立命館大学 学部・学科・コース

大学の情報検索なら[さんぽう進学ネット]

立命館大学

リツメイカンダイガク

大学京都府

  • パンフレットをもらおう

学部・学科・コース

法学部

現代社会に生きる
法と政治を学ぶ。

法学科
法政展開/司法特修/公務行政特修
法学科法政展開/司法特修/公務行政特修

【司法、ビジネス、行政のフィールドで国際的に活躍し、法の専門知識を活かせるスペシャリストを育成】
社会が複雑になるに従って、「ルール」のもつ意味は重くなります。司法の場だけではなくビジネスや行政においても法に精通した人材がこれまで以上に強く求 められるなか、法学部は、より高度な専門性を養う課程やプログラムを充実させ、現代が求める法の専門知識を活かせるスペシャリストの育成をめざします。全員が法学科に所属し、2回生進級時に、「法政展開」「司法特修」「公務行政特修」のいずれかを選択します。「法政展開」には6つの専門化プログラムがあり、一つの専門化プログラムを選択して履修していきます。また、「司法特修」に新たに「法曹進路プログラム」を設置し、効率的かつ効果的な学修を進めることが可能になります。

産業社会学部

「現代化」「総合化」「共同化」を掲げ、
現代社会の問題解決を目指す。

現代社会専攻
現代社会専攻/メディア社会専攻/スポーツ社会専攻/
子ども社会専攻/人間福祉専攻
現代社会専攻現代社会専攻/メディア社会専攻/スポーツ社会専攻/子ども社会専攻/人間福祉専攻

【現代の課題に対して、学問領域を越えてアプローチ】
産業社会学部は1965年に創設されました。学部創設時の理念は、「現代化・総合化・共同化」を合言葉に、「社会的現実の提起する、すぐれて現代的な諸問題を既存の学問諸分野との協同によって具体的に解明し、かつ現代社会を新しい方法によって総合的に把握すること」でした。創設以来、産業社会学部は常に、社会のアクチュアルな問題を総合的視野から解明し、同時に実証的な調査や分析の力を養うことを重視してカリキュラムの改善を重ねてきました。
現在の産業社会学部は、この理念を引き継ぎ、常に変化し続け、より複雑になった現代社会の諸問題を、社会学を基礎として経済学やその他の社会科学を統合した統合的な観点から解明すること、「学際性と専門性を兼ね備え、積極的に社会に働きかけて社会問題を乗り越えていく人材」を育成することを目指します。
産業社会学部が対象とするテーマは環境、都市、メディア、文化、エンタテインメント、スポーツ、家族、福祉、子ども・・と多種多様。日々変化する現代の課題に対して、学問領域を越えてアプローチし、アクティヴに学ぶことができます。

国際関係学部

多文化が融合した空間で地球市民として成長し、
グローバルな視野で問題解決に挑む。

国際関係学科
国際関係学専攻/グローバル・スタディーズ専攻
国際関係学科国際関係学専攻/グローバル・スタディーズ専攻

国際関係学部は、世界各地の学生が高い志を持って集う多文化共存の空間です。多様なバックグラウウンドを持った、留学生のみならず教授陣も揃っています。国際的に教育・研究・社会貢献を行う教員、国際社会のさまざまな分野で活躍してきた客員教授・特別招聘教授、そして、日本で数人しかいない珍しい専門領域を持つ教員たちから新たな発見や閃きを得ることができるでしょう。多文化が融合する空間で学び、国際的な感覚と知性を磨き、世界が求めるグローバルな見識と行動力を養います。現代の国際社会が抱える問題を多面的に探究し、既成概念にとらわれずに自分の頭で考え、問題解決に挑みます。
主に日本語で学ぶ国際関係学専攻と英語で学ぶグローバル・スタディーズ専攻。多くの科目で、同じ内容の講義を日本語と英語の両言語で開講しています。クロス履修システムを活用することで、国際関係学専攻の学生は関心ある科目を英語で学ぶことができ、グローバル・スタディーズ専攻の学生は日本語による科目を受講することができます。

アメリカン大学・立命館大学国際連携学科
アメリカン大学・立命館大学国際連携学科

【ジョイント・ディグリー・プログラム~国際政治の中枢・ワシントンD.C.と文化・学術都市・京都で学ぶ】
アメリカン大学・立命館大学国際連携学科は、立命館大学国際関係学部とアメリカン大学School of International Serviceが連携して1つの教育課程を編成し、両大学が連名で1つの学位<学士(グローバル国際関係学)>を授与する、学士課程レベルとしては我が国初となる、新しい学科です。この学科では、立命館大学とアメリカン大学の双方から学生を受け入れます。
グローバル・比較ガバナンス、アイデンティティ・民族・ジェンダー・文化、平和・国際安全保障・紛争解決などの国際関係学にかかわる各専門分野において、両大学の教員による一貫性のある指導のもと、4年間を通じて両大学のキャンパスを行き来しながら、日米の学生がともに学びます。
それぞれの大学の強みを活かした授業科目や両大学が共同で開設する授業科目が1つのカリキュラムの中で提供されるため、通常の海外留学に比べて、より体系的かつ効率的に履修を進めることができます。

文学部

幅広い領域の学問を融合して、
現代社会にふさわしいグローバル人文学を創り上げる。

人文学科
人間研究学域(哲学・倫理学専攻/教育人間学専攻)
日本文学研究学域(日本文学専攻/日本語情報学専攻)
日本史研究学域(日本史学専攻/考古学・文化遺産専攻)
東アジア研究学域(中国文学・思想専攻/東洋史学専攻/現代東アジア言語・文化専攻)
国際文化学域(英米文学専攻/ヨーロッパ・イスラーム史専攻/文化芸術専攻)
地域研究学域(地理学専攻/地域観光学専攻)
国際コミュニケーション学域(英語圏文化専攻/国際英語専攻)※1
言語コミュニケーション学域(コミュニケーション表現専攻/言語学・日本語教育専攻)※1

※1 2020年4月設置
人文学科人間研究学域(哲学・倫理学専攻/教育人間学専攻)日本文学研究学域(日本文学専攻/日本語情報学専攻)日本史研究学域(日本史学専攻/考古学・文化遺産専攻)東アジア研究学域(中国文学・思想専攻/東洋史学専攻/現代東アジア言語・文化専攻)国際文化学域(英米文学専攻/ヨーロッパ・イスラーム史専攻/文化芸術専攻)地域研究学域(地理学専攻/地域観光学専攻)国際コミュニケーション学域(英語圏文化専攻/国際英語専攻)※1言語コミュニケーション学域(コミュニケーション表現専攻/言語学・日本語教育専攻)※1※1 2020年4月設置

【人文科学とは】
人間の思考を学び、人間の営みを分析し、人間の本質を問う-人文科学とは、人間を見つめる学問です。大学で扱う学問は、経済、法律、政治、社会学や理学、工学に至るまでも極論すれば全て人間の営みに対する研究だと言えます。
もちろん人文科学も人間の営みを研究する学問ですが、特に「ひと」の本質を問う研究に特色があるでしょう。「ひと」の思考や「ひと」のあり方に関する研究の「哲学」、「ひと」が文字などを通じて著した文化などを研究する「文学」、「ひと」の長年の営みとその意義を研究する「歴史学」、地表に表れる「ひと」の営みの諸現象を研究する「地理学」、「ひと」のこころに関する諸現象を対象とする「心理学」など、人文科学の領域は幅広く、そしてより本質的です。
立命館大学の文学部は、さまざまな専攻・プログラムを設置して、人文科学の大半を網羅する全国でも有数の文学部として幅広い人文科学の教育を実践しています。広範な興味と関心を持ったみなさんと一緒に、明日の人文科学を創り上げていきたいと願っております。

映像学部

アート・ビジネス・テクノロジー
3つの視点から総合的に映像を探究

映像学科
映像学科

【総合的な視点から映像をとらえる、プロデュース能力を育成】
近年のデジタル技術の急速な進化に伴い、芸術として、メディアとして、あるいは産業として「映像」の可能性は飛躍的に広がりつつあります。
映像学部は、多様化する映像に対して、「映像芸術」「ゲーム・エンターテインメント」「クリエイティブ・テクノロジー」「映像マネジメント」「社会映像」という5つの学びのゾーンを軸に、多様な映像分野を開拓し、映像を通じて広く人類と社会に貢献する人間を育成していきます。また、映像学部の教育カリキュラムは、幅広い視野においてさらにはグローバルな舞台において活躍していくことを目指す知識やスキルを習得していくことができるように、デザインされています。

経営学部

ビジネスを発見し、ビジネスを創造する経営学

国際経営学科
国際経営学科

【留学を経験し、国際ビジネスの現場に触れて学ぶ!】
国際経営学科では、高度な外国語運用能力と国際理解力、さらに国際ビジネスを創る力を充実させ、グローバリゼーションの進展にともなう障壁を乗り越えられる能力の修得を目指します。経営学の専門基礎をしっかりと学んだうえで、発展的な内容に向けて段階的に履修していきます。外国語で経営学を理解する能力を高めることに力を入れるとともに、海外留学や海外インターンシップに挑戦できる機会も豊富に設けています。

経営学科
経営学科

【確かな経営理論を系統的に学び、新しいビジネスを創造し、成功に導く能力を養う】
規制緩和や技術革新など、現代のビジネス環境の多様な変化に対応できるよう、確かな経営理論の修得を目指します。新たなビジネスを立ち上げ、成功に導くための新たなビジョンの確立と、行動力の育成に力を入れた授業を展開していいます。進路目標に合わせて系統的に学べるように「戦略とマーケティング」「組織とマネジメント」「会計とファイナンス」の3つのコースを設定し、少人数のゼミナールなど自主性を養う多様な実践型の学びの機会を用意しています。

政策科学部

過去に学び、現在を知り、未来を創る。
― それが政策科学

政策科学科
政策科学専攻/Community and Regional Policy Studies(CRPS)専攻
政策科学科政策科学専攻/Community and Regional Policy Studies(CRPS)専攻

【豊富な知識と政策能力を育て、社会のさまざまな場面で活躍できる力をつくりだす】
政策科学は「総合的」「学際的」といわれます。環境問題、都市・地域問題、高齢化社会、グローバル社会など、近年世界的に大きな課題となってきた社会問題に対しては、既存の単一の学問分野だけでは対応ができません。そのため、多くの学問の英知を結集させることが必要なのですが、それには関係分野の知識を身につけることが必要です。その上で、これらの知識を的確に組み合わせることによって、合理的な政策づくりをしていくことが求められます。
政策科学部の中心カリキュラムである政策科学科目では、政策を考える上で必要となる基礎的な科目群(導入科目)やより専門的な科目(専門科目)を段階的に配置し、また論理的思考力やライティング能力を培う基礎演習(1回生)、現実の政策問題にグループで取り組む研究入門フォーラム(2回生)、これらを通じてより深く関心をもった学問分野を専門的に学ぶ専門演習(3・4回生)、そして、専門分野の観点から政策問題を研究・発表するPSエキスポやアカデミック・フェスタなど、政策科学を学ぶ上で効率的で体系的なカリキュラムを取り入れています。

総合心理学部

「人間」そのものを深く知り、
社会のさまざまな場で活かす力を身につける。

総合心理学科
総合心理学科

【ヒト・コト・モノ、そこにある「心」に気づける人へ】
人、人が考えたこと、生み出したもの、人と人の関係、そのすべてが総合心理学。そうしたヒト・コト・モノに好奇心を持ち、疑問を感じ、そこに込められた「心」に気づける人、またそれを目指す人こそ、総合心理学部が求める人物です。

【人に、社会に、生きる「知」を学ぶ】
多様化、複雑化が進み、新たな問題・課題が山積する現代社会。
これらの課題を解決するため、医療、教育、メディア、コミュニティ、司法…社会のさまざまなシーンにおける新たなアプローチとして「心理学」が活用されはじめています。
総合心理学部では、人間を総合的に探求することを目指して、心理学と多様な隣接分野に出会う、従来の心理学教育とは一線を画した学びを展開。多様化する社会で活躍するために必要な多様な人間観の獲得を目指し、人に、社会に、生きる「知」を学びます。

グローバル教養学部

次のグローバルリーダーを生みだすために。
新世代リベラルアーツ、始動。

グローバル教養学科
グローバル教養学科

【変化を機会と捉え、斬新なアイディアで問題を発見し解決へ導ける人材。それがグローバル教養学部の考える、多様性あふれる新時代のリーダー】
全ての授業を英語で実施するグローバル教養学部にはグローバル化の中核をなすアジアをはじめ、さまざまな国・地域から学生が集い、高度な学びをともにします。従来のリベラルアーツの枠を越え、異なる文化や社会背景を理解し、物事を多元的に捉える力や寛容力を自分のものに。一見無関係なものにフックを掛け新しい視点でつなぎ、不確実性が高まる社会において時代を切り拓く力を身につけていきます。

【立命館大学・オーストラリア国立大学の2大学から2つの学位取得へ。異なる学びの環境で多元的視野を育みつつ、課題の発見・解決を実践】
学部の全学生が2つの学位取得を目指すデュアル・ディグリーの学びは、日本初の試み。2つの国、2つの大学・キャンパスで学べるだけではなく、日本にいながらオーストラリアの大学講義を受講するなど重層的かつ多元的な学びを実践し、卒業後には、国際的なフィールドで多様なビジネスに学びを活かすことはもちろん、二つの学位を背景に、公共政策、法律、経営、建築など高度専門職大学院への進学や研究大学院への進学の道も大きく開けます。

経済学部

「多様性理解力」と「経済センス」を磨き
国際社会で活躍できる力を培う。

経済学科
国際専攻/経済専攻
経済学科国際専攻/経済専攻

【社会のあらゆる事柄を好奇心をもって探究できる人へ】
経済学は、政治や歴史、地理、宗教、風習、価値観など、さまざまなものとの関連性を踏まえながら、多面的なフィルターで社会を見通す学問です。そこから見えるあらゆる事柄に対して、「なぜそれが起こっているのか」を、好奇心をもって探求していける人こそ、経済学部が求める人物です。
経済学部は、経済学を基軸に社会科学を総合的に学ぶことで、多様性理解力とグローバル な視野を有し、経済センスに裏打ちされた論理的思考力をもって経済社会の諸課題に取り組み、その解決に貢献できる人材を育成することを目的とします。

スポーツ健康科学部

スポーツと健康を科学的・先進的に学ぶ。

スポーツ健康科学科
スポーツ健康科学科

【総合的・学際的な領域から、スポーツ健康科学を幅広く学ぶ】
スポーツ健康科学部では「人」をテーマに、さまざまな研究に取り組むことができます。その最小単位である細胞や遺伝子から、臓器、人体、さらに人の集合体である集団まで、社会の幅広い課題について、多様な学問分野を連携させ、科学的に解決策を導き出していきます。スポーツ健康科学部が目指すのは、グローバルな視野とリーダーシップを備え、スポーツ健康科学を理解し社会に貢献できる人材の育成です。これは、単に英語が話せるだけでなく、国際的視野をもって自らの学びを実践し、豊かな社会の実現に力を発揮できる人のことです。また、びわこ・くさつキャンパス(BKC)には、最先端機器が充実しており、理論として学んだことが、実験などを通して確かめられる環境が整っています。理学、工学、保健衛生学、医学、体育学、教育学、経営学などの諸分野に関係する研究力の高い教員の指導により、総合的・学際的な視点でしっかりと学ぶことができます。ゼミナールを越えた学生同士の交流や教員の共同研究が多いことも特徴です。

食マネジメント学部

「世界をおいしく、おもしろく。」
食で、世界を変えていく。

食マネジメント学科
食マネジメント学科

【社会、ビジネス、文化、「食」から広がる学びの領域】
人が生きるうえで欠かせないもっとも根源的な「食」を切り口に、多様な社会問題を理解し、解決する力を養う「食マネジメント学部」をびわこ・くさつキャンパスに開設。
食マネジメント学部では、食の社会的なあり方や、文化的・歴史的な背景、そして自然科学的な知識までを、経済学・経営学を基盤にして、「マネジメント」「カルチャー」「テクノロジー」の3つの領域の総合的な学びを通じて理解していきます。
世界の食関連産業の市場規模は約700兆円に達し、今後も更なる拡大が予測されています。私たちは、食科学という新しい学問分野を切り拓くとともに、食に関わる課題を俯瞰的かつ総合的に捉え解決できる、高度にマネジメントできる人の育成に取り組んでいきます。

理工学部

幅広い応用力を身につけて、
技術開発の第一線で活躍する。

数理科学科
数理科学科

【幅広い領域での数学の研究・活用を通して人類の福祉と発展に貢献する】
現代数学の理論的・応用的知識を修得し、幅広い領域で数学を研究・活用できる能力を身につけ、数学を通して人類の福祉と発展に貢献できる人材を育成することを目標としています。2020年4月からは数学コースとデータサイエンスコースの2コース制となります。両コースとも現代数学の修得が軸となっており、1回生時に線形代数と微積分学を学び、その基礎の上に代数学・幾何学・解析学の専門科目を学んでいきます。それに加えて、データサイエンスコースにおいては本学科の特長である確率および数理ファイナンス分野と、それに密接にかかわり、近年著しく発展しているデータサイエンス分野を取り込んだ教育プログラムを学ぶことができます。また、数学コースにおいては教員・研究者志望の学生のニーズに応えた少人数ゼミナールや、数学の隣接分野としての物理学を系統的に学べる数理物理プログラムがカリキュラムに配置されています。

物理科学科
物理科学科

【すべての自然科学と工学の中心に、物理学がある】
物理学は、自然現象に潜む法則性を明らかにし、宇宙・地球・物質・生命・社会など「この世界はどのように成り立っているのだろうか」という本質的な問いに答えようとする学問です。めまぐるしく変化し多極化する現代社会を生き抜くための、普遍的で強靭な知的基盤を修得できるのが物理科学科です。本学科では、系統的な専門科目の学修を通じて、全ての自然科学と工学を支える、力学、電磁気学、熱統計物理学、量子力学などの基礎概念を修得します。さらに、多彩な物理学実験、データ計測・処理・解析、プレゼンテーションなどを通じて、論理的かつ定量的な思考力とその実践的な応用力を身につけます。自然の仕組みに関する深い洞察力を養い、科学と技術を架橋する広々とした学問的視野を身につけることで、より良い社会の創出に貢献する人材を育成することが、物理科学科の教育目標です。

電気電子工学科
電気電子工学科

【電気電子工学の技術の進化に寄与する、想像力豊かなグローバルリーダーを目指す】
電気電子工学は、エネルギー・情報通信などの社会基盤を支える極めて重要な分野です。本学科は、電気電子工学をはじめとする科学技術全般の発展ひいては現代社会の福祉・発展に貢献し、次世代をリードする技術者・研究者の輩出を目標として、専門知識・技能の修得のためのカリキュラムを整えるとともに、新技術の創造に繋がる研究の場を提供しています。本学科の学生は、数学、物理、情報を根幹とする基礎を学んだ後、「電子デバイス」「電子システム」「光システム」「通信システム」「環境・エネルギーシステム」「情報」に関する科目群を通じて専門知識と技能を系統的に修得します。さらに研究活動を通じて、技術の急速な進歩・多様化にいち早く対応し新技術を開発できるための創造性・問題解決能力を養います。

電子情報工学科
電子情報工学科

【「エレクトロニクス」「コンピュータ」「情報通信」3つの分野のプロフェッショナルとして世界で活躍する】
「エレクトロニクス」「コンピュータ」「情報通信」は、安心・安全な社会基盤をなす重要な分野です。電子情報工学科では、これら3つの分野を柱とした広範な専門領域において教育・研究を実践しています。近年、エネルギー、地球温暖化など地球規模の問題から、医用情報、情報セキュリティーなど個人レベルの問題まで、さまざまな課題があります。これらを解決するためには、基礎となる数学や物理学はもとより、電気・電子回路、コンピュータやソフトウェアなどの専門知識、ネットワーク通信やシステムLSI に関する応用知識を身につけ、電子回路設計やプログラミングなどの実践的な技術を磨くことが必要不可欠です。あらゆる分野で必須のこれら専門知識・技術を身につけ、国際的にも活躍できる、我が国を支える技術者を育成します。

機械工学科
機械工学科

【最先端のテクノロジーを学んで産業・工業のあらゆる分野で人間生活を支える】
機械工学はものづくりの「原点」を担う学問であり、新素材、高効率エンジン、マイクロ・ナノスケールでの超精密加工技術、人間の頭脳のような判断力を持った制御システムといった先端技術を含めた、産業・工業のあらゆるフィールドを支えています。機械工学科では、材料、設計・生産、制御・システム、環境・エネルギー、ナノテクノロジーといった分野をしっかりと学ぶことで、工学の研究に欠かすことのできない基礎を修得できます。工学分野の事象を多角的にとらえることができるよう、幅広い視点と知識を身につけることができる教育・研究を展開しています。機械工学や関連する学際領域における最先端の研究に向けて、高度な専門知識を身につけ、研究開発を通じて、実践的なスキルの習得を目指します。

ロボティクス学科
ロボティクス学科

【工学分野を広範囲に学び幅広い領域で活躍するロボット開発に挑む】
1996年に設立された、日本初のロボティクス学科です。現在、1,600名を超える卒業生が、機械、電気、情報、医療・福祉等の幅広い分野で活躍しています。ロボティクス学科のカリキュラムでは、ロボットの基本である機械工学をはじめ、電気・電子工学、情報技術や、今後ますます重要となる人間支援技術の基礎をバランス良く学修します。さらに、センサ、アクチュエータ、コンピュータ等の要素を統合してロボットを構築するための科学と技術を習得します。多様な先端テクノロジーに精通し、それらを統合して、産業用の製造ロボットをはじめ、宇宙・海洋開発や原子炉内の点検、家事や医療・福祉などの新しいロボット開発に活かせる問題発見能力・問題解決能力を持った技術者・研究者の育成を目指しています。このような幅広い知識を有する人材は、産業界からも強く求められています。

環境都市工学科
環境都市工学科

【環境問題の解決と社会基盤の防災を通して、持続的社会を構築する】
複雑化する環境問題の解決や、歴史文化をも傷つけるほどに激甚化する自然災害への備え、そして老朽化し過密化する都市の再構築には、確かな知識を持った技術者の存在が欠かせません。環境都市工学科では、環境科学や計画理論の基礎を学んだ上で、2回生から環境システム工学コース・都市システム工学コースのいずれかを選択し、専門性を高めていきます。また「環境工学系技術者養成特別プログラム」を修習することで、技術士になるための資格が得られます(予定)。卒業後は技術系公務員をはじめ、環境産業・鉄道・高速道路・建設会社・コンサルタントなど、よりよい社会基盤の発展に係わる人材として活躍することが期待されます。豊かな環境や歴史文化とともに快適な生活を目指す学科ですので、高校までに学んだ教科すべての知識を応用して活かせます。

建築都市デザイン学科
建築都市デザイン学科

【美しく健全な国土の実現を目指し、建築と都市をデザインする】
建築・都市に関する歴史や文化のコンテクストを読み取り、地域の個性を活かしながら、建築・都市文化を継承・創造する理論と方法を理解するために、必要な技術に関する教育研究を行い、建築や都市のデザインに関する新しいニーズ、複合的な課題に応えうる人材を育成します。美しく健全な国土の実現を目指して、人に身近な「建築」と、その総合的環境である「都市」をデザインする能力を養うため、設計製図、歴史・意匠、都市・ランドスケープ、建築計画・法規、環境・設備、構造、建築材料・生産施工といった各専門領域を統合する教育を展開し、「建築」「都市」を創造する能力を身につけます。1回生より各専門領域の選択必修科目を配置し、専門領域を系統的に学修します。

情報理工学部

目指すのは、最先端のITを支える仕組み作り。
情報理工学の視点で社会を豊かにする技術を開発する。

情報理工学科
システムアーキテクトコース/セキュリティ・ネットワークコース/先端社会デザインコース/実世界情報コース/画像・音メディアコース/知能情報コース/情報システムグローバルコース
情報理工学科システムアーキテクトコース/セキュリティ・ネットワークコース/先端社会デザインコース/実世界情報コース/画像・音メディアコース/知能情報コース/情報システムグローバルコース

【発想にブレーキをかけず、誰も見たことがない未来を想像できる人へ】
デバイスとネットワークの進化によって、世界のさまざまな情報にアクセスできる情報通信技術(ICT)全盛の現在、さらなる広がりを期待されているのが情報理工学です。「情報」という切り口から世界をとらえたとき、既存の概念に縛られずに「まだ誰も知らない未来」を想像できる人こそ、情報理工学部が求める人物です。
今日のICTの発展はめざましく、エネルギー、環境、福祉、健康・医療などの複雑で地球規模の課題を解決するための核心技術のひとつとして認知されています。インターネット、スマートフォン、IoT(Internet of Things)、ビッグデータ、自動運転、人工知能、ロボット技術、情報セキュリティなどのICT技術は未来を変えるものとして特に注目されています。情報理工学部のカリキュラムは、低学年でICTの基礎理論をしっかり学んで土台を固めたうえでICTの最先端分野を講義と演習・実験で学べるように編成されます。

生命科学部

新しいライフサイエンスの教育・研究分野を創造し
その情報を世界に発信する。

応用化学科
応用化学科

【現代化学の理論と技術を駆使して、現代的課題に原子・分子レベルからアプローチ】
私たちは原子・分子から成り立つさまざまな物質に囲まれて生活しています。化学は物質の構造や性質、反応を原子・分子レベルで解明すること、さらに新しい物質や反応を構築していくことを目的としています。また、私たち人間を含めた生物体はたんぱく質、核酸、脂質、糖質といった生体分子から成っており、化学の研究手法で生体分子とそれに関連する生体反応について探求することができます。化学は、私たちの生活を豊かにする材料科学の基盤技術として、また生命の神秘に迫る生命科学の基盤技術として大きな役割を果たしています。応用化学科では、そうした化学について学び、材料・エネルギー・環境問題など社会の重点課題に挑みます。

生物工学科
生物工学科

【バイオテクノロジーを通して、食料、資源・エネルギー、環境の諸課題に挑む】
食料、資源・エネルギー、環境分野の諸課題を解決するために、化学的素養を備え、環境と生物、生物の多様性と相互作用、さらには人間社会との関連性を理解し、生物のもつ力を有効に活用できる人材が必要とされています。生物の有する特性を解き明かすとともに、それを活かした技術を産業・工学に応用する「バイオテクノロジー(生物工学)」を専門的に研究するのが生物工学科です。本学科では、化学、生物学、微生物学、植物生理学などの専門知識を養い、化学的基盤を理解します。さらに環境、食糧、バイオエネルギー、医療など、多様な分野にわたる学びと研究を通じて、安心・安全で持続可能な社会の実現に向けて活躍できる力を培います。

生命情報学科
生命情報学科

【ゲノムから得られる情報を用いて生命現象を解き明かす】
人間は約37兆個の細胞からできており、その細胞一つひとつはさらに膨大な数の原子、分子からできています。生命体は、原子、分子から細胞、組織、生物個体まで、ミクロとマクロの世界を機能的に統合した巨大システムであり、これらが正しく機能するための設計図がゲノム情報です。ゲノム情報を活用することで、食糧生産等のための植物の改良、新薬開発のための治療ターゲットの探索など様々な応用が可能になります。生命情報学科では、ゲノム情報を扱う技術の教育を取り入れ、生命科学分野で活躍できる人材の育成を目指します。卒業研究では、新薬開発に向けた分子設計などの応用にも取り組みます。

生命医科学科
生命医科学科

【医科学・医療の革新により、人類の福祉に貢献する】
私たちは便利で快適な暮らしを送る一方で、健やかに生きるために多くの問題に直面しています。とりわけ、地球環境の変化による未知の感染症の発生や、人口の高齢化にともなう老年病の増加、癌や生活習慣病のリスクの増大など、私たちの健康に直接関係する問題への対応が求められています。生命医科学科では基礎医学・予防医学を重視した医科学教育・研究を展開。「どのような原因やメカニズムで病気になるのか?」など、生命と医療の根源的な問いにアプローチし、その成果に基づいて新しい疾病予防法、診断法、治療法の開発を進めます。さらに、基礎研究の成果を、迅速に社会生活に役立てることができる医療システムの開発にも挑戦します。

薬学部

未来を創造的に切り開き、
薬学の可能性を開拓する。

薬学科(6年制)
薬学科(6年制)

【高度化する医療において、先導的な役割を果たす薬剤師を養成します】
薬剤師の職能は、これまでの調剤を中心としたものから、病院での医師と連携した処方提案などのチーム医療、病棟や在宅などのベッドサイドで薬のプロフェッショナルとして患者の健康をコンサルティングすることなど、ますます変化し、新しい活躍の場が広がっています。
これらの社会ニーズは今後も常に変化・進展し続けていきます。これから薬学を学ぶ者に必要なのは知識だけではなく、社会ニーズの変化を敏感につかみ取り、対応できる柔軟性です。
本学薬学部は、あらゆることに疑問を持ち、自ら進んでその解明に取り組む“研究マインド”を持った薬剤師を養成していきます。

創薬科学科(4年制)
創薬科学科(4年制)

【薬学を基礎から学び、新しい薬の発見・創製につなげる研究者を養成】
薬学は医薬品の創製とその適正な使用を通して人類の健康と福祉に貢献し、社会の発展に寄与することをその使命としています。
分子標的薬やゲノム創薬、再生医療など医療技術がめざましく進歩している今日、創薬分野の研究とそれを支える人材の重要性はますます増大しています。
創薬科学科では、「薬を中心に据えた」人の健康にかかわる自然科学と創薬科学の知識・技術を習得し、医薬品の創製、開発、生産さらには食品・化粧品、環境や衛生分野などの薬学関連領域での研究、行政および教育に従事する人材を養成していきます。
※創薬科学科(4年制)では、薬剤師国家試験の受験資格を得ることはできません。

立命館大学をもっと知るなら!

立命館大学のパンフをもらおう

さんぽう専門学校をもっと詳しく知るなら!パンフレットをもらう

立命館大学をもっと知るなら!
  • パンフレットをもらおう

ページトップへ