資格取得を考えるなら圧倒的に専門学校が有利!

キーワード検索

専門学校で取得できる資格

資格習得を考えるなら圧倒的に専門学校が有利。将来の仕事に密着した資格とその取得方法を重点的に学べるカリキュラムが組まれているからです。

”資格取得”に強いのも専門学校ならでは!

資格の合格率や取得条件を要チェック

将来の仕事に結びつくカリキュラムを備えた専門学校。大学と違って資格取得に強いというイメージを持つ人もいるでしょう。実際に学校のパンフレットを見ても、数多くの資格を取得できることがわかります。

資格には、国家資格から民間の団体認定のものまでさまざまなものがあります。また、資格の種類は、その資格を取得していないと、その仕事につくことができないもの(看護師、建築士、理容師など)、持っていると仕事に有利なものなどに分かれます。

取得要件に関しても、専門学校在学中に取得できるもの、卒業してから受験資格を得られるもの、卒業してから一定期間働くことで受験資格が得られるものなどいくつか種類があるので、自分が目指す職業に必要な資格がどれにあたるのかよく調べておく必要があります。

専門学校で取得をめざす主な国家資格
所定の単位取得で
卒業と同時に取得できる
卒業すると
受験資格が取得できる
卒業すると
試験の一部免除
受験指導や
実力養成

【電気・電子・通信系】

  • ●第二種電気工事士など
  • ▼一定の実務経験後資格取得
  • 電気主任技術者など

【建築・土木・測量系、工業系】

【自動車・航空系・工業系】

【工業系】

【教育・保育・福祉系】

【看護・医療系】

【国際・観光・各種ビジネス・法律系】

【栄養・調理・製菓・フード系】

【理容・美容・栄養・製菓系】

※介護福祉士国家資格取得方法について
かつて介護福祉士養成校では、卒業時国家試験免除で資格取得が可能でしたが、2015年に「介護福祉士の質的向上」のため2022年度からの国家試験合格完全義務化が決定されました。それまでは経過措置期間として、国家試験が不合格または未受験でも卒業と同時に「5年間の有効期限」が付いた介護福祉士が取得でき、期間内に国家試験に合格するか卒業後5年間介護施設に勤務することで永久資格となる制度が設けられました。しかし、介護福祉士不足などを理由に、2020年2月、厚生労働省はこの制度を5年間延長することを決定しました。国家試験の完全義務化は2027年度以降に先送りとなります。(2020年2月現在)

専門学校のおまかせ資料請求

おすすめの専門学校

ページトップへ