通関士|仕事を調べる

キーワード検索

通関士

語学・国際ビジネス

国際物流を支えるエキスパート

輸出入をするのに、一般人が税関の手続をすることはタブー。国家試験をパスした「通関士」の仕事。

どんな仕事?

空港や港で貨物の輸出入をスムーズに行うための重要な任務
通関士

品物を輸出入する際に必要なのが税関の許可。通関士は実際に物を輸出入する人に代わり、税関への申告業務を行います。麻薬や拳銃などの社会悪物品の流入を防止し、また輸入貨物から関税や消費税などの税金を正しく徴収するためにも行われます。
通関業務を行うには、輸出入の対象となるあらゆる商品に関する知識が必要です。特に輸入通関では輸入される商品の素材によって税金が大きく変わり、その後の売値に影響するため、申告を代行する通関士の責任は重いでしょう。限られた時間内で商品が何であるかを正しく見分ける能力と責任感が求められます。

つくには?

国家試験に合格するだけでは税関士になれない?!

通関士は税関長が認定する国家資格です。通関士になるには、毎年行われる通関士試験に合格することが必須。通関業法や関税法など法律に関する知識、申告に必要な書類作成能力が問われます。試験内容が広範囲に及ぶことから合格率は毎年十数%程度。専門学校や通信教育でしっかり専門知識を勉強しないと合格できない難関といえるでしょう。しかし、この試験に合格したからといってすぐ、通関士として働けるわけではありません。日本通運や近畿エクスプレス等の物流企業に就職し、税関長に届けを出し、確認通知が来て、はじめて通関士として働くことができます。

めざす学問系統 学科・学部

資格

  • 国家資格=国家資格
  • 公的資格=公的資格
  • 民間資格=民間資格
  • 必須資格=必須資格
  • もっていると有利な資格=もっていると有利な資格

適性-こんな人に向いている-

税金の計算・書類作成などを几帳面に遂行できる人
  • 粘り強い
  • 細かいミスも見逃さない
  • まがったことは許せないたちである

ページトップへ