専門学校の進学費用|学費・奨学金・特待生制度

キーワード検索

くわしく知ってかしこく活用-学費・奨学金・特待生制度-

専門学校の進学費用

入学前に考えておくべき大事な問題!専門学校への進学のために必要な費用

専門学校進学にはどのくらい費用がかかるの?

1年間と入学時にかかるお金を要チェック

まずは選考料ですが、10,000円から30,000円が一般的なので、一校あたり20,000円が目安となります。
また、入学前にかかる費用も考えておきましょう。検定料は一般入試で2~3万円、推薦入試で1万5000円程度の専門学校が多く、複数の学校を併願すると大きな出費になります。自宅から遠方の場合だと、受験会場までの交通費や宿泊代、進学後に一人暮らしを始めると家賃・光熱費も必要になります。

入学後に必要なお金については、次のページの表を参考にしてみてください。勉強していく上で必要な経費は各分野ごとに違いがあります。学費が年間いくらかかるのかということだけでなく、入学前の手続きのお金の額にも注意しましょう。合格してから学費の納入まで期間は長くないので、合格後にあわてないように事前に把握しておくことが大切です。

専門学校で学ぶには、学費のほかに諸経費もかかります。実習の多い学校では、実習費や材料費が別に必要になるところがほとんどです。例えば、調理系の学校なら包丁セット、理容・美容系ならハサミ一式などを当然そろえる必要があります。

また、在学中、家から通うのか、一人暮らしをして自分の部屋から通学するのかで、状況はずいぶん違ってきます。特に一人暮らしをする人は、毎月いくら支出することになるか、入学前に確認しておくことが重要です。

専門学校進学にかかる費用

初年度納入金は“ 納める時期”に注意

初年度納入金は「納める時期」に注意しなければなりません。なぜなら初年度納入金は、合格発表以降に段階を経て納入することを求められるからです。多くの専門学校では合格発表から数日の間に入学金を納入し、決まった期限までに残りの学費を納入するような形が多いです。学費は入学前に一括で支払えばいいと考えていては、合格後すぐに費用を準備できずに入学の資格を失う恐れがあります。そうならないためには、受験する専門学校の学費納入方法や時期を事前に確認し、生徒と保護者の間で情報を共有することが大切です。

卒業までのトータルの学費も考える

初年度納入金だけを考えていては無事に卒業できません。初年度納入額が120万円だとしても、卒業までの年数分ほどのお金が必要になります。卒業までの総額も確認し、長期的に学費を準備しなければいけません。

東京都専修学校各種学校協会の調査によると、専門学校(昼間部)の平成27年度初年度納入金の平均額は、122万9000円とされています。学校によっては納入金以外に支払うお金もあるので注意が必要です。

専門学校 初年度納入金平均額(東京都)

分野系統別専門学校初年度納入金平均額一覧

息抜きに行きたい学校を探してみよう!興味のある分野・エリアを選んでサクっと検索!

  • 大学検索
  • 短大検索
  • 専門学校・その他教育機関検索
気になる学校のパンフレットをもらおう!
60秒でカンタン資料請求!
  • 大学・短大
  • 専門学校
  • 学費計算機
  • 職業別給与計算機
  • 生活費&学費計算機

おまかせ資料請求

おすすめの学校

ページトップへ