奨学金|まるごとわかる!専門学校の概要

キーワード検索

まるごとわかる!専門学校の概要-専門学校ってどんなところ?まるごとわかる専門学校基礎講座-

奨学金

学生生活を送るうえで金銭的に不安を感じているなら、学費サポート制度の利用を考えましょう。奨学金や教育ローンなどが心強い味方となってくれます。

返済不要の「給付型」と要返済の「貸与型」

保護者に負担をかけずに学校に進学する手段

奨学金とは「優れた学生で経済的な理由で修学が困難な学生」を対象にお金を支援してもらう制度です。「お金がもらえる」イメージがありますが、大きく分けるとお金がもらえる「給付型」と、返済しなければならない「貸与型」があります。国内の奨学金利用者の大半はこの「貸与型」です。奨学金のほか、お金のサポートで代表的なものには教育ローンがあり、これらにはさまざまな種類があります。最近では学校独自の学費サポート制度が増えてきましたので、進学前にぜひ調べておきましょう。

奨学金制度

国内利用者数No.1日本学生支援機構の奨学金

便利である反面、延滞に要注意

最も有名で利用者が一番多いのが日本学生支援機構の奨学金。卒業後に返済が必要な「貸与型」で、利子のつかない『第1種』と利子がつく『第2種』があります。さらに、政府は2018年度より住民税非課税世帯の進学者を対象に返済不要の「給付型奨学金」を導入する方針です。1学年あたり約2万人に月額2~4万円を給付するほか、児童養護施設出身者には入学時24万円を別途給付する予定です。そのような中、最近では卒業後に奨学金の返済を延滞するトラブルも多発しています。「借りたら返すもの」と意識をしっかり持っておくことが大切です。

ますます種類豊かになる学費サポート制度

学校独自の奨学金・学費サポート

貸与型のほか返済する必要のない給付型などの制度があり、金額も数万円のものから、在学中の学費全額免除まで学校によってさまざまです。ただしほとんどの場合、成績や経済状況が条件となりますので誰でも利用できるわけではありません。ほかに、入試や在学中の成績で特典が受けられる「特待生制度」などもありますので、ぜひ挑戦してみましょう。

教育ローン

奨学金と違い、成績にほとんど左右されずに借りられる点と、一度に最大数百万円の大きな金額を借りられる点がメリット。ただし、借りた次の月から返済が開始される点と、奨学金に比べ、利息が高いのがデメリット。大抵の奨学金の場合、お金の支給は入学後からとなるので、入学前の納入金を用意したいとき、有効な手段です。

その他の奨学金

地方自治体の奨学金
その市区町村などに本人または保護者が居住していることを条件とし、貸与型がほとんどです。
新聞奨学生
新聞配達のアルバイトをすることで、学費のサポートを受けられる制度。返済の必要はありませんが、毎日の業務がありますので、卒業まで勤め上げる意志の強さが大事です。

代表的な奨学金・教育ローンの比較

2017年4月より開始
新たな所得連動返還型奨学金制度とは?

これまで日本学生支援機構奨学金の無利子貸与(第一種)では、一定額を月々返還していく【定額返還型】しかなく、新社会人である奨学金利用者にとって負担の大きいものでした。そこで、もう一つの選択肢として始まるのが【新たな所得連動返還型】です。年収に応じて返す月額を決められるのが特徴です。

専門学校を探す

専門学校を探す

専門学校のおまかせ資料請求

おすすめの専門学校

ページトップへ