日本工業大学 在校生・先輩メッセージ

大学の情報検索なら[さんぽう進学ネット]

日本工業大学

ニッポンコウギョウダイガク

大学埼玉県

  • パンフレットをもらおう

在校生・先輩メッセージ

基幹工学部 機械工学科 2年
田部 清楓さん
(福島県立喜多方桐桜高等学校出身)

基幹工学部 機械工学科 2年田部 清楓さん(福島県立喜多方桐桜高等学校出身)

 自動車整備士だった祖父の影響で小さい頃から機械いじりが好きでした。そこで工業高校に進学し、将来は工業高校の機械科の先生になりたいと思うようになりました。そのため、大学は教員免許が取得できる大学を志望。日本工大出身の担任の先生から「教員養成に強い大学」という話を伺い、進学を決めました。
 日本工大では1年生の時からものづくりに取り組めるカレッジマイスタープログラムが魅力でした。私は機械加工工房に所属し、ミニ旋盤を部品から自分でつくっていますが、他の大学では1年生の時は教養を学ぶことが多く旋盤に触る機会も少ないようですので、私はとても貴重な経験ができていると思っています。
 工房でのものづくりは楽しく充実した時間です。金属の塊だった材料を自分が加工することで形が変わり、部品として完成させられるプロセスに魅力を感じます。また、高校の時は先生の指示通りにつくるだけでしたが、工房では図面を見て、どの手順で、どのように作っていくのかを自分で考えることが楽しいです。失敗も多いですが、工房でのものづくりを通して、考える力が伸びたと感じています。
 今は機械科の先生をめざして、大学での勉強をがんばっています。私は福島県の出身なのですが、福島県の工業高校には女性の先生が少ないので、私が教員になることで工学に興味を持つ生徒が増えるよう地元に貢献したいと思っています。

基幹工学部 電気電子通信工学科 4年
斉藤 猛さん
(埼玉県立深谷高等学校出身)

基幹工学部 電気電子通信工学科 4年斉藤 猛さん(埼玉県立深谷高等学校出身)

 音楽が好きで、高校では吹奏楽部に入り、フルートを担当。進路を考え始めた時に「音は波。電気も同じ波だよ」というアドバイスをもらい、電気に興味を持ちました。大学選びでは、自分の好きなことが突き詰められる大学であるかを重視し、日本工大を選択。大学のパンフレットに掲載されていた大田先生の研究室がとても面白そうで、「ここで学びたい」と思ったのです。
 私は普通科の理系出身で、電気回路やブレッドボードも触った経験がなく、大学の勉強についていけるか不安でしたが、日本工大では1年生から基礎をしっかり学べる講義や実験も多く、安心して授業に取り組めました。特に実験は2~3人のグループで行い、一人で最初から最後まで手を動かす実験が多いので、着実にスキルを身につけることができます。
 日本工大では、とにかく好きなことに全力で取り組めています。私は2年生の時から大田先生のゼミに入り、フルートの研究を続けてきました。卒業研究では、フルートの音色と穴の大きさの関係性や、音色が変化する原因について研究しています。
 将来は、今の研究をもとに新しい楽器をつくってみたいと考えています。日本工大での学びを通して、世界中でまだ誰もつくったことがないものづくりに挑戦することこそ、価値があると考えるようになったからです。

基幹工学部 応用化学科 2年
梶原 舞さん
(秋田県立本荘高等学校出身)

基幹工学部 応用化学科 2年梶原 舞さん(秋田県立本荘高等学校出身)

 中学の時から実験が好きでした。高校でも化学部に入り、液晶材料のひとつである「コレステリック液晶」の実験に励みました。大学では、その分野をさらに深め、研究として本格的に取り組んでみたかったので応用化学科のある大学を志望。日本工大に決めたのは、実験設備と研究室がとても充実していたからです。
 今は3~4年生で専門的な研究に取り組めるよう、応用化学の基礎を幅広く学んでいる段階です。授業は基礎知識を学んだ後に、実験を通して内容を深めるという流れなので、着実に化学の基礎知識を積み上げることができています。また実験では、学んだ知識を超える、新しい疑問や新しい発見に出合う化学の醍醐味も味わえます。
 日本工大では、1年生から研究に打ち込めるのがメリットで、私もカレッジマイスタープログラムの「Science Grit(サイエンス・グリット)」を履修しています。ここでは、高校の時から取り組んでいたコレステリック液晶の研究を続けていて、より早い速度で集積するような分子を自分でつくれないかと挑戦しています。研究に必要な機材や材料も提供してもらえるうえ、先生から直接アドバイスを受けることもでき、充実した環境で研究に取り組めていると思います。将来は研究の仕事に就きたいと考えているので、そのための技術や知識を身につけたいです。

先進工学部 ロボティクス学科 2年
三島 理さん
(さいたま市立大宮北高等学校出身)

先進工学部 ロボティクス学科 2年三島 理さん(さいたま市立大宮北高等学校出身)

 高校2年生の時にロボットプログラミングを体験し、それが面白くてロボットが学べる大学を志望しました。日本工大に決めたのは、ロボットに触れる機会が多いと聞いたからです。
 実際に授業ではプログラミングや設計など1学年からものづくりの機会が多く用意されています。さらにヒューマノイドロボット「Nao」が1人1台で操作できる環境だったことは驚きで、“新しいことが学べているんだ”とワクワクした気持ちで実験・実習に取り組んでいます。
 今は、設計製図の授業に力を入れています。3Dプリンタを使ってフォークリフトを製作し、500mlのペットボトルを持ち上げるという課題に2人1組のチームで取り組んでいますが、構造や設計、デザインなど、全て自分たちで考えます。私のチームは3Dプリンタで製作したギアが噛み合わず、その課題解決にむけてさまざまな方法を試行錯誤。上手くいかない原因を発見し克服するには、オリジナリティや創造力の大切さを実感しています。また、技術だけでなく、チームでのコミュニケーションを充実させ、意見を出し合う重要性にも改めて気づかされました。
 今後は、ロボットのニーズが高まっている農業や介護の分野で役立てるよう、肉体労働の負担を軽減するロボットについて研究し、社会に貢献できる技術者になりたいと思っています。

先進工学部 情報メディア工学科 4年
磯部 佑太さん
(埼玉県立草加高等学校出身)

先進工学部 情報メディア工学科 4年磯部 佑太さん(埼玉県立草加高等学校出身)

 1学年からカレッジマイスタープログラムの「フィジカルコンピューティング工房」に所属し、プログラミングや電子工作など幅広いものづくりに挑戦しました。障がい者向けのアプリケーション開発に取り組んだとき、普段はあまり表情を出さないという肢体不自由の方がアプリケーションを通して冗談を言ってくれたのが嬉しくて、もっとコミュニケーションがとれるようになりたいと思い、視線推定技術を学び始めました。4学年からは、肢体不自由の方が視線入力装置を使って意思伝達できるコミュニケーションロボットの開発などにも参加し、技術力の向上に努めました。
 授業以外では、いろいろなコンテストに何度も挑戦。昨年は、第3回ドコモ近未来社会学生コンテストに応募し、外部にいる人の視線を疑似体験できる「視界共有システム-アイシス」で最優秀賞を受賞。また、今年はJIDE学生文化デザイン賞2019に応募し、健常者も使用できる義足で、装具使用への抵抗感の軽減をめざした「拡張身体abii」でグランプリを受賞しました。
 卒業研究では、視線推定技術をさらに突きつめたいと考え、機械学習を用いた視線推定や文字盤への応用に取り組んでいます。さらに高度な研究にも挑戦したいので大学院への進学も決めました。今後は障がい者の方が身近なスマートフォンやタブレットを用いて視線入力できる機能を実現したいです。

建築学部 建築学科 建築コース 4年
小澤 智博さん
(千葉県立松戸六実高等学校出身)

建築学部 建築学科 建築コース 4年小澤 智博さん(千葉県立松戸六実高等学校出身)

 大学4年間で一番印象に残っている出来事は、3年生の時に挑戦した景観まちづくりプランのプロジェクトです。「第3回かすかべビジネスプランコンテスト」に応募し、賞をいただきました。
 春日部市の中心市街地を活性化させるためにはどうすればよいか。私たちは地域の方と交流して課題点を抽出し、憩いのスペースと新たな創業者に出店機会を提供するマルシェを企画しました。地元企業の協力を得て、敷地内の駐輪場にベンチを設置させてもらい、住民が集う休憩所をつくる社会実験に挑戦。実験の授業で生じた廃材を利用してベンチを製作し、地域の方と色を塗り、レイアウトを工夫しながら、休憩所の有効利用について考えました。
 このプロジェクトでは、PDCAサイクルを何度も回すことが重要だと実感しました。また、自分たちが提案した改善点に対して、地域の方からどんな反応が得られるのかも興味深く、学生ながらに街づくりに参加できた一体感も味わいました。プロジェクトに関わる前は、“街は自分たちの手では変えられない”と思い込んでいましたが、今は“自分たちも提案し、変えていけるんだ”と思えるようになりました。卒業研究では、春日部での適用にむけて、学内にある休憩所のベンチの付近にセンサを設置して利用状況の分析と改善に取り組んでいます。学生の間にやりがいのあるプロジェクトに出会えたことに感謝しています。

建築学部 建築学科 生活環境デザインコース 3年
牧野 なな子さん
(静岡県立浜松工業高等学校出身)

建築学部 建築学科 生活環境デザインコース 3年牧野 なな子さん(静岡県立浜松工業高等学校出身)

 「彩の国連携力育成プロジェクト」は、日本工大で建築を学ぶひとつの魅力だと思います。大学や専門の異なる学生がひとつのチームになり、課題解決に取り組むのですが、このプロジェクトは、自分の視野を大きく広げてくれました。
 私は、医療や看護を専門とする学生と同じチームになり、在宅介護が必要な方の暮らしを豊かにする改善案を考えました。実際にチームで在宅介護のお宅を訪問して、ご本人やご家族からお話を伺い、それを元にメンバーでアイデアを出し合います。医療が専門の学生は医療の目線で、建築が専門の私は生活デザインの視点で、それぞれに異なった意見を出し合いました。
 “要介護者が家で生活したいという要望をどのように叶えるか”というテーマで議論したときのこと。私は介護者の方の動線を見直し、レイアウトの変更を提案したのですが、医療が専門の学生は、介護者の負担を考慮し、デイケアを利用しながら介護生活を送るアイデアを提案。同じ課題でも専門によって見方が異なることに改めて気づき、建築以外の専門領域の人と関わる大切さを知りました。また実際に在宅介護のお宅を訪問してお話を伺う機会が持てたことも良い経験でした。
 今後は設計の研究室に進もうと考えていますが、この活動で学んだ人の生活に寄り添う視点を忘れず、さらに専門的な知識や技術を身につけていきたいと思います。

日本工業大学をもっと知るなら!

日本工業大学のパンフをもらおう

さんぽう専門学校をもっと詳しく知るなら!パンフレットをもらう

オープンキャンパス

日本工業大学のオープンキャンパス

オープンキャンパス2020
主なプログラム チェックしよう「学部学科情報」、作ってみよう・触ってみよう・描…

日本工業大学のオープンキャンパス

春のオープンキャンパス
新2・3年生向け、春のオープンキャンパス。 大学って、どんなところか見てみよう…

学部・学科・コース

日本工業大学の学部学科コース

機械工学科
「デザイン・設計」「エネルギー・制御」「生産技術」。機械工学の基本となる3つの分…

日本工業大学の学部学科コース

電気電子通信工学科
インターネットや携帯電話の誕生は世の中を大きく変え、スマートフォンはいまや私達の…

日本工業大学をもっと知るなら!
  • パンフレットをもらおう

ページトップへ