大阪芸術大学 学部・学科・コース

大学の情報検索なら[さんぽう進学ネット]

大阪芸術大学

オオサカゲイジュツダイガク

大学大阪府

  • パンフレットをもらおう

学部・学科・コース

アートサイエンス学科

<研究分野>アートエンターテインメント領域/先端デザイン領域
<研究分野>アートエンターテインメント領域/先端デザイン領域

アートとテクノロジーの融合によって、
暮らしをより楽しく豊かにするクリエイターを育成します。

今、テクノロジーを活かした新しいアート表現やデザイン製品、斬新なサービスが次々と生まれています。社会が求めているのは、先端テクノロジーを理解し、クリエイティブな発想で自由に組み合わせ、暮らしの未来を創造するクリエイター。
アートサイエンス学科では、文系・理系・芸術系の枠にとらわれない自由な発想と取り組みで、先端テクノロジーを使って新たなカタチにするまでのスキル、知識、実践のすべてを身につけることができます。

(写真)大阪市中央公会堂・プロジェクションマッピング

美術学科

油画コース/日本画コース/版画コース/彫刻コース
油画コース/日本画コース/版画コース/彫刻コース

人間の根源にある美術-『表現する』-を見つめ、
芸術活動の出発点に立つ。

1年次に4コース(油画・日本画・版画・彫刻)すべてを体験できるカリキュラム。幅広い分野の表現に触れることで、自分に合ったジャンルや学びたい芸術手法を発見します。2年次からは、選択したコースに分かれて専門性を身につけ、表現を深めていきます。各コースでは基礎から専門的な知識や技法をしっかりと修得。
また、デジタルデザインなど新しい表現分野に触れる機会も豊富に用意しています。
4年間で自分の表現方法を見つけ、芸術活動の出発点に立つことが学びの目標。学科や美術領域の伝統的な枠組みにとらわれることなく、自由に学べる環境でバックアップします。技術の上手下手でなく、常に「何をどう表現するのか」を問いかける教育で、創造・表現者としての確固たる基盤をつくります。

デザイン学科

グラフィックデザインコース/イラストレーションコース/デジタルメディアコース/デジタルアーツコース/プロダクトデザインコース/空間デザインコース/デザインプロデュースコース
グラフィックデザインコース/イラストレーションコース/デジタルメディアコース/デジタルアーツコース/プロダクトデザインコース/空間デザインコース/デザインプロデュースコース

実践的なカリキュラムで
実社会で活躍できる力を育成。

7つのコースに分かれるのは2年次から。1年次にはすべてのコースの基礎を学び、自分にぴったりの専門分野を探すことができます。イベントを企画する中でデザイン力を高める「ハイパープロジェクト」、多様な領域へ興味の扉を拓く「デザインスタートアップ」、シミュレーションだけで終らない「産学連携プロジェクト」など特色ある授業によって外の世界と「つながること」に力を入れています。学外で開かれるイベント、企業との共同プロジェクトに参加できる機会により、在学中から社会とのつながりを実践的、体験的に学び、コミュニケーション力・企画力・運営力を育てます。

工芸学科

金属工芸コース/陶芸コース/ガラス工芸コース/テキスタイル・染織コース
金属工芸コース/陶芸コース/ガラス工芸コース/テキスタイル・染織コース

素材と出会う体験を通して柔軟な発想を身につけ、
自分だけの表現を発見する。

工芸の出発点は、素材との「出会い」です。工芸学科では、1年次に4つのコースで異なる素材を学び、基本的な技法を体験するカリキュラムを整備しています。金属、土、ガラス、繊維といった素材の中から、自分を表現できる素材を見つけます。2年次からは探求するコースに分かれて自分だけの表現方法を追い求めていきます。幅広く素材や技法を体験することは柔軟な発想を可能にし、新しい表現への挑戦も行われます。施設設備は、より個性的な表現、創造性にあふれた表現を追求できるだけの、質の高さや幅広さを実現しています。さらに、作品のプレゼンテーションの方法など、実社会で広く役立つスキルの修得にも力を注いでいます。

写真学科

<研究分野>ファインアート領域/プロフェッショナル領域
<研究分野>ファインアート領域/プロフェッショナル領域

写真の可能性と向き合い幅広い映像メディアで
活躍できる感性を育てる。

家でも街でも写真を目にしない日はありません。芸術として、情報伝達メディアとして、コミュニケーション手段として、暮らしの道具として。写真は私たちの暮らしにとって重要な存在になっています。写真学科では、こうして広がりゆく写真の領域に対応して、一人ひとりが卒業後の進路をしっかりと見据えることのできるエキスパートの養成を目標としています。多様な写真表現に対応できる基本的な技術と知識を身につけたうえで、専門領域をフレキシブルに行き来しながら個性や関心に応じて創作活動を進めます。可能性を最大限に引き出せる創造の方向性を教員と学生とが一体となって見出していきます。幅広い映像メディアの世界に多くの写真家を送り出してきた実績を活かし、自分の写真に向き合える芸術的な感性を育てます。

建築学科

<研究分野>建築領域/環境デザイン領域
<研究分野>建築領域/環境デザイン領域

総合芸術大学という恵まれた環境で
快適で豊かな建築・都市・環境づくりのプロになる。

建築学科は総合芸術大学に設置された建築学科にふさわしく、人間の豊かな暮らしや新しい空間を提案できるような芸術性にあふれた建築を探求します。建築は、総合芸術といわれます。学びの分野は幅広く、住宅や公共建築といった建造物のデザインに加え、都市やエリアなどのデザイン、また自然と触れ合う庭園、動物園や公園などの施設、環境保全の視点で考える新しいまちづくりを視野に入れた環境デザインも一分野です。質の高い"建築デザイナー"として社会に羽ばたくため、基本の設計技術、構造の知識などをしっかり身につけたうえで、大胆かつ自由な発想に基づいたデザイン力を磨いていきます。ひらめきを形にできるだけの論理的な思考力やプレゼンテーション能力も鍛えながら、世界を変える"建築デザイナー"を育てます。

映像学科

<研究分野>映画領域/映像領域/シナリオ領域/映像学領域
<研究分野>映画領域/映像領域/シナリオ領域/映像学領域

映画やテレビ、CMなどあらゆる映像表現をトータルに修得。
映画を通して学ぶ映像言語は必ず社会で役に立つ。

映画、テレビ、ゲームなどのエンターテインメント、広告や動画サイトまで、映像は現代の生活の一部であり、今や社会にとって不可欠な情報ツールです。映像学科は、あらゆる分野で求められている「映像による情報伝達のプロ」を育てる学科です。映像の情報量は豊かで、効果的に伝えるには一定のルールが必要。それが映像言語です。映像学科では、この映像言語について映画を通して学びます。映画監督やカメラマン、アニメやデジタル映像、広告や特殊映像まで多彩な分野の教員が、日本一と言っても過言ではない充実した設備を使って、映像言語とその表現法、表現技術を教えます。学ぶうちに、シナリオや美術、デジタルなど興味のある分野が出てきたら、それを深く学べる体制も整えています。

キャラクター造形学科

漫画コース/アニメーションコース/ゲームコース/フィギュアアーツコース
漫画コース/アニメーションコース/ゲームコース/フィギュアアーツコース

世界の目をくぎづけにする
クールジャパンの中心的存在になる。

どのようなキャラクターが時代を超えて力を持ち続けるのか。普遍的な力を持つキャラクターをどうやって生み出し、動かし、活かしていくのか。キャラクター造形学科では、まず魅力的なキャラクターを創造するための方法論=「キャラクター原論」を学び、創作活動の中心となるキャラクターの歴史や現状など、基本的な知識を身につけてキャラクターの重要性を十分に理解してもらいます。そのうえで学生一人ひとりの関心のある分野の創作活動へと展開。さらに幅広いメディアで活躍できるクリエイターを視野に入れ、ビジネスの世界で重要なプロデュースの方法やマーケティングなど、あらゆる側面からキャラクターを活かすための知識や方法論、技能を修得します。世界に羽ばたくキャラクター創作をめざし、エキサイティングな学びと創造の4年間が始まります。

文芸学科

<研究分野>創作領域(小説・詩・脚本)/ノンフィクション・文芸批評領域/出版・編集領域/翻訳・講読領域
<研究分野>創作領域(小説・詩・脚本)/ノンフィクション・文芸批評領域/出版・編集領域/翻訳・講読領域

文章表現力と共に観察・洞察力まで養う実践的なカリキュラムで、
多くの受賞作家を輩出。

文芸学科の特色は、まず現役で活躍する作家から直接指導を受けられること。学生は自身のオリジナリティを大切にしながら、文章創作を通して表現したいテーマを発見し、創作の意図や情報をわかりやすく効果的に伝えるテクニックを獲得していきます。
また文学だけにとどまらず、映画・演劇や新聞・出版までの多彩な分野で活躍経験のある指導陣がいる点も、この学科の魅力。ライトノベルやサブカルチャーまで学生の多様な興味に応えると共に、豊かな表現力を身につけられる機会を豊富に用意しています。学生同士が競い合い励まし合いながら、創作や研究、批評に取り組む中で、多様な「モノの見方」を学び、鋭い観察眼と深い洞察力を修得。文芸やノンフィクション、出版、翻訳などの各分野で通用するスペシャリストとして、専門知識や実践力を身につけていきます。

放送学科

制作コース/アナウンスコース/広告コース/声優コース
制作コース/アナウンスコース/広告コース/声優コース

放送局に匹敵する本格的な機材を使って、
実践的にプロの技術を学ぶ。

通信技術の革新により、テレビやラジオの放送、新聞や雑誌、広告など既存メディアの境界がなくなりつつあります。多様化する現代のメディア産業で活躍できる人材の育成をめざして、IT・デジタルコンテンツビジネスまで視野に入れた充実のカリキュラムを設置。その学びを支えるのがプロ仕様の最新設備群です。デジタルハイビジョンシステムのテレビスタジオをはじめ、最新のコンソールが並ぶ副調整室、中継車、カメラ、音声・照明機材もすべて放送局に匹敵するグレードです。教員は放送局、新聞社、大手広告代理店、通信などマスコミ関連の第一線でキャリアを積んできたプロ。充実した教育環境のもと、地上波放送やインターネットで配信されるコンテンツ制作など、ワンランク上の実践授業に取り組みます。

芸術計画学科

<研究分野>アーツ&カルチュラル マネジメント
<研究分野>アーツ&カルチュラル マネジメント

めざせ、イベント仕掛け人!
新しいアートの扉を開く、プロデューサーになる。

アートをいかに世の中に浸透させていくのか。アーツマネジメントでは、アートを社会の場に持ち込むために必要な考え方、方法を学びます。具体的に実践していくために、展覧会を企画し運営するなどのカリキュラムを用意しており、作品の依頼、展示場所の確保、展示構成の検討、フライヤー制作、さらに広報までも担当します。カルチュラルマネジメントでは、芸術文化の創造プロセスを体験的に学びながら、それを社会に活かすための企画力、行動力を身につけます。たとえば地域の抱える問題を、芸術文化の視点から解決する企画提案を考え、学外で地域の人々とコミュニケーションを図りながら実践します。

舞台芸術学科

演技演出コース/ミュージカルコース/舞踊コース/ポピュラーダンスコース/舞台美術コース/舞台音響効果コース/舞台照明コース
演技演出コース/ミュージカルコース/舞踊コース/ポピュラーダンスコース/舞台美術コース/舞台音響効果コース/舞台照明コース

上演を前提とする実践的なカリキュラムで
人間性豊かな舞台人を育成。

観客を魅惑の世界にいざなう舞台のクリエイターを育てる学科です。役者や演出家、ミュージカル俳優、ダンサーやバレリーナなど各ジャンルの表現者、演出者はもちろん、舞台美術や舞台音響効果、舞台照明という裏方も含めた幅広いコースを開設。しかも、各コースが連携して作品を企画、稽古、上演し、実践的に技術や知識を身につけ感覚を磨いていくのが本学ならではの特色です。舞台上演を前提としたカリキュラムによって現場で役立つスキルが身につくと同時に、教員と学生のコミュニケーション、学生同士のチームワークが深まり、礼儀作法や協調性といった舞台人にとって非常に大切な資質が養われます。人間を育て、能力を伸ばす教育方針で、多くの舞台人を世に送り出しています。

音楽学科

音楽・音響デザインコース/音楽教育コース
音楽・音響デザインコース/音楽教育コース

恵まれた教育環境を活かし、
音楽界をリードするプロをめざす。

音楽学科は、1968年の創設以来、時代の動きを敏感にとらえ、新しい音楽・音響デザインの創造者、研究者、社会が求める音楽教育者・指導者を育てています。音楽・音響デザインコースでは、作曲や電子音響・音楽の制作、サウンドデザインに取り組む一方で、創作や研究にインスピレーションを与える音楽の歴史・文化なども学習。さらに新しい概念として「音の匠」をキーワードに、芸術的な空間を創造できる録音家、コンサート音響家を育み、また楽器の改良・リペア・調律・開発、指導、販売等の領域でオンリーワンを指向するものの考え方や感性も養います。音楽教育コースでは、音楽教員をめざす人のために教職課程科目を含むカリキュラムを設定。教育者に必要な資質、能力を養うと共に、ピアノをはじめ声楽、管・弦・打、邦楽などの楽器演奏と歌唱の技能を高めることをめざしています。

演奏学科

ピアノコース/声楽コース/管弦打コース/ポピュラー音楽コース(ポピュラーピアノ・ヴォーカル・ギター・ベース・ドラムス・キーボード・トランペット・トロンボーン・サクソフォン)
ピアノコース/声楽コース/管弦打コース/ポピュラー音楽コース(ポピュラーピアノ・ヴォーカル・ギター・ベース・ドラムス・キーボード・トランペット・トロンボーン・サクソフォン)

オーケストラやコンサートなどの公演を通して、
表現力を備えた演奏者を育成。

防音設備が整った教室やレッスン室で存分に練習に打ち込み、学内に設置された複数のホールを舞台に、日頃の練習の成果を発表できます。レッスンは教員によるマンツーマン指導を重視。学内外での演奏会へのエントリーも積極的に行っており、奏者としてのスキルアップを図る機会はいくらでもあります。楽譜をはじめ指導理論などの貴重な資料も豊富に収蔵されており、これらを閲覧できることはもちろん、AV関連の閲覧・視聴設備で、演奏のテクニックやオペラの演技など関心のあるテーマに沿って自分の研究を深めていくことができます。美術、デザイン、舞台芸術など他学科との交流も活発。総合芸術大学としてのスケールメリットを体感しながら、音楽の表現者として自らを高めていきましょう。

初等芸術教育学科

初等教育コース/芸術療法コース
初等教育コース/芸術療法コース

子どもたちのこころを育み癒す
初等教育・芸術療法の専門家へ。

教育現場では今、子どもたちのこころのケア、発達に関わるケアなど今までになかった専門性が要求されています。初等芸術教育学科はこうしたニーズに応え、子どもを「育む」と共に子どものこころを理解して「癒す」分野の専門家を育成します。初等教育の専門家に必要な知識とスキルを身につけて小学校、幼稚園の教員免許を取得。さらに、配慮の必要な幼児や児童に対する支援教育・福祉分野の現場でも試みられている芸術療法を学びます。また本学には附属幼稚園が4ヵ所あり、2・3年次に週1回、教育現場で実習をする「こどもふれあい体験実習」を実施。さらに学科イベント「キッズアートカレッジ」では、こども達を大学に招き、造形活動や音楽鑑賞などを通して、創造の楽しさを体験してもらいます。こどもと実際にふれあうことを重視し、実践的な学びを行っています。

通信教育部 の詳細につきましては、「入学案内」「ホームページ」にてご確認ください。

大阪芸術大学をもっと知るなら!

大阪芸術大学のパンフをもらおう

さんぽう専門学校をもっと詳しく知るなら!パンフレットをもらう

学校写真集

大阪芸術大学の学校写真集

本学の特長①
本学の学びは、作品展、舞台公演に演奏会、産学連携プロジェクト等、年間を通じて表現…

大阪芸術大学の学校写真集

本学の特長②
第18回亀倉雄策賞受賞の 三木健先生(デザイン学科)、著名な国内アーティストのコ…

大阪芸術大学をもっと知るなら!
  • パンフレットをもらおう

ページトップへ