内定GET!就職面接|就職・公務員|お役立ち情報

キーワード検索

高校生のための内定GET!就職面接

入社試験では必ず面接が行われます。
それは「学力では測れない本人の人間性や人柄をみる」ためですが、学力で測れない部分とはどんなことでしょうか。そのことについてみておきましょう。

面接をする理由と見るポイント

理 由

→面接は話し合いにより自分の意志を相手に伝え自分を理解してもらうための重要な手段であるから

→企業が「期待する社員に近い人物」を選べるから

→本人の入社意志が固いかどうかを確認できるから

これらを確認するために、
志望動機 ・やる気 ・実行力 ・将来的なビジョンや夢 ・職業(学校)に対するイメージ ・社風(校風) ・人柄 ・自己PRなどが聞かれます。
もちろんこれだけではなく、これ以外のことも質問されます。
また、これらのことを聞いていくうちにより細かい話に発展することもあります。

ポイント

第一印象

身だしなみ(服装・頭髪・ツメ・ひげ)

態度・動作・話し振り

入退室動作、お辞儀(気をつけ、礼の姿勢、
(直立姿勢)、座り方、声の大きさ、言葉遣い、視線

話の内容

表現力・理解力

面接はどういう方法でやるの?

個人面接
受験者1名面接官1名
受験者1名面接官複数
集団面接
受験者複数面接官複数
・・受験者複数面接官1名
(集団討論)
受験者同士が討論する形式。司会は面接官が行うことが多いが、受験生に任せることもある
(面談形式)
進学希望者のAO入試等に見られる形式で相談しながら話を進めていく

就職については個人面接と集団面接が圧倒的に多く、討論や面談はあまりない。面接官が一人だとその面接官の判断が全てになってしまうため、通常面接官は複数で実施し、総合的な判断ができるような形式で行う。

「内定GET!就職面接」 目次

面接ではここが見られる
ページ1 :
第一印象
ページ2 :
態度・動作・話し振り
こんな質問をされます
ページ3 :
志望動機、欠席日数、希望職種(就職)、入社の抱負、会社の印象、
長所・短所、クラブ活動、好きな学科・嫌いな学科、
日常生活・社会への関心、高校時代の思い出・校風、自己PR
あなたなら何と答える?
ページ4 :
面接事例集
ページ5 :
この質問にあなたはなんと答えるでしょう
      :
付録〔練習問題、ワークシート、求人票・チェックポイント、履歴書の書き方〕

ページトップへ