まずはフリーター・ニートについて知ろう|フリーター・ニートになる前に

キーワード検索

フリーター・ニートってなに?

フリーター・ニートについて知ろう

フリーター・ニートの共通点は?

フリーターとニートの共通点は「定職」を持たないこと。この点が唯一の共通しているところです。正規社員はもちろん、長期に働いているアルバイト・パートとも少し違います。働きたい時に好きな時間だけ働き、あとは自分の時間にしているのが共通点です。

また、フリーターはアルバイトの中に含まれます。平成15年版の労働経済白書によると国の決めるフリーターの定義は15歳から34歳までの学生と主婦を除いたアルバイト・パートをしている人か、職を希望している無職の人たちをフリーターと呼びます。

フリーターの特徴

フリーターの定義は、パートやアルバイトをしている人、また目的があってアルバイトをしている人です。日本国内での人数は約182万人、収入は不定期。健康保険は自己負担のため支払い金額が高く、国民年金も自己負担のため未納のケースが多くあります。

ニートの特徴

日本におけるニートの定義は、厚生労働省が2004年に発表した労働白書の中で、「労働者・失業者・主婦・学生」のいずれにも該当しない「15歳から34歳」までの仕事に就かない若年者をいいます。日本国内の人数は推定63万人。収入は基本的にないため、健康保険や国民年金は家族負担で頼っているといえます。

学校を探して進学を検討しよう。興味のある分野・エリアを選んでサクっと検索!

  • 大学検索
  • 短大検索
  • 専門学校・その他教育機関検索

気になる学校のパンフレットをもらおう!
60秒でカンタン資料請求!

  • 大学・短大
  • 専門学校

ページトップへ