山形県立産業技術短期大学校 学部・学科・コース

短期大学(短大)の情報検索なら[さんぽう進学ネット]

山形県立産業技術短期大学校

ヤマガタケンリツサンギョウギジュツタンキダイガッコウ

短期大学山形県

  • パンフレットをもらおう

学部・学科・コース

機械システム系

デジタルエンジニアリング科
デジタルエンジニアリング科

「ものづくり」を究めたエンジニアを目指す

私たちの身の回りにあるスマートフォンやゲーム機は金型を使って大量生産されていますが、新製品のデザインはより複雑になり、モデルチェンジの期間はさらに短くなってきています。デジタルエンジニアリングとは、ものづくりにまつわるデータを数値化し、コンピュータの活用によって、作り出すものの価値や品質を最大化、あるいはコストや期間を最小化するという意味の言葉です。デジタルエンジニアリング科では、機械工学の技術が凝縮されている金型を教材として、3次元CADを駆使した設計やNC工作機械用の自動プログラミング(CAM)、試作回数を少なくするためのシミュレーション(CAE)、3Dスキャナーによる最先端の計測技術(CAT)などを習得することで、生産現場で活躍できるハイレベルな実践技術者を目指すことができます。

メカトロニクス科
メカトロニクス科

SFの世界を実現するテクノロジーを学ぶ

私たちの身の回りにある製品の生産現場では、力やスピード、正確さについて人間の能力を上回るロボットや自動化機器が稼働しています。これを実現させるためにはモータのように電気エネルギを運動エネルギに変換するアクチュエータや、回転運動を複雑な動きに変換する機構、荷重や摩耗に耐えられる材料や形状、判別のためのセンサや画像認識、それらを合わせて制御するコンピュータやプログラム、安全で効率的な工程の立案など、様々な知識や経験が必要です。メカトロニクス科では機械工学や電気電子工学、制御工学、情報工学、安全工学、生産工学など、広範囲の分野に対する座学や実験、実習を通して、自動化機器を製作できる実践技術者を目指すことができます。

知能電子システム科

IoT×AIで新しい社会を創る技術者へ

現代社会において、スマートフォンから家電・自動車に至るまで、様々なモノに超小型のコンピュータ(マイコン)が電子回路と共に組み込まれ、内蔵されたソフトウェアで高度な制御が行われ動作しています。これらがネットワークを介して結びついてより大きなシステムを構成し、そのシステム自体が人やモノの動きなどの状況を認識して自動的に様々なサービスを提供する仕組みがIoT(Internet of Things)です。このIoTの仕組が社会の至る所に浸透して様々なサービスを提供する「IoT社会」がすぐそこまで来ています。
知能電子システム科では、エレクトロニクス、組込・制御技術とICT(情報通信技術)を中心に学び、「IoT社会」の実現に貢献できる電子情報技術者の育成を目指します。

情報システム科

未来社会を支える情報技術者へ

現代社会では、スマートフォン、タブレット、PC、家電、ロボット、自動車など現実空間(フィジカル空間)にあるすべてのモノが情報通信技術(ICT技術)によってサイバー空間と呼ばれる仮想空間につながっています。これらサイバー空間に集まる膨大な情報をビッグデータという形で蓄積し、人工知能(AI)やソフトウェアを活用して解析することで、新たな価値を創造することができます。このような仕組みにより今までより気の利いた賢い社会(超スマート社会)が、近未来に誕生しようとしています。情報システム科では、超スマート社会を支えるために必要な情報システムの構築、ソフトウェア、ネットワーク、データ解析などの知識とスキル、また、情報システムを安全に活用するための情報セキュリティ技術を、体系的にしかも豊富な実習体験を通じて学んでいきます。また、グループワーク学習などを通じてコミュニケーション能力を養い、近い将来高度ICT技術者となる高品質なシステム開発ができる実践人材の育成を目標としています。

建築環境システム科

地球にやさしい建物をつくる技術者へ

住宅・建築物で使用するエネルギー消費が年々増加し、地球環境に大きな影響を与えています。住宅・建築物の省エネルギー化が大きな課題となる中で、エネルギー消費を抑えるための知識や技術を身に着け、地球にやさしい建物づくりができる技術者が求められています。
建築環境システム科では、建物の基本と空気・水・熱の調整技術及び環境負荷低減技術を学び、建築と建築設備(空気調和設備・給排水衛生設備・電気設備)の計画・設計・施工管理・メンテナンスができる実践技術者の育成を目指します。

土木エンジニアリング科

市民生活を支え発展させる技術者へ

「土木」は、英語で“Civil Engineering“と言い、市民生活を支え、発展させるための技術です。具体的には、道路や橋、ダムや港、公園など、私たちのくらしや経済活動を支える社会資本(インフラ)を整備し、守っていく仕事を意味します。また、土木の仕事は交通ネットワーク整備による産業や観光の振興、美しいまちなみや景観の形成、洪水などの災害防止や早期の復旧、冬期間の除雪など、私たちの安全で便利そして豊かな毎日のくらしを支える必要不可欠な仕事です。今日、建設業界においては日々技術が進化し、柔軟に適応できる人材が必要となっています。そのため、土木エンジニアリング科においては施工管理、測量を実践的に学ぶとともに、3D-CADやUAV(ドローン)に代表される新技術の活用に関する教育も行っています。土木に関する専門知識と技術の修得を通じて幅広い思考力・問題解決能力を備えた技術者の育成を目指します。

産業技術専攻科

現場の課題を本気で解決しながら人材育成を行う専攻科

今、我々は技術や社会の大きな変革期の中にいます。モノづくりのあり方もIoTやロボットの活用など、大きく変わりつつあります。これまで以上の生産性(効率化と高付加価値化)が求められる中、技術スキルだけでなく、コミュニケーション力やマネジメント能力などのノンテクニカルスキルをアップデートし続けることが求められています。また、これまでの経験と異なる新分野への挑戦も必要になっています。短大課程の修了生や社会人を対象とした産業技術専攻科は、産業界からの要望である「ものづくり改善コース」と「課題対応コース」の二つから構成されています。どちらのコースも各自の目的や課題に応じたカリキュラム編成を行うユニークな教育を特徴としています。

山形県立産業技術短期大学校をもっと知るなら!

山形県立産業技術短期大学校のパンフをもらおう

さんぽう専門学校をもっと詳しく知るなら!パンフレットをもらう

オープンキャンパス

山形県立産業技術短期大学校のオープンキャンパス

オープンキャンパス
●プログラム内容 学校概要説明、入試説明、学科説明、実験実習施設見学、学生寮見…

山形県立産業技術短期大学校をもっと知るなら!
  • パンフレットをもらおう

ページトップへ