材の育成を目指します。

美術学部 美術学科(4年制)

※名古屋芸術大学は2017年4月、改組予定(構想中)です。

それぞれに道を極める「絵画ブロック」と「アートクリエイターブロック」。
アーティスト養成を見据えた「絵画ブロック」は、日本画コース、洋画1(油画)コース、洋画2(絵画・現代アート)コースがあります。

一人ひとりの可能性を最大限に引き出す「アートクリエイターコース」は、コミュニケーションアート、彫刻、陶芸・ガラス、版画・平面、美術文化の各クラスを選択できます。1年次に様々な美術ジャンルの基礎を学ぶので、自分にあった内容を選択できます。
アーティストのみならず、地域文化の発展・振興に寄与できる人材の育成をしています。

絵画ブロック
絵画ブロック

●日本画コース
50号から100号の課題制作を通して、日本画の基礎的知識、技法を修得。
古典の模写や歴史を学ぶことで、現代と過去、東洋と西洋の違いについて探求します。

3年次は、与えられた課題ではなく、写生をもとに自由な発想で自分のテーマを追求し、公募展に出すような150号の大作に取り組みます。

4年次はこれまでの研究や経験、創作活動の中から表現の可能性を模索、卒業制作に取り組みます。選択科目では、フランス在住の著名な修復家篆刻など、さまざまな表現様式を学ぶことができます。

●洋画1(油画)コース
絵画表現の基礎を固めるために、1~2年次には、人体・静物・風景などの課題制作を主にしながら、古今東西の作品に触れることで視野を広げ、感性を養っていきます。古典絵画の模写を通して古典技法を学び、巨匠たちがどんな手順で描いていったのか。油彩画の「絵肌」=マチエールを表すためにどんな技法を使っているのか。
それらを体験しながら一定の技術の修得をめざします。

また、16~17世紀の油彩画の多くに見られる独特の表現方法、テンペラ絵具の技法も学びます。3年次からは、自由制作を通して各自のテーマの発見と思索、表現するという創造の原点を探求しながら、表現を深めていきます。


●洋画2(絵画・現代アート)コース
洋画2(絵画・現代アート)コースは、将来アーティストとして活躍したい、あるいは美術に関わる仕事に就きたいと考える人のためのコースです。

基礎的な絵画力を養いながら、旧来の美術教育とはやや趣の異なる実践的なカリキュラムやワークショップなど、より現代的な内容の授業を構成しています。
2週間で1,000枚以上をめざすドローイング演習、インタビューしながらコミュニケーションを重視して描く人物表現、第一線で活躍するアーティストや美術関係者を招いての対話授業など、そのスタイルは多彩です。

国際的な視点での情報や教育、評価に対しても重点を置き、21世紀をアートとともに生き抜く力とキャリアアップを養うことをめざしています。

アートクリエイターブロック
(アートクリエイターコース)
アートクリエイターブロック(アートクリエイターコース)

2年次以降に、「彫刻」「陶芸・ガラス」「版画・平面」「コミュニケーションアート」「美術文化」の5つの専門に分かれ、互いに補い合いながら、より専門性を深めた制作・研究を行います。そのため、専門に分かれる前の1年次には、4つの期間に異なる4つの基礎実技・演習・講義(※)を体験し、自分の内にある可能性を発掘します。細やかなカリキュラムと講師陣によって、身につけた腕“arm”を武器”arms”にし、社会に貢献できるさまざまなクリエイターをめざしてください。

※1年次に「ファンデーション」というシステムを導入。〈日本画基礎〉〈油彩基礎〉〈彫刻基礎〉〈陶芸・ガラス基礎〉〈コミュニケーションアート基礎〉〈美術文化基礎〉の6つの基礎を学びます。2年次からクラスの選択ができます。

●アートクリエイターコース
彫刻

彫塑と立体造形の専門実技を習得するクラスです。
伝統の上に立ち、
1)自然が作った究極の造形「人間」の制作を、彫塑を中心とする具象的表現で追究
2)多様な素材と自由な発想・空間、さらには心象的造形を明解なコンセプトのもとに抽象表現で追究
このふたつの方法で彫刻を学び、次の時代の造形の可能性を探ります。

●アートクリエイターコース
陶芸・ガラス

陶芸とガラスの専門実技を習得するクラスです。

2年次は、素材になじむ訓練を徹底。また、吹きガラスの基本技術とコールドワークとよばれるカットや彫刻、さまざまな技法を修得します。

3年次は手捻り技法や多種類形態の組み合わせによるインスタレーション、またはロクロ技法による制作。ガラス分野では、ガラスの歴史を踏まえた素材表現・研究をテーマに、課題制作も行います。

4年次は、卒業制作に向かう準備をします。コンセプトから表現技法などを自ら考え、一連の作業計画を立て、担当教員とのミーティングで進めていきます。

●アートクリエイターコース
版画・平面

版画・平面クラスは、主に版画の技法を使って版画作品を制作する学生と、主にアクリル絵具、ガッシュ、パステル、色鉛筆などを使って平面作品を制作する学生が相互に影響しあえるクラスです。

技法習得に偏りがちな版画教育ではなく、個々のイメージ性を大切にしてそれを引き出すことに重きを置いてきた本学版画コースの理念をより一層深めます。

あくまで「何が作りたいか」という個々のモチベーションを大切にした指導や環境から、学生たちそれぞれが、現代的なテーマやイメージを、伸びやかで個性的に表現できる人材を育成します。

●アートクリエイターコース
コミュニケーションアート

アートによるコミュニケーションの現場では、さまざまな関わりの中で人々が癒され、生きるチカラを得ることができます。
そんな「場」づくりができる人材育成を目的としているのが、コミュニケーションアートクラスです。アイデアを生み、絵を描き、フィギュアを作り、映像を手がけ、版画を作る…。

アートのさまざまなスキルを修得し、それを自分の表現だけにとどめるのではなく、子どもや地域、医療や福祉の現場で活かすことを実践します。
また、海外を含む学外の作家を招いたアーティスト・イン・レジデンスや展覧会を学生たちも交えて開催。必要に応じ、学内外を問わず地域の方々にも参加を促し、実践していきます。

●アートクリエイターコース
美術文化

美術文化クラスでは、美術史、芸術学に関する幅広い知識を身につけるとともに、展覧会やワークショップの企画・運営に必要なスキルを身につけるためのさまざまな科目を用意しています。

例えば3~4年次の「芸術専門演習」では、実際に小企画展を企画・運営します。展示のための作品や作家研究はもちろん、コンセプトを綿密に設定し、それを伝えるための媒体制作に力を入れ、総合的なプロデュース力を養います。

また「芸術研究演習」(3~4年次)では、各自の研究テーマについてパワーポイントを駆使して「ミニ学会形式」で発表。学生と教員が討議しながら研究を深め、最終的な卒業論文の完成につなげます。

デザイン学部 デザイン学科(4年制)

※名古屋芸術大学は2017年4月、改組予定(構想中)です。

「社会と関わるデザインを追求する」
デザインは社会に共存するもの。
本学部では、「個人と社会を結ぶデザイン」をコンセプトとし、社会で機能するデザイン力や発想力を身につけることを目指します。
そのため、デザインを成立させるためのプロセスの理解と実践、コミュニケーション能力を高めていくためのトレーニングに力を入れています。

1年次ではデザインそのものの基礎と、さまざまなジャンルのデザインを学び、2年次から専門コースに分かれます。

メディア&コミュニケーションブロック
メディア&コミュニケーションブロック

●ヴィジュアルデザインコース
視覚情報に関わるコミュニケーションについて研究。表現の対象となる“価値”を見つけ、視覚化するアイディアを練り、プレゼンテーションできる企画性を学びます。またコンペティションや展覧会などにも積極的に参加します。

●イラストレーションコース
材料や道具、紙質などの違いによる多彩な表現方法や技術を習得。また同じイラストレーションであっても、場所や媒体によって見る人が受ける印象や伝達効果が異なることを学びます。本コースでは、学生自身の作風や個性的な表現の探求を目指して授業を進めています。

●メディアデザインコース
映像(動画・写真)、音、インタラクティブなどの要素を駆使し、デザインの理論を幅広く学びながら、Web、DVD/CD-ROM等のパッケージ、映像、アニメーション、サウンドなどの作品を、コンピュータや映像機器を利用して構想・制作します。

●メディアコミュニケーションデザインコース
メディアが多様化する現代、ビジュアルイメージによるコミュニケーションの重要性はますます高まっています。写真、版画、コンピュータといった技法や装置を活用して、新しいヴィジュアルアートワークの可能性を探ります。作品を制作することだけに重点をおくのではなく、アウトプットに対して常に配慮し、プレゼンテーションやメディア論などについても同時に学んでいきます。
大判写真、アートブック、プリンティングなどの独自性のある制作研究に取り組みながらグローバルに展開できるように、コミュニケーション力のあるデザインワークへの発展を目指します。実習にあたっては美術学部版画コースを連携をとり、デザイン・美術2つの分野で積極的に研究を進めていきます。

プロダクト&スペースブロック
プロダクト&スペースブロック

●インダストリアル&セラミックデザインコース(2016年4月、新設!)
“社会性のあるインダストリアルデザイン”をテーマに、本当に人の役に立つ製品デザインを幅広く研究。コンペティションなどへの参加や、国内外の各種デザイン機関との連携も図り、21世紀のリーダーとなる人材育成を目指します。

●スペースデザインコース
都市空間、住空間、自然空間を構成する建物やモノなどをトータルにデザインするスペースデザイン。デザイン、制作、プレゼンテーションの実践を通して、現代の空気を感じる家具やモノなどのデザイン手法を身につけます。

●カーデザインコース(2016年4月、新設!)
車を対象に、その素材研究や表現技法を基礎としてデザインの研究や実習を通して、将来はカーデザイナーとして幅広く活躍できるよう、総合的な技術や知識を身につけていきます。

クラフトブロック
クラフトブロック

●メタル&ジュエリーデザインコース
金属を中心とした硬い素材を主に使い、その素材や表現方法、技法などについて研究。鋳造、溶接やジュエリー、七宝焼などを中心とした金属加工技術を学び、自分自身の造形言語として駆使できるよう指導していきます。

●テキスタイルデザインコース
織り、染色、型染め、プリント(シルクスクリーン)、ファイバーアートなどの技法を習得しながら、さまざまな製品や空間へのアプローチを提案。企画・デザイン、制作までを一貫して指導します。

ライフスタイルブロック
ライフスタイルブロック

●デザインマネージメントコース
『真の豊かさへの挑戦=ライフスタイルデザイン』の視点から、【モノ】と【コト】の時代における、さまざまな問題に即した自在な解決のプランを提案できる人材の育成をめざし、情報収集・整理、編集、制作やリサーチ、論考を展開していきます。

人間発達学部

※名古屋芸術大学は2017年4月、改組予定(構想中)です。


芸術のゆりかごで育まれる感性と人間力

子どもに関わる仕事で大切なことは、
子どもたちが精神的に安定して、
健やかに成長・発達していけるよう
惜しみなく愛情を注ぎ見守ることのできる、人間的な魅力です。

総合芸術大学というフィールドの中にある本学部では、
キャンパスに息づく豊かな感性と創造性に育まれ、
やさしさと厳しさ、専門知識と実践力を兼ね備えた
保育者・教育者として成長することができます。

隣接するクリエ幼稚園の園児たちとのふれあいは、
実践力とプロフエッショナルとしての視点を育てます。
音楽や芸術・デザインを学ぶ仲間たちとの時間は、
感性と知性のバランスがよい豊かな心を育てます。

さまざまな世界の経験を通じて、
「子どもたちの心に共感できる感性」
「子どもの能力を引き出し、伸ばすチカラ」を育てます。

子ども発達学科
子ども発達学科

子どもたちを取り巻く環境の変化に対応し、高度化・多様化している保育へのニーズに応えるため、より専門性の高い学びを展開。保育はもちろん、幼児教育や小学校教育など教育に関する専門知識・技術も身につけることができ、芸術的環境の中で、感性と創造力豊かな人材を育成します。


◎=学びのポイント=◎

■1.乳幼児期から児童期までの発達を促し、援助する
 教育・保育のプロフェッショナルを育成。
 保育士、幼稚園教諭一種免許状、小学校教諭一種免許状の3つの資格を取得できます。

■2.主体的に学習・研究ができるよう1年次からゼミを開始。
 得意分野における専門的能力を磨く。

■3.豊富な教育・保育実習と地域交流で実践力が身につく。
 インターンシップ活動にも積極的。

■4.アートあふれるキャンパスで心豊かな学生生活。
 絵本プロジェクトなど芸術を学ぶ仲間との共同作業も実施。

名古屋芸術大学をもっと知るなら!

名古屋芸術大学のパンフをもらおう

さんぽう専門学校をもっと詳しく知るなら!パンフレットをもらう

在校生・先輩メッセージ

名古屋芸術大学の先輩のメッセージ

音楽学部演奏学科 弦管打コース 4年生 愛知県 愛知工業大学名電高校出身 萩野 愛菜
多くの演奏会を経験し、演奏家としてのマナーや意識が身についた。 …

名古屋芸術大学の先輩のメッセージ

音楽学部音楽文化創造学科 サウンド・メディアコース 4年生 愛知県 日進西高校出身 近藤 一輝
プロと同じ音楽制作環境で、プロの視点を目指し曲づくりに励んでいます。 …

オープンキャンパス

名古屋芸術大学のオープンキャンパス

音楽学部 オープンキャンパス
【場所】 名古屋芸術大学 東キャンパス(音楽学部) 東キャンパスへは、名…

名古屋芸術大学のオープンキャンパス

音楽学部 音楽講習会
音楽学部では、本学の教授陣による「音楽講習会」を開催します。入学選抜や入学後に必…

名古屋芸術大学をもっと知るなら!
  • パンフレットをもらおう

ページトップへ