レコーディングプロデューサー|仕事を調べる

大学専門学校の情報検索なら[さんぽう進学ネット]

キーワード検索

レコーディングプロデューサー

芸能・音楽・エンターティナー

すべてのプロセスの総合監督

人を見る眼やバランス感覚、ビジネスセンスが求められる

どんな仕事?

レコード会社に所属、または契約して仕事をするのが主流

レコーディングされる音盤(CDが主流)の企画からリリースにいたる、すべてのプロセスを総合的に監督するのが、レコーディングプロデューサーの仕事です。レコード会社に所属して、または契約して仕事をします。
業務内容は、アーティストの発掘から選定、アルバムコンセプトや楽曲の決定、サウンドのトータルな方向づけ、宣伝やキャンペーンの進行、制作予算の管理、関係各社との調整など多岐にわたり、しかも、一人のプロデューサーが数人のアーティストあるいはレーベル全体を担当するのがふつうです。音楽業界のなかでも超多忙を極める職種のひとつです。

つくには?

レコーディングプロデューサーになるための資格や免許はとくにありません。レコード会社に入りいろんなセクションの仕事をしながら経験を積み、認められてプロデューサーになる方法が一般的です。また制作・宣伝部門のアルバイトから入って、正規社員への採用を狙う方法もあります。一方、音楽業界での経験を問わないうえに、別業界からの人材を歓迎しているレコード会社もあり、業界未経験者でも挑戦できる職種です。なかには独立して、レコード会社などと契約をして仕事をする人も少なくありません。

●収入は?

給料は年俸制が一般的で、最低でも 700万円、ヒットを飛ばせば2000万円程度の収入も可能です。

●労働条件は?

労働時間は、レコーディングのある日は朝方までディレクターとともにスタジオに張りつきます。レコーディングのない日は、日中は会議、夜は接待があることも。多忙ではありますが、土日休みや夏休み・年末年始休暇も十分とれます。

●将来性は?

変化のはげしい業界なので、既存のシステムでは対応しきれないケースも多いですが、逆に実力派にはピッタリの世界といえます。

めざす学問系統 学科・学部

資格

特になし

  • 国家資格=国家資格
  • 公的資格=公的資格
  • 民間資格=民間資格
  • 必須資格=必須資格
  • もっていると有利な資格=もっていると有利な資格

適性-こんな人に向いている-

  • まとめ役になることが多い
  • 物事は計画的に進めていく方だ
  • 目立ちたがり屋だ
  • 人にわかりやすく説明したり、交渉することが得意だ
  • どんなタイプの人ともうまくコミュニケーションがとれる

ページトップへ