翻訳|仕事を調べる

キーワード検索

翻訳

語学・国際ビジネス

2つの言葉を駆使するスペシャリスト

小説・映画・音楽・ビジネスと翻訳のステージは様々。原作の魅力を提供できる高いスキルが求められます。

どんな仕事?

問われるのは英語力よりも日本語のセンスと語彙の豊かさ
翻訳

翻訳には小説や童話などの文芸作品、定期的に発行される娯楽、ファッション、ビジネス等の雑誌、映画・音楽・戯曲作品などのエンターテインメント系の翻訳、また企業・団体等から依頼させるビジネスや専門技術に関する翻訳というようにさまざまな分野があります。
文芸作品やビジュアル・CDの歌詞などの翻訳は言葉の一語一語が大切な表現手段ですから、原作者の意向を曲げることなく、受け取る人に感動を与えなくてはなりません。英語力はもちろんですが、それ以上に日本語の高レベルなセンスとボキャブラリーの豊かさが問われるでしょう。

つくには?

主流は翻訳学校で講師から認められること

出版翻訳の主流になっているのは翻訳学校で翻訳家である講師に実力を認められてデビューする方法です。スタンダードな方法としては、まず下訳を何作か経験して、そのうち共訳として名前をだしてもらい、最終的に出版社を紹介してもらってデビューする方法です。
また、コンテストに応募するのも有効です。様々な機関が実施している絵本やフィクションなどの翻訳コンテストの審査員には出版社の編集者が名を連ねている者や「優秀者には出版社を紹介する」という前提で実施している者もあるので見逃せないでしょう。

めざす学問系統 学科・学部

資格

  • 国家資格=国家資格
  • 公的資格=公的資格
  • 民間資格=民間資格
  • 必須資格=必須資格
  • もっていると有利な資格=もっていると有利な資格

適性-こんな人に向いている-

  • 期日や約束はしっかり守る
  • 文章を読んだり、書いたりすることが好き
  • ひとつのことに長時間集中して取り組める
  • 普段からジャンルを問わず情報収集している
  • ひとつの言葉をさまざまな形で表現することが得意

ページトップへ