小論文の文章を構成するうえで非常に大切な役割を持つ<段落>について解説

キーワード検索

小論文必勝サポート

STEP3.段落構成をマスターしよう

【1】段落の役割と内容

文章を読んでいると、改行で区切られた複数の文の塊があることに気付きます。この塊が段落です。
段落は、同じ意味や内容でまとめられています。つまり、1つの段落の中では、同じ話題についてのみ述べられています。このように、特定の意味や内容を分かりやすく示すことが段落の役割です。

ここでは、段落の構成の仕方として、「序論」「本論」「結論」という3段構成を紹介します。

役割 内容(字数配分)
序論 問題提起によって論点を定め、それに対する主張や論述の方向性を示す。
(字数配分:10%~15%)
本論 調査や分析をして分かった事実を基に、主張を裏付ける根拠を述べていく。論述に必要であれば2つ以上の段落から成ることもある。(字数配分:65%~80%)
結論 本論での証明や理由付けを基にして自分の主張を明確にまとめる。
(字数配分:15%~20%)

【2】形式段落と意味段落

ここで形式段落と意味段落について理解しておきましょう。

①形式段落

改行一字下げをしているところから、次の改行までのまとまりのこと。読みやすさを重視するために設ける。

②意味段落

意味や内容のまとまりによって分けられる。述べている内容が共通している1つ以上の形式段落で成り立つ。3段構成の場合、意味段落は3つ。

※3段構成の場合でも、形式段落の数は3つとは限りません。本論を2つの段落で構成する場合、形式段落は4つ、意味段落は3つになります。

【3】中心文(トピックセンテンス)

段落にはその中で最も述べたいことが書かれている文があります。その一文を中心文(トピックセンテンス)といいます。段落は意味や内容のまとまりごとに分けるので、1つの文に中心文は1つです。
以下の例文を参考に、各段落の役割と中心文の関係を確認しましょう。

<例:「若者言葉に関する小論文」>
序論: 若者言葉は、若い世代の会話やインターネットなどで頻繁に使われるが、乱れた言葉として否定的に捉えられることもある。若者言葉の特徴から、これらの言葉が否定的に捉えられる原因を考えたい
本論1: まず、若者言葉の特徴として、娯楽のための言葉であることが挙げられる。例えば、「まじ卍」などは言い回しを楽しむために使われる傾向があったが、この点には会話を楽しむ効果が指摘できる。しかし、この効果は仲間内でのみ発揮される。相手や状況を選ばずに使われれば、意思を伝達するうえで違和感を生じやすい
本論2: 意味が広いことも若者言葉の特徴である。例えば、「やばい」は多様な状態や感情を表現するよう変化した言葉であり、話者が言葉を選択する負担が少ない。しかし、このような言葉が多用されれば、詳細で的確な言葉を学び、使う経験は減ることになる。つまり、その使いやすさのために、話者が語彙を増やす機会を奪う可能性があるのである
結論: 相手や状況によって違和感が生じやすいことや、話者が語彙を増やす機会を奪いかねないことは、若者言葉を使うことに伴う問題点である。このような問題点を伴うことが、若者言葉が否定的に捉えられる原因であると考える
文章上達添削講座

息抜きに行きたい学校を探してみよう!興味のある分野・エリアを選んでサクっと検索!

  • 大学検索
  • 短大検索
  • 専門学校・その他教育機関検索
気になる学校のパンフレットをもらおう!
60秒でカンタン資料請求!
  • 大学・短大
  • 専門学校

ページトップへ