名古屋芸術大学 在校生・先輩メッセージ

大学の情報検索なら[さんぽう進学ネット]

名古屋芸術大学

ナゴヤゲイジュツダイガク

大学愛知県

  • パンフレットをもらおう

在校生・先輩メッセージ

音楽学部演奏学科 弦管打コース
4年生
愛知県 愛知工業大学名電高校出身
萩野 愛菜

音楽学部演奏学科 弦管打コース4年生愛知県 愛知工業大学名電高校出身萩野 愛菜

多くの演奏会を経験し、演奏家としてのマナーや意識が身についた。

私が専攻しているホルンは、オーケストラで存在感を発揮する楽器。大学に入りオケで演奏する機会が増え、そのやりがいを実感しています。名古屋芸大の魅力のひとつが、多くの演奏会に出演できること。ステージマナーや人前で演奏する上での意識が、実際にステージに上がり公演本番を経験することで身についたと思います。また、学生が演奏会を企画するなどやりたいことを自由に実現できる環境にも恵まれています。仲間と一緒に音楽の幅を広げていけるのが楽しいですね。

音楽学部音楽文化創造学科 サウンド・メディアコース
4年生
愛知県 日進西高校出身
近藤 一輝

音楽学部音楽文化創造学科 サウンド・メディアコース4年生愛知県 日進西高校出身近藤 一輝

プロと同じ音楽制作環境で、プロの視点を目指し曲づくりに励んでいます。

プロ仕様の高性能な機材を使い、プロのクリエイターから学ぶことができる環境は、とても恵まれていると思います。また、いい作品を作り上げるためには、音楽的な才能だけでなくコミュニケーション能力が大切であると気づくことができたのも、名古屋芸大でいろいろと経験できたおかげです。
自分次第で自由に学べる大学の環境を活用し、広く深い音楽の知識や技術を吸収しつくして、クリエイターという次のステップに進みたいと考えています。

音楽学部音楽文化創造学科 エンターテインメントディレクションコース
1年生
三重県 大橋学園高校出身
三浦 晴香

音楽学部音楽文化創造学科 エンターテインメントディレクションコース1年生三重県 大橋学園高校出身三浦 晴香

小学生の頃、授業のビデオで観た劇団四季のミュージカル「夢から覚めた夢」が舞台好きになったきっかけです。高校時代は名古屋演劇教室に通い、演技や舞台を支える裏方の魅力を知りました。教室の先生に演劇の心得を一から教えていただき、心から感謝しています。

私が名古屋芸術大学を選んだきっかけは、自分が将来就きたい職業についての専門技術が学べることと、専門学校の2年間ではなく、4年間じっくりと勉強したいと思ったから。専門学校と違って、楽器や演技を専門で学んでいる人たちが身近にいるのでとても刺激的です。

将来の夢は、舞台照明の仕事に就くことですが、音響も照明も企画も演出もできる舞台のプロフェッショナルになりたいです。そのために、舞台に関しては「できません」ということがないようにします。実は楽器の経験がなく、楽譜も読めないのですが、授業の中で克服していきたいです。

今は私を中心にチームを組み、オープンキャンパスの舞台制作に力を入れています。困ったことがあったらコース担当の森泉先生に相談するのですが、すぐに的確な指示をいただけます。やりたい!と思ったことをやらせていただける環境にとても感謝しています。
4年間を通じて、たくさんの人を感動させられるミュージカルを自分の手で作り上げることが目標です。

美術学部 美術学科 洋画1(油画)コース
秋元 はづき
(広島県 基町高校出身)

美術学部 美術学科 洋画1(油画)コース秋元 はづき(広島県 基町高校出身)

絵画の色に託し言葉を超えて記憶や思いを表現する。

2年次の課題の中でも、何週間もかけてモデルを描いたことが印象的で、張りつめた空気の中でのモデル写生は、制作行為に緊張感を与え、それが作品の上では造形的な厳しさとなって現れました。
私にとって絵画芸術は、色、マチエール、フォルムなどの造形的要素の響き合いの効果によって、原体験の様な「遠い記憶」を想起させたり、未体験のことを予見する感覚を観る人に与えたりできる作品を制作することです。

将来は、美術教師等を含め、一生、芸術に関わる仕事をしたいと考えています。

美術学部美術学科アートクリエイターコース
卒業生
愛知県 桜台高校出身
小川 佳子

美術学部美術学科アートクリエイターコース 卒業生愛知県 桜台高校出身小川 佳子

大学での学びを通してアートは自由なんだと知りました。

アートクリエイターコースは外部とのつながりが深いコースです。行政の町づくりプロジェクトなどに参加し、パンフレットを作成したり。そんな経験を通して、自分の考えや表現をどう人に伝え社会に広めていくかを学びました。このコースは、平面も立体も経験できるのが魅力。学生の意思を尊重し自由に作品づくりをさせてくれるのもうれしいですね。そんな環境で過ごしたことで素直になれたし、自分の意見も率直に言えるようになった気がします。

デザイン学部デザイン学科メディア&コミュニケーションブロック メディアデザインコース
4年生
石川県 小松市立高校出身
武田 可菜子

デザイン学部デザイン学科メディア&コミュニケーションブロック メディアデザインコース4年生石川県 小松市立高校出身武田 可菜子

人と出会える制作の仕事が好き。グループワークを通して、将来の夢が見えてきた。

チームでひとつのモノを作る。将来は、そんな仕事をしたいと思っています。一度、課題の雑誌づくりにグループで取り組んだことがあります。私は編集長としてメンバーをまとめる立場。それぞれの意見や思いをくみ取りながら企画をまとめたり、ロケや取材のフォローをしたり…。
大変だったけど、制作を通してみんなと仲良くなれたのが本当にうれしかった。それに、私ひとりだったら絶対に出なかったアイデアにも触れられて、とても刺激的な経験でした。

ライフスタイルブロック
デザインマネージメントコース

新屋 鞠子
(愛知県 豊橋商業高校出身)

ライフスタイルブロックデザインマネージメントコース新屋 鞠子(愛知県 豊橋商業高校出身)

デザインの原型を見据えて、掘り下げて考えることが習慣になる。

日常のささいな出来事や発見を丁寧に見つめることで、デザインの原型が見えてくると気づかせてくれた授業がありました。

テーマは、“脱力感”。「今、コレ脱力してる~」って、床に落ちたバナナの皮や溶けかかったソフトクリーム、取り込んで置かれたままの洗濯物などをカメラで切り取っていき、先生にも褒めてもらいました。

これをきっかけに物事の本質を見ようとする習慣が身についたように思います。

人間発達学部子ども発達学科
卒業生
猪口 麻衣

人間発達学部子ども発達学科卒業生猪口 麻衣

目線を合わせ、子どもたちと正面から向き合う日々。


幼稚園の教諭になって2年。
何もかもが初めてだった1年目に担任を経験し、園内の行事やその中での動き方などの流れが、ようやくつかめてきました。子どもたちの気持ちを引きつけたり、大切なことを伝えたり、という感覚も身についてきたと思います。

今は年中組を担当していますが、大切にしているのは子どもの目線の高さに合わせること。そうすることで気持ちも伝わります。私は最初、保育園を志望していたんです。
でも就職活動中に今の幼稚園と出会い、自分に合っているように思い就職を決めました。
大学で、保育士だけでなく幼稚園、小学校の教員免許も取得していたので、進路変更にも柔軟に対応できたのだと思います。
先生方も後押ししてくださったし、名古屋芸大の環境が私の可能性を広げてくれたと思います。

学生時代は、吹奏楽サークルやゼミでのさまざまな活動を通して、仲間との絆を深めた時期でもあります。卒業後はみんな幼稚園や保育園で働いているので、今も時々は会って情報交換や悩み相談をしたりするんですよ。
一生つき合える仲間と出会えたのは、大きな財産になっています。

名古屋芸術大学をもっと知るなら!

名古屋芸術大学のパンフをもらおう

さんぽう専門学校をもっと詳しく知るなら!パンフレットをもらう

学部・学科・コース

名古屋芸術大学の学部学科コース

演奏学科 声楽コース
声楽は「ことば」と自分の「心」を融合させ、「心の世界」を伝える精神的な学問。そう…

名古屋芸術大学の学部学科コース

演奏学科 ピアノコース
個々の能力や感性などにあわせ、どんな演奏形態にも即応できる実践力を養成。バロック…

オープンキャンパス

名古屋芸術大学のオープンキャンパス

音楽学部 オープンキャンパス
【場所】 名古屋芸術大学 東キャンパス(音楽学部) 東キャンパスへは、名…

名古屋芸術大学のオープンキャンパス

音楽学部 音楽講習会
音楽学部では、本学の教授陣による「音楽講習会」を開催します。入学選抜や入学後に必…

名古屋芸術大学をもっと知るなら!
  • パンフレットをもらおう

ページトップへ