専門学校卒業後の就職状況。専門学校の就職率が高い理由とは?

キーワード検索

専門学校卒業後の就職状況

専門学校生の就職状況は、例年安定しています。
就職者の約9割が関連分野に就職しており、学んだことが職業に直結しています。

専門学校に通うメリットって?

仕事や資格取得に直接つながることを学べる

専門学校ではIT・コンピューター系のプログラマーや看護師などの医療関係、他にも栄養士や美容師など、様々な分野がある中で、自分の興味のある分野と学校を選んで専門的に学ぶことができます。

専門学校では、それぞれの分野で活躍している方が講義を行っていることが多いです。医療関係を学ぶ専門学校なら看護師の方が授業をしてくださるなど、専門的なスキルを現場の感覚に近い形で学ぶことができます。

また、このように現場で働いている方が講義に来てくださるので、その職業に就くまでのプロセスであったり、現場で働く中での苦労話など、実体験に基づいたアドバイスを受けることができます。その中で、就職の選択肢もおのずと増えていくでしょう。

さらに、自分の目指している業界内に知り合いが増えていくことになるため、就職する会社を決める時や、その後働いていく上で、とても有益な情報を得るチャンスが広がります。人とのつながりができる、という点では専門学校での級友も将来的に同じ業界に進む方ばかりなので、話が合い、競い合えるような仲間ができるでしょう。

一方で、専門学校ではなくて大学に進学するメリットももちろんあります。例えば、大学ではひとつの専門分野だけではなく、様々な分野について幅広く勉強することができます。専攻している科目以外のものを学ぶことが出来るので、一般教養が身につきます。一方で、今日では専門学校でも一般教養をカリキュラムに取り入れるところも増えつつあるので、よくよく検討してみてください。

充実した環境で実践的なことを学べる

専門学校に通う他のメリットとしては、それぞれの分野で使用する専門的な設備が整っていることです。

専門的な設備を利用しながら実習を積み重ねていく中で、将来的にその業界で働くイメージを膨らませることができます。また、実習は少人数での実施が多いため、実践的な経験を多く積むことができます。そのため、専門学校を卒業する頃には企業からは即戦力と見なされ、スキル次第ではよい条件で就職できることもあります。

専門学校の就職率が高い理由

スペシャリティと即戦力を高く評価

専門学校は、大学や短大と比較しても高い就職率を維持してきました。関連分野への就職率も高く、学生の「専門性」や「即戦力」という点が企業に評価されているといえるでしょう。専門学校は就職支援に力を入れている学校が多く、インターンシップや企業見学なども行われています。少人数で丁寧な指導を行い、担任の先生や就職専任スタッフなどが一人ひとりをサポートしてくれるケースもあります。

就職率

企業が見た専門学校生

企業が専門学校生を採用する理由として、「専門の職業教育を受けている」、「仕事に必要な資格を持っている」という点をあげています。これは専門学校生に「即戦力」としての活躍を期待しているということもあります。

今後の課題としては、専門学校生が就職時「他の分野の仕事に就きたがらない」「基礎的な能力に弱い」などの声があがっています。専門外になると対応できなくなるという点が問題視されています。しかし、近年は一般常識などをカリキュラムに組んで対策を取る学校や、入学後に業界を知ってから希望の職種を目指せる、「リベラルアーツ(教養)」に近い学び方を取り入れる学校も一部見られます。

手厚い専門学校の就職サポート

専門学校で就職率が高い要因として、学生の就職を学校の方でサポートする体制が整っていることがあげられます。一般的な大学と比べほとんどの専門学校は少人数です。そのため、クラス担任制度を取る専門学校が多くなっています。加えて、学生の就活をサポートするキャリアカウンセラーやその他の就職事情に詳しい専門スタッフが学校に常駐していることも多々あります。このように専門学校では、学生がいつでも気軽に就職活動の悩みを相談する環境が整っています。

また、多くの専門学校では就職活動に関するガイダンスやセミナーを1年次から定期的に実施しています。そのため、学生としては就職活動に関する情報が集めやすくなっています。また、専門学校で学んでいることを将来仕事にする学生にとっては、入学時からある定期的なガイダンスが、就職や日々の勉強へのモチベーション維持に繋がっているとも言えます。

また、大学生は自力で就活サイトや企業のWebサイトを利用して企業説明会などの情報収集や本選考のエントリーを行なっているのに対して、専門学校の学生は企業から学校に寄せられた求人票を利用して就職をするケースが大部分を占めます。また、学校側も企業から寄せられた求人票のみで満足することなく、求人票を獲得できるよう企業に積極的に働きかけるケースが多くなっています。

加えて、専門学校は少人数でかつほとんどの学生が同じ業界に進むので、OG・OBの就職後の活躍によって、企業側が学校単位で学生の質を判断することが多くなっています。そのため、専門学校選びの際はOB・OGの企業からの評価、という点も気を配る必要があります。評価が高いのなら、就職で有利に働くことは間違いないでしょう。

まとめ

ここまで専門学校の就職率が高い理由をご紹介してきました。クラス担任制や専門のキャリアカウンセラーの存在は、少人数制の専門学校ならではの強みでしょう。
また、専門学校の多くは就職に関するガイダンスを定期的に開いたり、求人票を受け取れる企業を積極的に開拓したりと、学生の就職に対して真摯に向き合っています。
近年では企業と提携して、社会に出た時に即戦力になれるような実践的なカリキュラムを組むなど、専門学校の学生が就職しやすくなるような環境が整えられてきています。

就職のサポート体制、就職実績などは、専門学校によってさまざまなものがあります。
学校選びに関してはこちらの記事を参照してください。

専門学校のおまかせ資料請求

おすすめの専門学校

ページトップへ