志望理由書とは|志望理由書・志望動機の書き方・例文

キーワード検索

「志望理由書」の書き方 何をかけばいい?どれくらい書けばいい?書き方のポイントは?

志望理由書とは

志望理由書とは、AO入試・推薦入試などを受験する際に、ほとんどの学校で提出が求められる書類です。(学校によっては、自己推薦書・エントリーシートとも呼びます。)
一次選考(書類審査)の判断基準になるだけでなく、その後の面接試験でも使用されるため、志望理由書の内容が合否に大きく影響します。

<POINT> AO入試・推薦入試の流れ(例)

<エントリー出願時に提出>
志望理由書(自己推薦書エントリーシート)

<提出書類を参考に審査>
書類審査・面接など

合格発表

受験する入試方式の提出書類を調べよう

受験するAO入試・推薦入試の願書や募集要項に記入字数の指定や用紙が書いてあったり、用紙がセットになっている場合がほとんどですので、まずは学校のパンフレットを取り寄せて募集要項を調べてみましょう。

志望理由書を書く前に

1.なぜその学校を志望したのか考える

ほとんどの人が、志望理由書を書くのは初めての経験かと思います。「何を書いていいかわからない」と悩む前に、志望理由書を書くために「自己分析」をしてみましょう。

学校のパンフレットをよく読んで、受験する学校の特長について、もう一度じっくり調べてみましょう。そのうえで、「この先生に教えてもらいたいから」「設備が充実していて、学びたい分野の研究がしっかりできそうだから」など、その学校を志望した理由を考えてみましょう。

<POINT> 一般的な進学の目的

(1)学問・研究のため
(2)就職・資格取得のため

(1)(2)について具体的に
説明できるようにする!

2.なぜその分野を志望したのか考える

なぜその学部・学科に入りたいと思うのか、「おもしろそうだから」「かっこいいから」などの印象ではなく、「高校時代のボランティア経 験から」「ふだんの生活で関連する職業の人と接して」など具体的な例を挙げて説明できるようにしましょう。

3.どんな学校生活を送り、どんな社会人になりたいか考える

1・2で考えた「志望理由」を元に、入学したら「学びたい分野の勉強をしつつ、関連するボランティア活動でその分野の経験を深めたい」など学校生活のイメージを描き、学んだ内容から、「どんな仕事をする社会人になっていきたい」か将来の目標を考えてみましょう。

志望理由書のチェックポイント

学校側が「志望理由書」で知りたい3つのポイント

  • 【1】これまで(小学校・中学校・高校時代)何をやってきたのか
  • 【2】この学校で何をしたいのか
  • 【3】社会に出て何をしたいのか

「志望理由書」に書くべき内容の具体例

  • これまでどんなことを勉強してきたか
  • これまでどんな部活動をしてきたか
  • これまで勉強・部活動以外にどんなことをしてきたか
  • どんなことが好きか、どんなことに興味・関心があるか
  • 今の社会や時代についてどう思っているか
  • これまでにどんなことを経験してきたか
  • これまでの人生でどんな人の影響を強く受けたか
  • これまでどんな本や映画などで感銘を強く受けたか

学校についてのチェックポイント

  • 学校のカリキュラムの内容について
  • 学校の教授陣容とその研究内容について
  • 学校で取得できる資格や技能について
  • 学校の主な部活動、サークル活動について
  • 学校の他学校にはない特長について
  • 学校のキャンパスの雰囲気について
  • 入学後の学生生活の抱負や過ごし方について

卒業後についてのチェックポイント

  • 学校卒業後就きたいと考えている職業について
  • 学校卒業後活動してみたい分野について
  • 学校卒業後の社会への関わり方について
  • 学校卒業後の職業や生活・活動の計画と学校での勉強とのつながりについて

志望理由の書き方

学校側はどんな点を見るか?

目的意識・意欲・人柄・文章力・可能性・将来性など

どれくらい書けばいい?

字数は学校で指定されますが、400~800字が一般的です。

書き方は?

大半は自由です。最も書きやすい方法で書くのがよいですが、一般的には4部構成にすると書きやすいでしょう。

志望理由書

ページトップへ