5分で奨学金がわかる!基礎講座|学費・奨学金・特待生制度

キーワード検索

くわしく知ってかしこく活用-学費・奨学金・特待生制度-

5分で奨学金がわかる!基礎講座

奨学金は大きく分けて2つ

まず、奨学金の基本的な知識を抑えておきましょう!奨学金には、「公的な奨学金」と「民間の奨学金」の2つがあります。
公的な奨学金は、国や地方自治体で運営されている奨学金で、最も有名なのが「日本学生支援機構(JASSO)」が取り扱っている、国の奨学金です。民間の奨学金は、あしなが育英会や新聞奨学金など、民間団体や企業の善意で運営されている奨学金になります。

公的な奨学金

国や都道府県などの公的機関の奨学金
→公的な奨学金の中でも、最も有名で利用者数が多い【日本学生支援機構の奨学金(JASSO)】
「高等教育の修学支援新制度」もここで扱う

民間の奨学金

民間団体や企業が運営している奨学金

返済する必要があるの?

公的・民間を問わず、奨学金は返済する必要がある「貸与型奨学金」と、返済する必要がない「給付型奨学金」に分かれます。給付型奨学金は、返す必要のない、もらえる奨学金ですが、そのぶん採用条件が厳しいものがほとんどです。また、学校独自で入学金を免除したり、学費を半額にしたりなど、減免という形で進学を支援する「免除型」のものもあります。

貸与型奨学金は、卒業後に返済しなければならない奨学金で、返済時に利息がつかない「無利子貸与」と利息がつく「有利子貸与」のものがあります。無利子貸与の奨学金は有利子貸与の奨学金よりも、採用条件が厳しくなります。なお、有利子貸与で利息がつくといっても、奨学金の目的は進学の支援ですから、利率はかなり低い水準になっているのが一般的です。

返済する必要があるの?

高等教育の修学支援新制度とは

高等教育の修学支援新制度は、授業料を減免するとともに、給付型の奨学金を出すことによって、実質無料で大学などに進学できるというもので、2020年4月から開始されました。なお、大学だけでなく、短期大学、専門学校等への進学でも、条件が合えば補助を受けられます。

ただし、世帯年収に条件があるなど、支援対象が限られるので、注意が必要です。また、進学する学校によって、制度が使えないこともあります。

高等教育の修学支援新制度の対象

●大学
●短期大学
●専門職大学
●専門職短期大学
●専門学校(専門課程のみ)
●高等専門学校
※ただし、確認申請・審査を受けていない学校などは対象外。

なお、高等教育の修学支援新制度は、公的な奨学金を扱っている日本学生支援機構(JASSO)が取り扱っています。

【詳しくはこちら】高等教育の修学支援新制度について

息抜きに行きたい学校を探してみよう!
興味のある分野・エリアを選んでサクっと検索!

気になる学校のパンフレットをもらおう!
60秒でカンタン資料請求!

ページトップへ